オオバコ科

ホソバウンラン

DSC_1575

道路脇でみつけた黄色い花。毎年この場所でじわじわ増えている。淡い黄色と濃い黄色のグラデーションの花を沢山咲かせている姿が信号の待ち時間を楽しくしてくれる。

こちらもヨーロッパからの帰化種であるらしい。細い葉をたくさんつけてすっくと立つ姿、この花とよく似て紫色の花を持つのが「マツバウンラン」、どちらが黄色の花でどちらが紫色の花だったかよく迷う(^^;)。

実は北海道には「マツバウンラン」はないらしい。なので、この花に良く似た姿の黄色でない花をつけているものはもしかしたら「野生化した園芸種リナリア(ヒメキンギョソウ)」とか「リナリア・グッピー」とかいわれるものかもしれない。

DSC_1574

こちらが「ホソバウンラン」の全体像。スギナと一緒に生えているのでちょっとややこしく見えにくくて申しわけないです。
輪生に見える細い葉は、互生であるらしい。

先ほども言ったとおり、この「ホソバウンラン」と園芸種の「リナリア」は良く似ていて野生化されるとどちらか見分けに困る。

オオバコ科ウンラン属は学名を「リナリア」といい、園芸種名のリナリアはここからきているのだから似ていても当然なのだけれど。なのでこちらが「原種系リナリア」、リナリアグッピーなどの園芸種は「改良型リナリア」とでもいうべきだろうかw

野生化したリナリアはこちら。

DSC_1095

こちらはとある駐車場の一角。毎年ここいらで見かけるコたち。ココの土地の持ち主が育てていたものが、ど根性でコンクリのスキマから生えてきたのか、どこからか鳥などが運んできたのかはナゾ。

黄色ではない花はさきほど描いたような理由で問答無用でリナリア(ヒメキンギョソウ)か矮小化したキンギョソウ。問題はこちらの黄色いほう。色合いがまんま一緒な品種なのでどちらか困るw

でもよーーーく見るとこのリナリアの花とホソバウンランの花の形の違いが見えてきます。

ホソバウンランの花、一番最初の写真の右側の花を見ていただきたい。ちょっとつぶれ気味なのが分かる。

そしてこのリナリアの花をみると真ん中のぷっくりが大きくて全体的にふっくら厚みがあるのがわかるでしょうか?「逆さになったクリオネ」のような形をしています。

厚みの差でいうと「ホソバウンランの花はピタサンド」「リナリアの花はハンバーガー」くらいのふっくら感のちがいがあります。これが違い(^皿^)

さて、北海道で見られる(梅沢 俊 著「北海道の草花」調べ)ウンラン属の花3種+(おまけ)野生化した園芸種を一挙ご紹介しました。が実はもう一種「北海道の草花」では紹介されていまして、「キバナウンラン」という品種があるそうです。こちらも道端などに帰化して増えている種類だそうです。私はまだ見たことないのですが、いつか見てみたいなぁ。

「ホソバウンラン」との違いは葉っぱがホソバウンランと違い、先のとがった卵形であること、花期がホソバの「7月~9月」に対して一ヶ月早く「6月~8月」なんだそう。ホソバウンランのような黄色グラデではなく、全体が黄色一色のようです。またどこかで見つけたらご紹介したいと思います。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

「オオバコ科」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です