海草わさわさ

DSC_0818

こんばんは、ASINIです。連休中にじぃじばぁばの家に行って、ちびを預けて、いつもどおり賛美歌を歌おうとして人通りの少ない浜辺を訪れました。

人通りが少ないだけで、そこは周辺の漁師さんのお仕事場、早朝は色々な海の幸を収穫したり、育てたりするために賑わいます。

訪れたときには「布海苔(ふのり)」と「耳海苔(みみのり)」という海草の収穫シーズン真っ只中でした。写真よりちょっと先、海側の防波堤に船を着けて収穫するそうです。

人が少ないので海の水もすごくキレイな所なので、そのままここに生えてる海苔をむしってお味噌汁に入れただけで十分ご馳走になりそうですが、密漁になりそうなのでやめておきます。

この辺の漁師さんに、雪解けのワカメが不漁だったというお話を以前聞きましたが、今回の布海苔・耳海苔漁は平年並みだそうです(^^)

耳海苔は銀杏草(ぎんなんそう)ともよばれるそうで、北海道でとれる海草です。干したものをちょっと食べさせてもらったのですが、味と食感はワカメと昆布の中間的な感じでちょっとコリコリしています。私自身北海道に住んで長いですが初めて見て始めて食べました。

地元の漁師さん曰く「意外と高級品なんだよ。」だそうです。

お味噌汁に入れたら最高だろうな~、どこかで食べられないかな?売ってないかな?なんて話してたら・・・・・・

「いいよ、乾燥させてまだ売りに出してないものがあるから、ひとつ持ってけ~」

と、パックになった一つ分どころか袋に一杯詰めていただきました。ヤッター(^^)。

いったん水で戻してから食べると良いそうです。

布海苔の海苔の香りも美味しいけれど、この耳海苔は昆布っぽいダシがでそうだな~と、一人ウキウキ気分で家路にたどり着いたのでしたw

耳海苔くれた漁師さんと主に感謝w

あ、ちなみに写真の画像、赤っぽいところが布海苔、緑っぽいところが青海苔です。耳海苔は海岸では見当たりませんでしたw

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です