今まで出会った小さな虫たち。情熱の赤い虫?!-2019.9.20現在-

DSC_1725

こんにちは、ASINIです。今日も可愛い(?)虫たちをご紹介していきたいと思います。

一枚目、赤と黒のストライプが美しいこちらのおしゃれさん。
「アカスジカメムシ」

DSC_0946

そして同じカメムシでこちらも赤と黒、東南アジア系のお土産の仮面のような模様をもつこちら、いちどご紹介しましたが、似たものついでに。
「ナガメ」名前の通り菜っ葉につくカメムシです。

こちらは・・・・色々な虫がいますね(^^;)エゾニュウは虫の大好物なのでたくさん寄ってきます。虫嫌いの方はエゾニュウなどのセリ科の大きな花を覗き込む時はご注意ください。その中でも赤い虫がいますね。
こちらは「アカハナカミキリ」というカミキリムシの一種ですね。上の花はエゾニュウ下は確かコスモスかな?カミキリムシという名前とこの風体で肉食かと思っていましたが、案外花の蜜を吸ったり枯れ木をかじったりするんですね。以外でした。

こちらは「ナミテントウ」ですね。ナミテントウには色々な模様を持つものがいます。ナミテントウはナナホシテントウと同じくアブラムシ類を食べてくれる益虫dすが、こちらで紹介している模様のナミテントウは、ジャガイモやナス科の植物の葉を食べる「オオニジュウヤホシテントウ」や本州から南に生息する「ニジュウヤホシテントウ」に模様が似ているので間違われて駆除される場合もあるようです。
いつか出会ったらご紹介したいところです。テントウムシ類の幼虫はケバケバトゲトゲでフシがたくさんあって毒々しい模様がつき6本足という気味の悪い風体をしています。アブラムシがたくさんいる所に一緒にいる気味悪い虫がいたら一緒に駆除してしまいそうになりますが、落ち着いて成り行きを見守ってあげてください。
けっこうな大食漢なのでアブラムシを大量駆除してくれることでしょう。

ちなみにテントウムシやカメムシは成虫で暖かいところに集まって越冬します。山の温泉場の古い建物の老舗旅館などは格好の越冬場所です。 建物のスキマに入り込んで集団越冬してますので、遭遇確立は大です。 虫が苦手な方でそんな旅館に秋訪れる時はちょっと覚悟したほうが良いかもしれません。夜になるとどこからともなく「ポタッ」「ポタッ」「ブ~ン」と出て来ては飛び、歩き回ります。
トイレにハエ取り紙がぶら下がっていてそこにカメムシが大量に囚われていたりもします。そこは、旅館の非を責めないでください。秋口に山の老舗の温泉旅館に行くアナタが不用意です。どうしてもその時期にそこにいきたい場合は、新館がもしあるならば新館を選んでとまりましょう。

これは実話です。ニセコに秋の紅葉を見がてら遊びに行き、周辺のとある創業1世紀以上という老舗旅館に知らずにとまってしまった所、寝るに寝られぬ夜を過ごしました。そんなよっぽど古い建物でなくてもいる可能性はあるので1~2匹館内や部屋で見ても騒がない程度の覚悟をしてお越しください。部屋にガムテープを設置しているところがあります。カメムシを捕獲して捨てるときに使います。ガムテープでカメムシの背中を「ぺっ」とくっつけてガムテープごと丸めて捨てます。部屋に捨てるのが嫌な方は共同スペースにあるゴミ箱をご利用くださいね。

DSC_0875

こちらの赤いアリ「ムネアカオオアリ」だと思われます。けっこう大きくてパッと見赤が目立つので「ヒアリ?!」と思われてゾッとされる方もいらっしゃるかもしれません。ヒアリのような攻撃性はなく行列などを見守っている分には攻撃してくることはないと思います。目立つのでウチのちびすけも「ありんこいたー(^▽^)」と喜んで眺め、踏みつけて遊んでます(ーー;)。男の子が必ず通る道なんですかね、あれは・・・。そして逆襲されて指かまれてキャーキャー騒いでたりします。毒性はあまりないと思いますが親御さんの責任のもと遊ばせてくださいw

さてさて、今日は赤い色をした虫たちをご紹介しました。写真データ見てみたら以外にありました、虫の画像。なのでもう少し虫シリーズ続きます。
ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です