ついに咲いたバラ一番花

DSC_1053

おはようございます。ASINIです。

この間から楽しみにしていたうちの黄修景バラ「バニラボニカ」ちゃんの一番花がついに咲きました。写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、中央の色が濃い黄色でだんだんと外側に向かって白くグラデーションになっています。これが「バニラボニカ」ちゃんの特徴です。今年は去年よりもわかりやすく特徴が出て良かったです。去年はほぼほぼ全て黄色でしたから。心配されたアブラムシの食害も少ないようで本当によかった(;;)じーん。

そしてもう一つのハマナスも咲きました。こちらも黄色。いやー、黄色だらけですね。私RAPTさんに出会う前までは「風水」に少し凝っていて、私と旦那の誕生日からラッキーカラーが黄色と白だったんですね。それでうちの庭は黄色と白がメインになっちゃってます。

DSC_1054

こちらも今年の一番花。黄ハマナス。あれ?こっちも八重咲きだったかなぁ?まぁいいや。こちらは一応まっ黄色のはずなんですが、やはり写真にすると色の違いがわかりにくい(^^;)。

このハマナスの葉っぱ何故かところどころ穴が空いちゃってますねー。なぜでしょう?このコにはアブラムシが2~3匹ついていたのを早期発見して駆除したのでアブラムシではないはずです。ハマナスというのはバラ以上にトゲがあります。もうトゲびっしりです。カニで例えると花咲ガニのよう・・・・・・って余計わかりにくいですね(^^;)あと、すぐ隣には同じくトゲだらけの「グースベリー」もあります。

私の住んでいる周辺地域の春はとても風が強いんです。なので風で枝がゆれて自分のトゲで葉を刺し貫いてしまったか、隣のグースベリーにやられたんでしょう(><)。

このあいだご紹介したカリフォルニアポピーもほぼ満開となり今年は立派なイエローガーデン(一部白)になっていきそうです。

DSC_1052

ところで、お日様がある時に咲いて無くなると花を閉じるという繰り返しで何日も咲く、上のカリフォルニアポピーと違って、ハマナスの花というのは基本的に一日でしおれてしまいます。なので、私のように一昨年苗を植えたばかりの小さめの株は一個咲いては一個しおれ、という感じでなかなか満開にはなりません。はかない花なんです。ハマナスって・・・・・・。

なのになぜウチに2株もハマナスがあるかというと、「香り」がすきなんですね。ハマナスの。一輪咲いただけでとてもよく香ります。他に好きなところは丈夫で手入れがほとんど要らないところ、私のズボラガーデンのお約束ですねw

香りが強いのでこんなことしちゃいました。

DSC_1064

ちょっと写真暗いですが、ウチの玄関です。白ハマナスちゃんを一個もいで最近流行の芳香剤(オイル切れたやつ)に差してみました。なので玄関にふとハマナスの良い香りがします。

ハマナスはもともとはワイルドローズの一種なので、バラの芳香がします。そのバラの香りに少し酸味を足した感じの香りです。酸味の香りって表現あまり良くないですが、花が好きな方にはわかると思われますw

水をあげてもあげなくても次の日にはしおれてしまうので水なしです。水が無くても一日の間はこのまま元気でした。今は詰め替えオイルをちゃんといれて、その中にドライにしたラベンダーの花茎(2本)をいれてます。ポプリにするほど量が無くて香りがあまり無かったので。私が春先に植えたラベンダー「ふらのブルー」はちょこっとぽわっとした花穂なので見た目可愛いです。

ではでは今日はこの辺で。皆様に神様の祝福とご加護がありますように。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です