秋の大滝村ナイアガラの滝ー2019.10.21ー

DSC_3948

こんばんは、ASINIです。

前回「オトギリソウ」の仲間をご紹介するといってましたが、予定を変更させて頂きまして、先日行ってきました「大滝村ナイアガラの滝」での風景をご紹介します。

大分秋も深まってまいりました。今年は気温が急に下がることもあり、支笏湖周辺でも寒さが厳しいところは葉っぱが落ち、もしくは紅葉や黄葉を通り越して茶褐色になってしまったものが多いところも見受けられました。

ですが、洞爺湖周辺のほうに行くと赤や黄色に色づいた樹木が多くなり、美しい景色を見ることができました。

この「大滝ナイアガラの滝」がある大滝村は「きのこ王国」として名物が「きのこ」であり、きのこ好きな私たち家族は秋になると必ずと言ってよいほど訪れる場所です。もう、売店ではきっと天然の「ラクヨウ」、落葉きのこ(ハナイグチ)が売られているころでしょうね。

三階滝はよく行くところなのですが、今回は初めて「ナイアガラの滝」に来て見ました。看板が目立ちにくいので、ちょっと通り過ぎてしまうかもしれません。私たちも若干迷いました。

DSC_3907

さて、入り口に到着。ここから800mほど遊歩道を歩いたところに件の滝があります。道はやわらかいウッドチップが敷き詰められており、起伏も激しくないので足腰に自身の無い方でもよい運動になると思います。ゆっくり景色を眺めながら、たっぷりの新鮮な酸素を吸い込みながら歩くのはとても身体にも心にも良い効果が期待できますよ(^^)

ぱっと見、やはり黄色い葉っぱが多いですね。遊歩道両サイドはシラカバとミズナラが目立ちます。

DSC_3910

こんなコがお迎えしてくれました。「ベニテングダケ」でしょう。とても美しいきのこです。この姿を見て「食べよう」と思う方はあまりいないと思いますが、「ハデなきのこは毒きのこ」の代表のようなコですのでお気をつけください。もちろん、地味な見た目でおいしそうにみえるコたちも「毒きのこ」である場合がありますので、経験豊富な方のアドバイスに従ったほうが安全です。
しかし本当に可愛いきのこですね。スーパー〇リオの巨大化きのこにも似ていますw何本か集まって生えていました。黄葉の森の中で赤が映えます。

遊歩道をゆっくり歩きながら見つけたきのこたち。ついでにリスかな?そんな小さい動物のフンが落ちていました。
さらに森を歩いていると上から「ココココン」という音が時々聞こえてきました。どうやら「キツツキ」の仲間の仕業のようです。残念ながら姿は見られませんでしたが、豊かな自然環境に感動しました。

美しく金色に輝くミズナラと、可愛いまつぼっくり。所々で赤の差し色をしてくれる樹木。遠くてモミジかカエデかは判別できませんが^^;。

DSC_3940

遊歩道の中で一番紅葉のバランスが良かった場所。スマホカメラでこれだけ撮れれば今年のこの場所の紅葉は「当たり」と言えるのではないでしょうか?
どんぐりも多く落ちているので運がよければ「りす」などに出会えるかもしれませんね。

神様が作ってくださった芸術に感謝!!

大滝ナイアガラの滝の模様でした(^^)

ではでは今日は、このへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です