ニシンのお刺身~^^-今日のごはん-

DSC_0764

今日はニシンのお刺身をスーパーで発見したので、購入。

脂がのっていて美味しかった(^^)

いわゆる青魚、ひかりもののではおいらはサバの次にニシンが好きです。

さすがに自宅ではお刺身では食べられませんが(^^;)、生の新鮮なニシンが出回ると煮付けにして食べます。卵も白子もおいしいので二尾買ってオスメスそろってると地味にうれしいです。

「にしんそば」という名物がありますが、にしんそばのように濃い味付けにしなくても十分美味しい煮魚になります。あと、小骨がけっこううるさい(^^;)

サバと同様に「アニサキス」がけっこういる魚なので、アニサキスアレルギーの方はご注意を。

ニシンの旬になると、おすし屋さんでニシンのにぎりがメニューに加わることがあります。あれも美味しいんですよね~。あ、ちなみにニシンはサバのように〆てません。

なのでそのままの風味が楽しめます。

さんまほどクセもありません。サンマの刺身もおいしいんですけどね。ちょっとだけ血合いのクセが入るので、私としてはやっぱりニシンのほうに軍配があがります。

おさしみやおすしといえば、私は「カンパチ」も好きです。おいしそうなカンパチのお刺身や握りをみるとついつい買ってしまいます。

昔こどもがいなかった頃、旦那と屋久島に屋久杉を見に行ったことがあるのですが、その時に「トビウオ」と「カンパチ」のおいしさに驚きました。

ちょうどカンパチの旬の時期にあたったらしく、それ以来カンパチのトリコに・・・・・・。

「ブリ」や「ハマチ」のお刺身もたまにみかけますが、あれって別のお魚だったんですね。「ブリ」って出世魚ですよね。私しばらく「イナダ<カンパチ<ハマチ<ブリ」だと思ってました。プリもカンパチも出世魚は出世魚だったんですが、カンパチは別の種類のお魚でブリの出世コースにはいないことをこの間初めて知りました(^^;)。お刺身になると色みが似ているので、すっかり仲間かと・・・・・・。

食べると、ブリやハマチほど血合いの風味がすくなく、とろける脂としっかりした食感が好きです。

明日はニシンの煮つけでも作って食べよっかな。

主の恵みに感謝して頂きます(^人^)

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です