今年一年のダイアリー(My・ガーデン)

ASINIです、お久しぶりです。私ごとで色々忙しくお休みしていましたが、またぼちぼち更新していこうと思っています。よろしくお願いいたします。

いや、急激に階段を駆け下りるように気温が低くなって、この間はこのへんでも初雪が降りました。毎年思うんですが・・・・・・

【地球温暖化】【暖冬】

どこがやねん(^^;)。

暖冬どころか、ほぼ毎年、「例年を上回る記録的な寒波」が来るし、初雪も早くなってきている気がします。私の小さい頃はこのへんは12月になんなきゃ雪なんか積もるほど降らなかったのに。

二酸化炭素が地球温暖化の大きな要因?原因としてCO2排出を削減とか、ウシのゲップが原因だから肉食するなとか、なんやかんやマスコミやネトウヨや工作員達が色々騒いでおりますが、【地球温暖化】はウソですからね。【先進国】といわれている国々を支配している人々の【儲け話】【利権】ですからね。

あれこれ、このウソにかこつけて、儲けている企業、儲けようとしているおエライさんがいるわけです。炭素税(それでなくともガソリンの値段のほとんどが税金なのに、走行何kmごとに税金ってアホか)とか言い始めてるし、そのうち肉食税なんかも言い出しそう。

多くの人々が公に大々的に語っているからと言って、それが【真実】だとは限りませんからね。そもそもマスコミ・マスメディアなどはお金でいくらでも都合の良いように情報操作してくれます。報道の自由?なんてものは、「莫大な広告収入」「大手スポンサー」の前には紙ふぶきのように舞い散るものです。

この情報化社会、たくさんの情報があふれています。色々な情報の中から「自分の『?』」を大切にして、自分が一番納得できる情報をみつけだすのが知恵です。
志を共にする仲間たちが調べ判明した情報をリツイートしてます。
https://twitter.com/Asini27078136

RAPT-YouTube

信じるか信じないかは貴方次第。
----------------------

さて、前置きと告知はこのくらいにして、本文行きますね(^^)

もう初雪が降り、北海道ではほとんどの花が終わりに近づいてきました。そこで今年一年を振り返り、今年の「My・ガーデン」の総集編でも書こうかな?と思った次第です。お付き合いいただければ喜びます(^^)

まず、表題の写真、今年本当に最後のうちの庭のバラのつぼみ。雪に降られましたが、少しずつ開いてきております。このコが咲ききるのが先か、雪が積もったり、霜が降りたりして枯れてしまうのが先か、ドキドキワクワクしながら見守っております。

そしてこちらが我が家のブルーベリー、家に迎えてから何年目だったか忘れましたが、去年花も実も葉っぱもなんかしょぼくて、死んでしまうのかなぁ?なんて状態でした。そして春に覚悟を決めて、枯れた枝、古い枝を全て剪定してブルーベリー用の用土を少し足したところ、見事復帰してくれたのでした。左上が果実、右上が花ですね。現在は紅葉して、現在我が家で一番光り輝いております。
紅葉が美しいのもブルーベリーの魅力の一つですよね。果実は今年も酸っぱかった(+△+)。もうちょっと熟してから・・・・なんて思ってると、翌朝、鳥につつかれて穴が空いてたりするんですよね。果樹あるあるですww

で、こちら。

左上が、プランターに密に蒔きすぎて間引きのタイミングも逸し、プランターのグランドカバーになってしまったパセリwパセリは庭で蒔いたほうがラクです。今年はミツバと一緒に、去年のこぼれ種パセリが巨大に育っていたんで、来年はそれだけで十分かな。あまりに巨大だったので、パセリなのか、別のセリ科の雑草なのかわからず食べなかったんですよね(^^;)何せミツバと張り合う背の高さだったんで、もしやと思いつつ警戒したのでした。

右上がミツバの花。去年裏庭に蒔いたもののこぼれ種から発芽し、生育したコ。食べても食べても食べきれないうちに花が咲きました。セリ科らしく、とても繊細で可愛い花。種も沢山できました。来年はもっと増えると思います(^^)来年はこのミツバと勝手に生えてくるヨモギを使って和風ジェノベーゼを作ってみても良いかもw

下がプランター栽培したミックスレタス。成熟する頃になるとアブラムシが大量に湧いて食べるどころではなくなってしまい、写真のこのコたちは食べられることなく廃棄(TT)。その後に生えてきた真ん中の小さな芽が、放置していたら育って、食卓にのりました。そのへんをひっくるめても今年はこのコたちのおかげで大分助かりました。ベビーリーフとして相当食べましたし、お隣さんにもおすそ分けしたり大活躍。来年はパセリで使っていたプランターも使って2つに分けて育てたいと思います。そして、ムリに成熟させる前に食べちゃおっと。残してプランター一つに1株くらいかな。それで様子見ます。

今年、「虫こなーずガーデン」を目指して増やした、防虫効果のあるハーブたち。

右上、左上が迎えて3~4年以上たつ「タンジー(ヨモギギク)」、生育旺盛で勝手に増えてくれます。株分けでも増やせるのできちんと管理をしたい方は花が咲いた時点で花を収穫したほうが無難です。大きいもので2m近くの高さまで伸びます。
タンジーは花がつく頃に水が豊富だと、花の香りが強くなるそうです。このコたちは本当に虫除けに活躍してくれますが、大きく生育と繁殖が強いのでちゃんとしないと暴れます。そして、その香りは・・・・・・、私はダメでした(><)。葉っぱのキク科独特の香りは好きなんですが、花の香りにクセがあって、何か独特の「甘臭さ」が・・・・・・。G・Sで育ててるほかの方々は何も言わないので、家で使っている液肥などの影響がでたりするのかなぁ?「蒸れたへそ」のような匂いに感じるのは私だけなのかなぁ。家に摘んで帰ってドライフラワーを作りましたが、ある程度干しあがるまで、ちびすけと「くさっ」って言ってました(^^;)あの香りでなぜハエが寄ってこないのか不思議。花には花アブとハチの類はきますが、面白いほど他の虫(特に花にきそうなアリ)などはつきませんね。おかげでクモも少なく助かってはいます。

中央が「シロバナムシヨケギク(除虫菊・ピレスラムとも)」植えて次の年に咲くという情報を読んでいたので、今年咲いてくれるとは思っていませんでした。フランスギクにも似たその姿は可憐でした。が、庭植の分は順調に育ってよかったのですが、鉢植えの水や虫の管理が難しく、ちょっと水が足りなくてしおっっとしたり、逆に多くて蒸れたりすると「あっ!」という間に大量の「アブラムシ誘引植物」となり、まわりのコたちも巻き込まれ大変なことに(;;)。
どうやら、この除虫菊というもの、燃やして煙にしなければ殺虫効果はなく、虫除け効果もほぼないんだとか。アブラムシ退治の薬剤はほぼいつもこいつらのために使いました。

下の2枚は「サントリナ」ちゃんです。ちょっと勝手に生えてきたムシトリナデシコと競演してます。このコの葉の香りはさわやかで好き。花もタンジーのように強烈な香りではないので、良いです。この花も大分ドライフラワーにしました。丸いまま収縮するので可愛いんですよ。もう少し株が充実すれば葉っぱでリースとか作りたいなぁ。

こちらもハーブたち。

上左がペパーミントの花。踏まれてもちぎっても花が咲いても良い香り(^^)。最初3株くらいから初めて、出て来た葉と茎をちぎっては投げ、ちぎっては投げしているうちにそこそこ増えました。このミントを植えているところ、砂利石ひいたままなんです。だから繁殖、生育はゆっくりなんだと思います。肥料も特にあげていません。これも地植えにすると猛烈に暴れるといわれている代表的なハーブなので、皆さんの自己責任のもと管理してくださいね。決してちぎった葉っぱを隣の敷地に投げてはいけません。いわゆる「ミントテロ」というやつです。北海道の地でどこまでそれが威力を発揮するかはわかりませんが、同じ年に購入して植えたタンジーよりかは今のところおとなしいです。
上右は、紅葉して銅色になったペパーミント。こうなると、「ミント」というよりも赤シソのミニチュア品種のようですね。

下左はいわずと知れた「ラベンダー」品種は「ふらのブルー」。
丸くてもこもこなのが可愛くて気に入り購入。本当は穂が細長い「ザ・ラベンダー(ラバンディン系)」という感じの昔ながらの品種が欲しかったのだけれど、今はこのコを買ってよかったと思っています。つぼみでもこんなに青くて可愛いので。ビロードのような質感がまた可愛さを増してます。香りもそこそこ強めの良いコです。
ラベンダーの後ろに咲いているのが、去年のこぼれ種から成長した「ジャーマンカモミール」こぼれ種で特に世話もしてなかったので矮小化してます。このくらいだとラベンダーの背丈と一緒でとても可愛かった。やはりジャーマンカモミールの香りはうっとりしますね。甘いリンゴのような香り。こうなると来年もまた欲しくなっちゃいます。種だと中々増えないので(2年やって失敗)苗を購入しなければならないのが悩みどころかな。バラからアブラムシを誘引してもらうのに鉢に植えてバラの隣に置いてみるのもありらしいんですが、まだやったことないです。うーん、悩む。

下左は「ムシトリナデシコ」の白花タイプ。去年ちびすけと散歩中に何株か見つけて種がこぼれる頃ここに持ってきたコ。春から夏にかけて2~3株咲いてくれましたが、夏の終わりからまた一株成長してきて、今まだ頑張ってくれてます。
一つ前のサントリナと一緒に咲いているコが一般的な色のコです。こうしてみるととても可愛く素敵ですが、どこにでも咲く「雑草」扱いのコですw
可憐なので駆除せずにあえて増やしている方もいますので、個人の敷地内での採集はご法度です。誰もやらないと思いますがw
名前は「ムシトリナデシコ」ですが、虫除け効果はありません。茎の所々にベタベタする部分があり、これに花粉泥棒のアリがくっつくので「ムシトリ」と名づけられたようです。が、その現場を私は見たことがありませんww

秋になってから増やしたコも含めてまだまだあるので、次回に続きます。
今年撮りためた植物たちの写真を検索できるようなページも作っていきたいと思っていますが、いつになるやら(^^;)気長にお待ちください。

ではでは今日はこのへんで。ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です