桜が終わり雪柳へ。今年はハスカップ豊作かな?

DSC_0904

私の住んでいる地域も大分桜が終わりに近づき、逆に白く美しく見事に咲き始めたのが「ユキヤナギ」。一つ一つは桜よりも二周り以上小さな花ですが咲き乱れると見事です。

私の住んでいる地域はレンギョウ(黄)→サクラ(薄桃)→ユキヤナギ(白)と色が移り変わっていきます。

DSC_0922

そしてもう少しするとツツジが咲き始めまたピンクや赤系の花に彩が変わっていきます。

DSC_0929

そんな中こちらの花も今年は満開に近いようです。こちらの花は年によって 花のつぼみが少なかったりするのですが、今年はどの木も花をたくさんつけています。基本私の住んでいる地域の春は風が強くて花がブレッブレになってしまうのがもうしわけないです。

こちらの花、何の花かわかりますか?「黒実鶯神楽(クロミノウグイスカグラ)」という仰々しそうな名前がついております。またの名を「ハスカップ」。
生で食べると大変すっぱいですwそして完熟の果実はめちゃくちゃつぶれやすく、お砂糖かけただけでも汁が出てきます。なので旬の時期に一瞬だけスーパーで出回る他はジャムやソースとして加工されたりします。

ちなみに私の知人は生のハスカップが出回ったときに大量に仕入れ「塩漬け」にしておにぎりに入れて食べたりしてました。ハスカップは砂糖を入れないと本当にすっぱいので塩漬けだと「梅干し」感覚で食べられるんだそうです。色も真っ赤になりますしね。

このハスカップの木、道南では庭木として庭の片隅に植えているお宅も多いのですがめちゃくちゃアブラムシがつきやすいそうです。

ああ、そういえば今年はまだあまりアブラムシ見ていないなあ。だからハスカップの花がよく咲いているのかもしれません。

たしかに去年などは私の家の黄色のバラ、黄ハマナス、白ハマナス全て葉っぱがでてきたと思ったらアブラムシが群がっていました。今年は「虫コナーズガーデン」を目指していろいろと対策植物を植えているからなのかどうかわかりませんが、アブラムシはついていません。

そもそもアブラムシホイホイの「マツヨイグサ」が今年はまともに育ちつつあるのがアブラムシが少ない証拠でした。大体「マツヨイグサ」が伸びてくると多いときにはそれにびっしりとアブラムシが付き、「マツヨイグサ」がつぼみをつける前に食い尽くされ上の方が黒く枯れて太くて固い根っこ部分だけが残っているような状態でした。

去年はありとあらゆる「マツヨイグサ」に片っ端からアブラムシがたかりその光景でそれが「マツヨイグサ」だとわかる状態でした。去年自体がアブラムシ大量発生の年だったのかもしれません。

去年さんざん食べつくされ花も実も出来なかった「マツヨイグサ」、おかげで今年はずいぶん少ないです。「蛾」も来るんですよね。アレ・・・・・・。蛾をお得意さんとする夜に咲く花なので。

今年は害虫に悩まされないで済む年になりそうです。なったらいいなぁ。

「蛾」は別に怖くはないのですが「毒蛾」が発生すると散歩でかゆくてしょうがなくなるのでイヤですw長袖着ててもやられますからね。毒ケムシの針は。

外出後なぜか体がチクチク痛痒い場合はその箇所をガムテープなどでペタペタしましょう。毒針が抜けます。水で洗っても抜けません。

春に飛んできて嫌なものベスト3には入るでしょう。

花粉、小グモ、毒ケムシの毒毛

小グモは私くらいかもしれませんが、毒毛虫の毒毛はけっこう遠くまで飛びますしアレルギー起こしてひどくなる人も多いです。真っ赤になります。ちょっとした厚手のトレーナーなんかも突き抜けて刺さってくるので本当にタチが悪いです。

毒蛾が発生している草むら、場所などで人が立ち入りそうなところで「毒蛾発生中」の看板をたてている方や自治体の親切心には従いましょうw

あと、人が良く通るところの近くの草むらに生えている野草は出来るだけ避けたほうが無難です。自治体の毒蛾対策として毒蛾の卵や若い幼虫を殺す為の農薬が撒かれていることがあります。草刈りもそのためですが脱皮した殻が砕けて本当に良く飛ぶので草刈されてても痒いことがあります。

まぁアレルギー持ってなくて長時間草むらに入っていたりしなければよっぽどひどくはならないと思いますが何らかのアレルギー症状を持っている方は気をつけましょう。北海道にもしっかり真ダニはいますので半そで半ズボンなどで入るのもやめましょう。

たまに北海道の雄大な自然と涼しさで「ほっかいどーでっかいどー」と野生になった気分で草むらにずんずん入っていく方をみかけますのでw

そして北海道で美味しい水として水が汲めるところもたくさんありますが、そこで 生水飲むのは自己責任でお願いします。 そこ以外での水は絶対に生では飲まないで下さい。もしキツネに出会って触ってしまったらしっかり手を洗いましょう。「キタキツネ」可愛いですが 「ルールルル」では来ません。北海道人はエキノコックスを気にするので呼びませんし、そもそも呼べませんww 「エキノコックス」は怖いです。野良猫・野良犬・野良あらいぐまなどにも注意wタヌキもでます。あーあと北海道にもマムシがいます。

以上、楽しい北海道観光のために気をつけようポイントでした。

かなり話がずれましたが今日はこのへんで^^

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です