今日はこんなん作ってみた※閲覧注意画像アリ-今日のごはん-

DSC_0747

今日は北海道の郷土料理に挑戦。

「たらこん」

たらことこんにゃくの炒め煮みたいなものである。

ですが、私のばあちゃんの「たらこん」は、たらこと大根のたらこんでした。

一度も自分でつくったことないですが、今日は挑戦しちゃいますww

まず用意するのは「たらこ」。北海道では「紅葉子」にする前の生のたらこが

普通にスーパーに売ってます。はいコレどん!!

DSC_0749

生たらこのおなーりーー
どんどんどんw

いやー生々しいっすねww普通通称たらこと呼ばれる「紅葉子」にするのは
「スケソウダラ」という魚の卵です。
え?タラコって「タラ」の卵じゃないの?!
とおっしゃる方もおられると思いますが、タラとはスケソウダラより馬鹿デカイ魚であり、当然その卵巣である「タラコ」も馬鹿デカイのです。
今回買ってきたタラコは一応「スケソウタラ」の卵巣。通称「助タラ子」なんですがこれも充分大きいです(私の手のひら大)が、本当の「タラ」の卵巣はもっと大きいです。
規格外ですww

北海道の郷土料理「たらこん」はこの規格外のたらこを美味しく食べる為のものなんですね。

煮魚をつくる煮汁よりちょっとあっさりめのだしで「たらこ」と「糸こんにゃく」を炒め煮します。ここで私がつくるのはうちのばあちゃんの「たらこん」であり、煮るのは「たらこ」と「だいこん」ですけどね。拍子木切りした大根を茹でて味付けてたらこをぶち込みますw
たらこが大きすぎたせいか、そのまま入れたら皮が厚すぎて壊れず煮えなかったので、包丁を入れて切り開きました。

DSC_0753

ちょいと汁ダクになってしまいましたが。なんとか完成。柔らかな大根と魚卵のうまみがマッチした美味しさです。
甘めに煮るのが一般的ですが今回はダシを多めにあっさり味にしました。

北海道のスーパーやお惣菜やさんでもたらこん(たらこ&こんにゃく)は良くあるメニューです。それでは主の恵みに感謝していただきまーす!

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です