つつじ花ざかり

DSC_0958

こんばんは。昨日の記事、これは菜の花確定でいいでしょう^^なんて記事を書いた後、じつはあれが「カラシナ」だということが判明しました。あのあと色々なサイトで「アブラナ科」の花の見分け方を調べていたのですが、やはり皆さん「アブラナ科」の花の見分けは難しいという見解でございました。ただし、「ナノハナ」と「カラシナ」の大きな違いと見分け方がわかりました。葉の付き方だそうです。葉っぱの付け根がぐるっと茎に巻きついていれば「菜の花」だそうです。なので昨日の花は「カラシナ」系の花でした。訂正してお詫びしますm(__)m

私の住んでいる地域で「つつじ」が大分咲き誇ってきました。「つつじ」きれいですよね。

DSC_0922

上の写真は「クロフネツツジ」と看板立ってました。薄ピンクで大きめの花です。私は「つつじ」系はこういう一重咲きの大きめの花が好きです。 なので「カバレンゲ」のような花も個人的に好きです。ですが「カバレンゲ」「レンゲツツジ」系は毒がありますので注意です。

DSC_0978

真っ赤な「つつじ」。たしかこの種類だと思うんですが、私、小さい頃食べちゃってました(^^;)。蜜吸って花びらも食べてました。毒のある「カバレンゲ」や「レンゲツツジ」とかじゃなくて本当に良かった。甘い蜜と少し酸味のある花びらが当時の私にはおやつ感覚でした。緑と赤のコントラストが美しいです。

DSC_0967

公園の脇で文字通り「咲き乱れていた」八重咲きのつつじ。この辺の植え込みはこの種類のつつじが多いです。何か世話されている雰囲気もなく冬には「もうこの木ダメなんじゃない?」くらいしょぼしょぼになっていたのにこの咲き具合wかなり丈夫で手間いらずな種類なんでしょう。

ちなみに周囲の公園や植え込みでこの「つつじ」の次に多いのが「ドウタンツツジ」小さな鈴のような形の花が沢山つくのでとても可愛いんですよね。その中でも「サラサドウタン」という種類は一年おきに咲くって言われるんですが、この辺の「サラサドウタン」どこのものもなぜか同じ年に咲いたり咲かなかったりするんですよね。咲いてる年はどこもかしこも咲いてるし咲かない年はおなじくどこも咲いてない。なんでなんだろう?植え込みの時期とか違うはずなのに、不思議です。

まだ「ドウタンツツジ」が咲く時期には早いので、咲いたら写真載せたいと思ってます^^。

ではでは今日はこのへんで。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です