道端で見つけた小さな花たち

DSC_1047

こんばんは、ASINIです。写真はケムトレイル散布中の空。イヤですネェ。
うちのチビすけが花粉症でもないのに(アレルギー検査済み)、午後になると鼻をずるずるやりだすのはこのせいかしら?今年は特に多い気がします。
ケムトレイルって何?という疑問をもたれた方は、下記をご参照下さいネ。
ケム・トレイルwhikipedia
というか、ケムトレイルってウィキに掲載されるほど市民権を得たんですね。
もっと詳しくしりたい方は、RAPTさんの一般記事でどうぞw

はい、では本日も暑さにまけずにがんばりましょー(ってもう夕方ですけどね)

DSC_1098

まずはコレ、コンクリートのスキマからちょこんと顔を出して咲いている本当に小さな花。どこをどうやっても名前がわからずに、GreenSnapというアプリサイトでフォローしてくださっている方々にご相談。

「ハキダメギク」

と教えていただきました。本来はこんなに草丈の小さいものではないようで、さっぱりわかりませんでした。名前を聞いて、「ああー、何か聞いた事あるわーー」となった花。名前に似合わずとても可愛いお花です。

DSC_1109

こちらも小さい花。「ツメクサ」
春先に「ツメクサ」とご紹介した小さなピンク色の花。あちらは「ウスベニツメクサ」という種類でした。なので「ツメクサ」というのはこちらの白花が正式なようです。

DSC_1095
DSC_1096

こちらは、ハキダメギクが咲いていた場所のすぐ近くでみつけました。背丈は10cmちょいくらい。毎年同じような場所に咲いていて気になっていた花です。

マツバウンランという花にとても似ているのですが、マツバウンランの画像をみてもこの紫色の花が見当たらなくて、なかなか特定できず悩みました。

最終的にたどりついたのが「ヒメキンギョソウ(リナリア)」という花。なにかの拍子でここに落ち着いたのはいいけど栄養不足で小さいのでは?と。それにしても花のつくりが小さいので違和感を感じていると・・・・・・

ありました。「リナリア・グッピー」という種類。キンギョソウの中でもさらに花が小さい種類。これではないかと。

今日は朝からグースベリーのジャムを作っていて時間が無くなってしまったのでこのへんで。ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です