今まで出会った小さな虫たち。イモムシ編-2019.9.20現在-

DSC_2161

おはようございます、ASINIです。今日はキモ可愛いイモムシをご紹介。苦手な方はムリせずに飛ばしてくださいね。最初の一枚はウチのバラのつぼみにくっついているシャクトリムシw最初見た時は何か分からなくてつぼみに取っ手が付いているように見えて二度見してしまいました。私、シャクトリムシ好きなんですよ。あの、のこのこ頑張って進んでいく姿。可愛いです。このコ一匹なら大きな被害はないだろうと放置しておいたら実際それほど被害なく立ち去ってくれました。

DSC_2581

こちらは、分かりますか?画面左アオムシの姿。クサフジはマメ科ですのでマメ科植物を食草とするのは「モンキチョウの幼虫」だった気がします。アオムシも可愛いですよね。

DSC_1649

このコは何だろう?私の庭のカリフォルニアポピーを大分食べてますね。なかなかの大食漢です。

DSC_2768

こちらはエゾニュウについていたイモムシ。調べたところすぐ見つかりました。「キアゲハ」の幼虫だそうです。

DSC_1525

こちらはウチの車庫の壁に貼りついていた。「ミノムシ」です。図鑑で調べたところ「キタミノガ」というミノガの幼虫。ミノの作りでもある程度見分けできるようです。さて、ミノムシはミノ蛾という蛾の仲間の幼虫ですが、メスに限っては成虫になっても羽根や足がなく、ずっとミノに入ったまま一生を終えるそうです。なので、メスである場合はずっっとこのまま張り付いていて、いつの間にか中身がからっぽになっています。なぜ空っぽになるのか?オスはミノに入ったままのメスを見つけるとミノのお尻に穴を開けて交尾するんだそう。メスは産卵を終え、卵が孵化する頃に干からびてミノに空いた穴からポトリと落ちてしまうんだそう。だから空っぽなんですね(^^;)一生お布団暮らし。切ない一生ですね。

ちなみにこのミノムシ、よくミノをはがしてカラフルな毛糸や折り紙でミノを作らせる遊びが紹介されていたりします。なのでミノはなくなったら作り直せるようです。

そんなミノムシ、実は他のイモムシのように移動したりも出来るんです。その移動方法とは・・・・・・

ミノをお尻につけたままのっこのっことシャクトリムシのように歩いていました。ヤドカリみたいですね(^^)とても可愛いです。

さて今日は嫌いな方も多いイモムシ、アオムシなどにょろりん系の虫をご紹介しました。ではでは今日はこのへんで。次回をお楽しみに。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です