アブラナ科

オニハマダイコン

DSC_1378

浜辺で見つけたブイがたくさんついたような個性的な植物。

このブイのようなものはどうやら果実らしい。それに気がつけたのはこの植物にやたらモンシロチョウが止まっていたこと。

一見、花も見当たらないのにどうしてチョウがやたらとまるのか?

疑問に思ってよくよく近づいてみてみると・・・・・・

DSC_1357

ありました!!

ものすごく小さな白い4枚花弁の花。
この特徴的な4枚花弁、そしてやたらと集まるモンシロチョウ・・・・・・。
どうやら「アブラナ科」の植物のよう。
なぜならモンシロチョウはアブラナ科の植物が好きだからw飛んでくるチョウの代表的な好物を知っておくと植物の品種を特定するヒントのひとつになるかもしれない。

葉っぱは多肉質で白みがかった緑色。株立ちしている。なにより目立つのがこの小さなブイのような果実が多数ついているところ。花は本当に良く見ないと分からないくらい小さく目立たない。・・・・・・そう思ったのだが梅沢氏の著書によると花径は約8mmはあるそうだ。環境により差があるのか?それとも見た目のこのブイ状のインパクトある果実に目が囚われて気付けないのか、来年見つけたら花を計測してみようと思う。

ちなみに花の色は淡紅色もあるらしい。ピンク色の花があしらわれたブイwぜひどこかでお目にかかりたい(^^)。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

「アブラナ科」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です