撮り貯めたお花たち その5ー2019.6月末までー

DSC_1008

こんにちは、ASINIです。今日でこのシリーズをラストにしようかと思っています。さて、はじめにヒルガオ、「ハマヒルガオ」です。ハマヒルガオは本当に海辺に近いところでピカピカ、ツルツルの葉がついているのでわかりやすいですね。

私、そこそこ植物が好きで、そこそこ植物の判別がつけられると思っていたんですが、こうして写真とって調べてみると全然出来ていないですね~。判別の難しいものもたくさんあるし、以前ご紹介した花の写真でも調べているのに、名前が違っていたりするものがけっこうありました。難しいもんですね~。

そうそう、難しいといえば昨日ご紹介した謎の花(下写真)、未だにハッキリわからないです。葉や茎はシナガワハギ、花はツルフジバカマに似ている植物。さんざん調べて一番雰囲気がちかいのが「ムラサキウマゴヤシ」という植物でした。

DSC_0997

でもちょ・・・・と葉の丸みがムラサキウマゴヤシと違うんですね。やっぱりなぞなぞ(;;)

DSC_1026

え?浜辺に「アサツキ」?。調べてみたら海岸に生えるもんなんですね。アサツキって。知らなかった。

DSC_0976

これ、↑上の写真。春先にご紹介しました。「ミヤコグサ」なんて書いていたんですが全然違いました。昨日の謎の花調べていてこれか?というものを発見しました。「センダイハギ-(先代萩)」が一番有力です。で、↓下の写真が「ミヤコグサ」ではないかと今の所見当つけてます。

DSC_1061

おまけ

DSC_1028

花はついてないですが、浜辺で見つけました。「オカヒジキ」というやつでしょうか?近くの道の駅で全くおなじものを売っていたのでたぶんそうだと思います。私食べた事がないのですが、どんな味がするのでしょう?

さて、このへんで6月末までに撮り貯めた写真シリーズ終わりにしたいと思います。と、言ってもまだまだこれから咲く花もありますので、順次ご紹介していきたいと思います。

いやーしかし花の見分けって難しいですね。見慣れていない「鳥」とか「虫」とかよりは多少わかるはわかるんですが、「もっと観察眼を磨かねば」と反省する今日この頃でした。あとはやっぱりポケット版の専門の図鑑が必要かな(^^;)写真を撮れば花の名前がわかるアプリもあるようですが、レビューを見るとあまり使い勝手がよくなさそうですね。精進するしかないですね(^^)

追記:花好きの方たちが使っているSNSに登録して謎花の名前を教えていただきました。「ムラサキウマゴヤシ」で大丈夫なようです。花の見分けは実を見ることも大事らしいです。また一つ知恵が付きました(^^)

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です