皆さんは自分にとって身近な樹木の名前いくつ言えますか?

DSC_1125

こんばんは、ASINIです。ちょっと腰と首をやってしまいまして少しお休みさせていただいてました。RAPTさんと共に、本当の神様を信仰するようになってから半年、劇的に身体と心の調子が良くなってきたとはいえ、全ての不具合が直ちによくなるという魔法のようなことは起きる訳無く、長年患っていた腰や首や脊椎などはクセがあるので回復するにも時間がかかるようです。特に生理前になるとそれらの長年の痛みが強く出てきてしまうことがあります。その期間も信仰前と比べると半減、半減でかなり短くなってラクに辛いのも数日でよくなるようになってきました。

さて、今日のタイトル、皆様は自分住んでいる地域に植えられている街路樹、いくつ名前がわかりますか?私は全く自信ないです(^^;)。雑草にしても自分が幼い頃から見たり触れたりしているもの意外は全然わかりません。そして身近な雑草でも勘違いしていたり、間違って覚えていたりしていたということが、最近浮き彫りになってきて、自分の記憶と知識のいい加減さを痛感するように(+△+;)

そんな私ですから樹木に対しての知識なんてほぼ無いと言っても過言ではありません。もうね、有名は木しかわかんないです。ナナカマドとかライラックとか、栗、くるみ、どんぐりがなる木(もちろん、ナラとかコナラとかクヌギなどそんな区別はつけられない。)モミジ、イタヤカエデ、シラカバ・・・・・・本当にそんなもんです。あとは花が咲いていたり、特徴的な実がなっていた時にわかる程度、おおまかな区別しかできません。

樹木も知識が深い人は凄いんですよね。私の昔の知人、大分高齢の方なんですが、もうね、樹木の肌見ただけで「〇〇」と名前が出てくる人がいたんですよ。その方それだけじゃなく、板材になった木、それを手にとってちょっとなでたり眺めたり指先でコツコツして音を聞いたりして「これは△△の板だ」と当てられる人だったんです。もうその的中率たるやかなりのもので、皆ちょっと木材を使いたいけれどどれがいいかな?なんてときにその辺の板切れ何種類か持ってその人に見せに行くんです。そしたら彼がその板切れを吟味して目的を聞いて「この材は腐りやすいからやめたほうがいい」とか「この材は堅くて〇〇にちょうどよい」とか教えてくれるんですね。

何でもその人、若い頃は「木彫り」か何かをやっていたそうなんです。そう、北海道名物「木彫りの熊」ああいうのをたくさん作っていたことがあるそうなんですね。それにしたって木彫りに使える材木なんて決まっているでしょうから、そんな色々な知識がある人は珍しい。で、今では考えられないようなちょっとやんちゃな所(勤務中隠れてお酒飲んだりとか、自分の仕事に集中したいあまり接客がおざなり)はあったけれど、皆から慕われて頼りにされてたんですよ。

その知識にあこがれて樹木の見分けをしているところを見に行ってコツを聞いたりもしたんですけど、私さっぱりダメでしたww

それでもやっぱりきれいな花が咲いていたり、実がなっていたりすると気になる(>ー<)というわけで、頑張って調べてコレじゃないか?とある程度目星をつけられたものをご紹介しますね。

まず、一番上の写真。桜もツツジもウツギ類もアカシアも・・・・・・、春先から目立つ樹木の花がほぼ全部咲き終わって街路樹がほぼ全部緑色になった頃、突然現れた白い房状の花。近くによってもそれほど感じませんが、鼻をくっつけると良い香りがします。

ちびすけのために買ってある、植物に関する図鑑を数冊を引っ張り出して何度見ても見つからない、GreenSnapの方々に聞いてみても分からない。ネットで特徴を打ち込んで探してみても分からない。困りました(^^;)そして最終的にたどり着いたのが「街路樹に使用される樹木(北海道)」というサイト!!そこで見つけました。

「ハシドイ」

何か聞いたことのある単語・・・・・・「ムラサキハシドイ(ライラック)」。その、「ハシドイ」です。ライラックは海外から入ってきたもの。「ハシドイ」とは日本在来のものだそうです。「和製ライラック」だと、そうわかってみれば確かに花の香り、ライラックに似た香りだったような気がしてきました。

ちなみに「ライラック」には白花があります。個人的にライラックは白花が一番好きです。その白花ライラックは「シロバナムラサキハシドイ」というそうですw植物の名前調べだしてからよく見かける「色+色名前」結局どっちの色ですか?!というややこしいやつここでも出てきました。もう植物の名前あるあるですねww

DSC_1260

こちらは「シナノキ」。白いツンツンの花が数個集まっていて明るいライトグリーン?の葉っぱがおまけのようにくっついています。花にはみつが多いそうでミツバチが来てはちみつの材料になるようですね。シナノキのはちみつ・・・・・・どんな味がするのでしょう?食べてみたいですね。

私が食べた事のあるはちみつはアカシアとかれんげとかあれ?れんげって花じゃなくはちみつの商品名でしたっけ?あと珍しいところでは、栗、百花蜂蜜を味見したことがあります。栗はクセがちょっと強く、百花(花無差別w)はとてもコクがありました。シナノキはちみつどこかで出会えたらいいなw

DSC_1213

この目立つ大きな花は「ヤマボウシ」。真ん中の丸いポンポンのような質感に見える緑色の部分が実になっていきます。赤い実です。折り紙で「くすだま」って作られたことありますか?そのクスダマの角を面取りしていったような実ですwよけいにわかりにくくなっちゃったかな?実はこの「ヤマボウシ」の実、食べられるそうです。私この実が熟した頃に何度か出くわしていて、その実の香りをかいだことがあるんですが、濃厚な甘い匂いがしました。なんかおいしそうな香りがするな。と思ってはいたのですが実の見た目のインパクトが強くて今まで食べられると思っておらず、食べた事ありませんでした。今回この実が熟す頃を見計らって食べてみたいと思います。

DSC_1386

おっと逆光失礼w

DSC_1387

「クワ(ヤマグワ)」です。熟した黒い実は甘く食べられます。じぃじの家の近くの廃小屋で発見。懐かしいのでおみやげにいくつか実をもいで持って帰ろうとおもったのですが、黒い実はすぐに果汁が染み出てしまいます。そうそう、こんな感じだった。皆さんも手や口の周りなどを真っ赤に染めてしまった記憶を持つ方がいらっしゃるのではないでしょうか?ちなみに地球岬のあたりはこのヤマグワがたくさん生えていました。でも本当に山の中なので虫が凄くて食べる気にも摘む気にもならなかったので、ここで味わえて良かった(^^)。

いかがでした?最後の「クワ」は街路樹としては珍しいですが、公園などに植えられていることもあります。今日はこれだけご紹介しましたが、どれもその特徴的な実や花が無い時はやっぱり私には区別できません(^^;)。

なので、ここは「あの木」と場所を覚えているところならいいのですが、知らない土地ならまずわかりませんww

いつか葉や枝ぶり、樹木の見た目で数種類くらいは区別できるようになりたいな。そう思う今日この頃でした。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です