タンポポに似た花を持つ野の花たち(おまけ)

こんばんは、ASINIです。

タンポポの花を持つ野の花、今日が最後になります。他にもタビラコとかあるんですが、私であったことないので記事にしません(^^;)

まず今日ご紹介するのがこちら、「ハチジョウナ」

DSC_1409

写真中央よりの黄色い花の個体がこれ、トゲチシャのように葉の中央の白い主脈が目立つ葉をもっています。花の径は3.5cmほど、トゲチシャやハルノゲシなどと比べてもかなり大きい花となっています。

そしてさらにこれに似た植物が「アレチノゲシ」という植物。はいこちらどんっ。

DSC_2219

「ハチジョウナ」にくらべて葉が下方に集まり、かなり間延びした形になっています。この個体たちは葉に切れ込みが少ないですが、もっと深く切れ込みが入っているものもあります。葉に白い主脈目立つのが特徴、ハルノゲシほど茎を抱きません。よく、間延びした「ハルノゲシ」も見かけますが、葉の抱き方が弱いことと、もうひとつ最大の違いは花(頭花)の大きさですね。「アレチノゲシ」はハチジョウナと同じく花がとても大きいです。ちょうどこの近くにハルノゲシもあったので比べてみましょう。

DSC_2212

上が「アレチノゲシ」右下が「ハルノゲシ」です(^^;)。つぼみもよくみるとおっついです。

DSC_2214

手前のつぼみ力強いですね(^^;)このように「アレチノゲシ」間延びしたひょろっとした茎に大きな花がつくので分かりやすいです。あとは上のほうまで葉っぱがあれば「ハチジョウナ」だと考えていいと思います。葉の切れ込みの強さと有無はサイトや図鑑でまちまち見解がだったりします。ですがアレチノゲシのほうが深い切れ込みがあることの方が多いようです。

タンポポに匹敵するくらいの大きな花はドライブ中に道路脇にあっても目立ちます。一方ハルノゲシは良く見ないと分かりませんので、前方不注意にご注意をww

DSC_1343

こちらは「オニノゲシ」か「アイノゲシ」ではないかと思われます。トゲはありますが、やわらかく痛くは無いです。私「タビラコ類」もみたことないですが、「オニノゲシ」らしい「オニノゲシ」に出会ったこともありません。私のパトロール不足かも知れませんが、あまり個体数はないのでしょうか?それとも「オニノゲシ」自体個体差が大きいものなのかもしれません。

近くに「オニノゲシ」らしいものもないことから「ハルノゲシ」と「オニノゲシ」の交配種という可能性も低いかと思われます。というわけで葉がちょっとやわらかめの「オニノゲシ」ではないかな?このへんがノゲシ系の難しいところです。

さて、比較的新しい帰化植物「ハチジョウナ」と「アレチノゲシ」をご紹介したところでタンポポ系の見分け記事は一旦終了させていただこうと思います。

そのうち「オニタビラコ」や「ニガナ」にも会って撮影したいものです。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です