ナス科の植物

イヌホオズキ(イヌホオズキ・アメリカイヌホオズキ)

DSC_1752

道端をふと見ると、小さいトマトのような実のなった植物をみることがあります。
トゲがなく、果実(液果)が黒く熟しているものがあれば、イヌホオズキの可能性が高いです。反してトゲがあり、葉に強い切れ込みがあり、液果が黄色く熟すものが「ワルナスビ」だそうです。筆者はまだワルナスビには出会ったことがありません、いつか出会ってみたいものです。

表題の写真は「イヌホオズキ」。イヌホオズキにも色々な種類があります。ぱっとネットやG.Sの投稿を見ると

「イヌホオズキ」「アメリカイヌホオズキ」「テリミノイヌホオズキ」
これら3種が代表的と思われる品種。
さらに「オオイヌホオズキ」「ヒメケイヌホオズキ」なるものもあるようです。

今年はその中で「イヌホオズキ」と「アメリカイヌホオズキ」に出会うことができましたのでご紹介したいと思います。

まず、「イヌホオズキ」 梅沢 俊 著「北海道の草花」 より以下引用。
「イヌホオズキ
高さ30~70cmの一年草で稜がある茎はよく分枝して横に広がる。葉は広卵形で長さ6~10cm、全縁か低い波状縁。花は葉腋から出る柄に数個つき、花冠は径8mmほど、5裂して裂片は平開する。液果は球形で径8mmほどで黒塾する。犬酸漿。
花期8~10月 道端や空き地 日本全土

アメリカイヌホオズキ
は、全体に小形で葉も細く薄い。花数は2~4個で花冠の径は5mmほど
原産地はアメリカ」
引用終わり

梅沢 俊 著「北海道の草花」 には「テリミノイヌホオズキ」の記述は載っていませんでした。その代わり「ヒメケイヌホオズキ」の記述がありましたのでこちらも参考までに引用させていただきます。以下 梅沢 俊 著「北海道の草花」 より引用。

「ヒメケイヌホオズキ
茎や葉に開出した軟毛が密生し、葉縁は波状に浅く凹み、球形の液果は伸長したがくに半ば以上包まれる。原産地は南アメリカ」引用終わり

だそうです。ということは、液果はがくの方が目立ちあまり目立たない品種なのですね。

では、私が出会った「アメリカイヌホオズキ」の写真がこちら。

DSC_3286

うーん・・・・・・写真だとイヌホオズキより小形なのかどうかわかりませんね。といいますか、表題のイヌホオズキは海辺のコンクリートのスキマから生えていてかなり小さい個体ですので、比べるのはナンセンスでしたね。
このアメリカイヌホオズキの個体は道端でも、ちょっと脇のコンクリートが切れたフカフカの土から群生して生えておりました。高さは30cmほどでした。

ではどうやって見分けるか、とあるサイトによりますと、果実のつき方で見分けられるそうです。表題の写真の右上の果実群が見やすいと思うのですが、イヌホオズキは果実の柄が「クモの脚」のようになっています。、一方アメリカイヌホオズキの方は一箇所を支点としてキレイに枝分かれしています。葉もイヌホオズキと比べると質感が薄いですね。

「テリミノイヌホオズキ」と言えそうな個体には出会うことができませんでした。図鑑に載っていないことからもしかしたら北海道にはあまりないのかしら?
ネット情報によると、アメリカイヌホオズキと似たような実のつき方で柄が全種よりも短く、果実に照りがあるそうです。

また来年新しい個体データがとれましたら加筆したいと思います。

参考サイトにさせていただいたのはコチラ、すごく良く研究観察されていて分かりやすいです。→イヌホオズキ類3種の見分け方。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です