ポロト湖散策ー2019.8.13ー

DSC_2476

こんにちは、ASINIです。先日家族で白老のポロト湖へハイキングへ行ってきました。ちびすけは足こぎ自転車(ストライダー)参戦w

ポロト湖の周りはあまり起伏が激しくなく、小さな子供やお年寄りでも無理せずに楽しめる良いハイキングコースだと思います。途中少しだけ上り下りと滑るところはありますが、少し注意すればスニーカーで十分安全に歩けます。自転車もOKですので手軽なサイクリングコースとしても優秀なのではないでしょうか。

距離的には7kmくらいだったかな?この画像の通り大きな木の影が道を覆ってくれているのでちょっと薄暗いくらい。直射日光でダウンということは無かったです。ただし、湿原は日陰が多いので「虫」にご注意ください。虫除けは必須です。

そういえばここ「クマ」が出るそうです。なので、熊よけの鈴があれば鬼に金棒でしょう。クマなどの情報は貸し自転車や貸しボートをしてくれる管理小屋の方が教えてくれました。ちなみに昨日まで「クマ」目撃情報があったそうです。私たちは当日聞いたのでその備えをしておらず途中途中で手を叩きながら歩きました。基本「クマ」は早朝や夕方に出ることが多いそうなのでその時間帯に訪れようという方は要注意です。

DSC_2472

湿気が多いのでキノコもいっぱいでした。

DSC_2519

道中であった植物たちのご紹介はG.Sにてしております。ので、全部そちらでg歩紹介し終わったらコチラでも順次あげていこうかな。と思ってます。今日はG.Sに乗せていない画像出しw

DSC_2502

ポロト湖は春先の水芭蕉とエゾノリュウキンカ、シラオイエンレイソウなどが有名ですが、この秋も近づく夏の時期に訪れたことがなかったのでどんな植物に出会えるかワクワクしながら歩きました。そもそも一度ココを訪れたのはもう20年くらい前(^^;)あの頃の自然がどのくらい残っているのかしら?という所はちょっと心配だったところ。

画像右下くらいで倒れている大きな葉、これは水芭蕉の葉です。春先に花が咲いた姿しか映像化されることはあまりないのでその後を知る方は少ないかもしれません。水芭蕉は花が咲き終わった後、葉がぐんぐん伸びて1m前くらいまでに成長します。なので花後の姿はあの清らかそうな雰囲気とはかけ離れます。湿原もうっそうとした見た目になってしまいます(^^;)

DSC_2503

ポロト湖に流れ込む美しい水の川。とても透明度が高くてきれいでした。なにか生き物がいるかと覗き込みましたが、この時はアメンボくらいしか見当たりませんでした。ポロト湖は冬になると湖面に氷が張りワカサギ釣りもできるそうなのですが、ワカサギはどこからくるのかしら?どこにいるのかしら?カエルすら当たりませんでしたが、きっと人が入れない奥には色々な生き物がいるんでしょう。クマが出るくらいですしww

ポロト湖散策、いかがでしょうか?湖をぐるっと一周できる所ってあまり多くないような気がします。とくにこんなに気軽に一周できるところは少ないのではないでしょうか?皆さんもしっかり「虫除け」をして訪ねられてみたらいかがでしょうか?ただし、「クマ」を呼ぶことにもなりかねませんので、食べ物やゴミはしっかり管理して持ち帰りましょう。

また次回ポロト湖散策で撮影した画像をご紹介します。ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です