熊も出てくるタイミング難しいやろな(^^;)

いやー、なかなか雪が降り止まない(^^;)

解けては降り解けては降りの繰り返しでなかなか庭をいじるタイミングがありません。

画像は夏だったか秋だったかに遊びに行った熊牧場。

行った時がたまたまだったのかわからないけど、小さな羽虫がびっしりいてちょっと口を開くと口の中に入りそうで話すのがせつなかった。

熊牧場には一応、虫除けスプレーを持って行きましょうw

あと、ロープウェイで山を登っていったりするので高所恐怖症の人はご注意です。

昔観光サービス業の会社で働いていた時、旅行で来たお客様に北海道には「熊保険がある」という話をしてたぶらかしていたことがあります。若かりし時の罪です^^;すみません。

熊保険は実在しませんが、ちょっとした山道を夜から夜明けに車で走るときは要注意です。

鹿にぶちあたって大変な目に会うことがあります。これは本当の話です。

奈良公園の鹿をイメージしてはいけません。エゾシカはめっちゃ大きいです。
奈良の大人の雄鹿の体長が150cm体重80kgだそうですが、エゾシカの成獣はその1.5倍くらいです。大きいもので190cmで150kgですって。
オスの鹿にぶつかったら、乗用車との接触事故と同じくらいの衝撃があります。
車も相当へこむし、精神も大分へこみます。何しろ鹿は任意保険に入っていませんからすべて自分の保険か実費で修理しなければなりません。怪我の治療もしてくれません。さらに罪のない動物(しかもでっかい)をぶち倒した罪悪感・・・・・・。
たまったもんじゃありません。
え?前方不注意?うーん・・・・・・暗い林の中にいる動物を見つけるのは中々困難です。光るビー玉がふよふよ浮いてるのをけっこうなスピードで走りながら見つけられるか、これが見つけられないと厳しいです。そう、夜の山道では彼らはほぼ【光る目】しかわかりません。しかも、かなりの確立で彼らは文字通り【突然飛び出してきます】、ジャンピングで下から突然現れます。これをかわすのは至難の業です。

キツネも普通に出てきます。北海道ではどんなにキレイに見えても山の水とか沢の水とか【生水】は絶対に飲まないで下さい。
昔【北の国から】というドラマがありましたが、北海道に住んでいる人はキツネは呼びません。触りません。【エキノコックス】を持っているからです。
キツネはたぶんどこにでも出ます。私の町では街中の自然の多い公園にキツネ家族が住みついていた時もありました。

『最近キツネだけじゃなくタヌキまででたね(^^;)』

あれは驚いたわ。下校中の小学生が騒いでるからどうしたかと思えば「タヌキ」が一頭もこもこと歩いてきた。とんびに狙われて逃げて行っちゃったけど。あれは写真におさめたかったなあ。

そういえば、小学生か中学生の時に下校中に熊にでくわしたことのある知り合いに聞いた話ですが、熊は近くにいると相当クサいらしいです。
熊牧場の熊はまめにきれいにされていると思うのでさほどにおいはきつくなかったと思いますが、野生の熊は本当にクサいみたいです。
「ケモノ臭いと思ったら熊と思え!」って力説してました。
気付かれる前に熊を見据えたままそーっとバックして熊から見えないところまで下がって、猛ダッシュで逃げて事なきを得たそうです。

私は行きませんが、山菜獲りが趣味の人がけっこういます。
北海道の春の山菜の王様。
なんだと思います?「ふきのとう?」違います。
北海道の人はあまりふきのとうは食べません。ふきのとうみそは美味しいんですけどね(^^;)その辺の道端とか道路ぶちなんかにぞろぞろ生えてるのは食べられない(というか食べたくない。犬の糞尿とか、排気ガスとか)し、山にわざわざ獲りに行くほどでもないし。北海道ではやっかいな雑草に近い分類です。「ふきのとう」残念です。

北海道の春の山菜とは、「ネマガリタケ」の「タケノコ」です。「ササダケ」ともいいます。太さは太いところで1~1.5cmくらい長さは15~20cm前後ですかね。
塩茹でして茹でたてをマヨネーズで食べるもよし。茹でたものを薄めためんつゆにつけてしょうゆ漬けにして食べても良し。てんぷらもとってもおいしいんです。
これを獲りにいくために北海道では毎年遭難者が出ます(^^;)春先に山で行方不明になった人のニュースを聞くと「ああ、タケノコ獲りの時期か」となります。
ちなみに熊もタケノコ食べます(>△<)。でも最近は鹿を追って鹿ばっかり食べてるらしいです。鹿は栄養たっぷりなので、最近の熊はめっちゃ大きいんだと山小屋を管理する人が言ってました。

あと、「タランボ」こと「タラの芽」も好きな人多いですね。これは道路ぶちにあろうが、野原にあろうが山にあろうが人の目につきやすいところにタラの木があれば、好きな人は場所を覚えておいてしっかりきっちりと獲っていきますw
「タラの木」とげとげでわかりやすいんですよね。しかもみんなもいでいく(獲っていく)から木があまり大きくならず獲りやすい樹高になってるんですわw

ああ、書いてるうちに「ネマガリダケのタケノコ」と「タラ芽」と「うどの先っぽ」の天ぷら食べたくなってしまった・・・・・・。ダシのきいたてんつゆで食べたい。しばらく食べて無いなー「ササダケ天ぷら」、水煮だと全く美味しくないからなかなか食べられないんですよね。

もうちょっとしたときに北海道にお越しの際、お店のメニューにタケノコ天ぷらがあったらぜひご賞味ください。(一応確認してくださいね。この辺でとれたやつですかあ?と。)

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です