広島と放射能と四つ葉のクローバー

DSC_1022

こんにちは、ASINIです。

しょーもない特技ですが、私は四つ葉のクローバーを見つけるのが得意です(^^)。上の写真、どこに四つ葉のクローバーがあるかわかりますか?

この写真のフレームには収めきれなかったのですが、この上にも四つ葉のクローバーがあったんです。このクローバーを見つけたのは「ゆにガーデン」から帰る時のお蕎麦屋さん。すぐ駐車場のすぐ隣が畑になっていたんですが、その脇のクローバーに四つ葉がありました。

私の家の近所ではあまり四つ葉のクローバーが見つからないのですが、ここではたくさんありました。なぜでしょう?すぐに考え付くのは隣の畑からの影響。「肥料か除草剤などの農薬か」でしょう?

でも実は畑の近くだからって四つ葉が多いとは限らないんですよね。たまにタンポポでも複数の花がひとカタマリになったような「突然変異か奇形か」花茎があるものがありますが、それも畑の近くではないんです。案外市外の道路の真ん中だったりします。だから「奇形=農薬」でもないんですよ。

ちなみに四つ葉のクローバーは見つかりやすいところでは毎年見つかります。見つからないところでは毎年見つかりません。別に研究したわけでもないので100%断言はできませんが、おおよそそのように言えると思います。この説は小学生6年間の間で毎日通っていた通学路と、当時近所にあったクローバー畑と化した駐車場で得た結果ですw四つ葉はが見つかるのは毎年ほぼ同じところなんです。

農薬で無ければ排気ガスの影響かな?とも考えそうですが、同じ道路沿いでもある所と無い所があるんですね。同じ道路沿いの並びなので車の交通量はかわらず、排気ガスを浴びる量は変わりません。土質も同じ道路沿いで一部だけ違うところの土とは考えにくいですよね。

では何が違うんでしょう?クローバーと呼ばれる植物、「シロツメクサ」と「アカツメクサ」どちらも多年草です。そしてタンポポも多年草です。変形タンポポも毎年同じ場所で変形して咲いてます。2本分合体とかw3本分合体とか。凄い時にはそんな花茎が3~4本同じ株から同時に出ていたりします。

ということは、その「固体の株」自体が四つ葉をつくりやすい「株」、変形しやすい「株」なんですね。人間でいう「特異体質」みたいなもんでしょうかw一度四つ葉を見つけるとその同じ場所でいくつも見つかりだすのは、そういうことです。まぁその当時はこんなこと考えもしませんでしたがww

小学生の時は学校の行き帰りの通学路や、学校から帰ってきてシロツメクサが沢山植えられている近所の駐車場の脇の草むらでいつも四つ葉を探しては押し花にして遊んでました。ちなみに四つ葉が多いところでは5つ葉や6つ葉、たしか最大7つ葉も見つけました。枝分かれしやすい遺伝子でも持ってたんでしょうね。その株は。

なので、この上の写真の場所も2本だけでなくもっと探せばさらに見つかったでしょうね。「奇形を出しやすい遺伝子を持つ株」どこでならたくさん見つかるでしょう?

植物の品種改良には放射線を当てる方法が存在するようです。

放射線?ということは「放射線」が高そうな地域では四つ葉だらけのクローバーがあるかもしれませんね?昔、とあるマンガの1コマで原子力発電所の近くのクローバーが四つ葉だらけだったということが書かれていたことがありました。この話が経験から基づく実話であるならば、その可能性は高そうです。

と、いうわけで昔「厳島神社」を見たくて広島に行った時、原爆ドームの周りにシロツメクサがたくさん生えていたので旦那に時間を貰って「四つ葉以上の葉を持つクローバー」を必死に探したことがあります。だって、放射線って元に戻るのに相当な時間が掛かるって聞いたことありますよね? なのでそこでならたくさん見つかると思ってたんですよね。 今ぱっと調べたら300年と書いていたサイトがありました。ならば放射線量は他の地域よりも高いはず。さて、その時の結果は・・・・・・。

収穫ナシ。

1時間探しても四葉は一本も見つかりませんでした。原爆ドームの周りだけではなく平和記念公園の他のところでも注意してみていたのですが全然見つからず、収穫はゼロ。クローバーの寿命(?)は3~4年くらいと書いているサイトがありました。その間ずっと野外で高い放射線を浴びているハズのクローバー、なのに、まったく放射線の影響はナシということ。昔読んだマンガの1コマも現実に基づくものではなかったんでしょう。

そういえば、RAPTさんのお弟子さんのKAWATAさん。広島県出身で被爆3世だそうです。たしかタレントの吉川晃司さんもそうだったはず、被爆の影響どころか美男美女。

毎年、終戦記念日に広島の映像とか流れるし、無念な霊とかたくさんいて何となく暗いイメージの土地なのかな?って勝手に思ってました。広島の皆さんすみませんm(__)m。

DSC_0071

でも、実際行ってみると空はどこまでも美しい青。あまり北海道では見られないような「真っ青な空」。海外の方もたくさんいてインターナショナルでおしゃれ雰囲気。明るく美しい町並みと人々。おいしいごはん。最高でした。広島。また行って見たいなあ。

平和記念資料館に入ると鈍い私でも若干キましたが、一歩資料館の外に出てしまえば相当敏感な人で無い限りは影響なし。 心配していた「霊」の影響もなし。不思議。どころか霊的にもすごく明るい土地でした。

この間、福島のお米が美味しいお米に選ばれていたし、放射能が怖いというのはウソでいいんじゃないですかね?

福島で奇形を持ったお子さんが生まれたっていう話も聞かないし。情報統制がもしもあったとしても、そういう悪いウワサっていうのは「人の口に戸は立てられない」という慣用句があるとおりどこからともなく広がるもんです。それが聞かれない、ということは実際ないんでしょう。

ちなみに私のいたお店のお客さん何人か「福島の復興作業の給料が破格に良いから行って来る」と言って現場に行った人がいました。帰って来た当時、一人の人物の顔と手にひどいアトピーのようなものが出来ていましたが今はきれいになくなりました。そして彼らは現在もめちゃくちゃ元気です。

じぃじの兄弟が津波被害がひどかった地域のすぐ近くにずっと住んでいます。旦那もたまにそこ在住のいとこから連絡を受けたり、被災お見舞いに行ったりしてましたが、放射能の影響に関する話は一切聞いてないそうです。その人たちもしっかり元気ですしね。

そういう人達がたくさんいるでしょうから、悪い話があれば聞こえてきそうなもんです。人間ってそういう秘密なようで秘密でない「ココだけの話」好きじゃないですか。だからそんな話があればウワサは広まるんですよ。

「子供たちに甲状腺ガンが割りあい増えた」という話は少しどこかにのっていましたが、放射性ヨウ素の影響を受けさせないために服用させた「ヨウ素」の副作用に「甲状腺ガン」て記述あるじゃないですか、(今は消されてたりして(^^;))本末転倒だよね。かわいそうな子供たち。

結局こういうことじゃないでしょうか?

RAPT×読者対談<第66弾>電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。

RAPT×読者対談<第100弾>原爆はただのマグネシウム爆弾。石油の原料もただの海水・・・・・・

RAPT×読者対談<第69弾>科学の嘘はすべて原発に通ずる。

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)KAWATAのブログ

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)KAWATAのブログ

【原発利権の闇】稼動していない原発から毎年1000億の収益を得る企業・日本原子力発電 KAWATAのブログ

と、今日は珍しく真面目な話をしました(^^)。もうすぐスーパーに【福島県産の桃】が並ぶ時期ですよね。もう並んだかな?

そういうわけで今年も美味しく【福島県産の桃】をちびすけ(3歳児)ともども家族みんなで美味しく食べさせていただきます(^人^)

ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です