ナデシコmixの種を蒔いた結果

こんばんは、ASINIです。今年の春にプランターでナデシコmixの種を蒔いて育てていました。

カラーミックスの種、ホームセンターなどでよく売っているのですが、気になってはいたものの、手を出すことはありませんでした。ですが、今年はプラスチックのプランターを購入して挑戦してみました。

ミックスの種は意外と多く、プランターにみっしりになってしまいました。もっと大きなものを買えばよかったと反省しきり。

単色とか2色なら間引きしても問題なさそうですが、その間引きでせっかくのカラーミックスの良さが失われてしまうかも(^^;)なんて考えたらとても間引きできなくて、どうかたくさんの花が咲きますようにと期待を込めつつ、そのままずっと様子を見ることに・・・・・・。

こちらがお花最盛期の写真。プランターみっしみしなものを間引きしてなかったぶんだけ成育がちょっと悪かったですが、なんとかカラーミックスの醍醐味は失われずに済んで良かった。

表題の写真はここから「赤系」を抜き取ったもの。真紅からダークな赤色、そして白い覆輪タイプ、赤にピンク色が混じるタイプ・・・色々なカラーが徐々に増えて咲いていくので「次は何色が咲くんだろう?」と毎日ワクワクで観察していました。(^^)もっと大きなプランターで育てていたら他の色も咲いていたかもしれません。ちょっと弱肉強食気味でしたので、丈夫なコしか咲いてなかった可能性もあります。

こちらはピンク系のコたち。しかしナデシコ、ほぼノーメンテでこれだけ咲いてくれるとありがたいですね。本当は切り戻しとかしたほうが良いのでしょうけれど。
それぞれ苗で買ってきて広いお庭で品種ごとに背丈をそろえて咲かせたら「シバザクラ」に負けないくらいの華やかさがあるでしょうね。

そして最後は白系品種たち。

ピンク色が混ざっているのもキレイですが、右のほぼ白と言えそうな花も他のコを引き立てつつ主張していてとても可愛かったです。

中には微妙な色合いのコもいたので、切りの良いところで10種類くらい混じっていたのかなぁ?と、思うと大体各品種みんな咲いてくれたのかな?

現在は大分花は少なくなりましたが、ちょっとずつ咲いてくれています。種取りもしておらずそのままなので、来年こぼれ種で咲いてくれるかもしれません。

いやぁミックス種、面白かったぁ。ワクワク感がたまりません。次はもっと大きい鉢を買って別のカラーミックスに挑戦してみたいなぁ。

実はまだ冷凍庫に保管したままのミックス種があって、ワイルドフラワーミックスとか、ガーデンミックスとか・・・カラーバリエーションだけでなく種類も何が育つか分からない種パック。思わず買ってしまったんですよね(^^;)植えるスペースないのに。ずっと冷凍しているんで発芽率とか最悪になってるでしょうが、来年裏庭の砂利の植えにダメ元で蒔いてみるかな?とも思っています。

ではでは、今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

月見草食べてみたwwー今日のごはんー

DSC_1565

こんにちは、ASINIです。 いつも私のブログを覗いてくださりありがとうございます。 こちらのブログに来てくださっている方はG.Sがらみの方が多いかと思います。なのでG.Sに投稿しているものと似たものばかりを投稿してもつまらないかと思うので、たまにこんな小ネタも投稿していきたいと思います。

7月末に久しぶりに晴れたので裏庭の様子を見に行ったら、まぁまぁ雑草が大変なことになっていました(^^;)。裏庭に植えた除虫菊(ピレスラム)も雑草まみれで草むしりが困難に・・・・・・。

そんななか、月見草とよばれる待宵草のメマツヨイかな?そのロゼッタが何株か生えてきているのを発見しました。

待宵草は若い葉とつぼみが食べられるそうです。私が住んでいる周辺では待宵草はアブラムシの大好物でつぼみがつきはじめると一斉にそこにたかり、食べつくしてしまうので、花を見られることも少なく、食べることなんてできません(;;)。ですが、つぼみのつかない若い葉の状態ならアブラムシもまったく付いておらず、たべられそうなので、くさむしりついでに引っこ抜いて食べてみることにしましたww

DSC_2375

まず、水にさらしてよく洗って。自分の庭に生えたものなので、イヌやネコの被害も少ないと思うので安心できますw

若い葉と言っても毛が多くてちょっと硬い感触なので念入りに茹でます。

DSC_2377

そしてまた水にさらしてアクを抜きます。というかあまり香りとかないのでアクは少なそうです。ちょっと水に色が付いていますね。

この日のメインディッシュは「ササゲとナスとトマトと豚挽き肉の超辛口ドライカレー」。月見草はその横におひたしとしてダシ醤油とマヨネーズをかけてみました。ダシ醤油とマヨ、もう何がきてもおいしく食べられる味付けw

DSC_2380

野草は、念のため一度に大量に食べるのは避けたほうがよいと思われます。アクが多いものも少なくないのでw
気づけば、ゆであがりよりも断然すくないですよねww実は根元に近い茎の部分が硬すぎて食べられそうにも無く、捨てました。なのでほんのごく少量になっております。
しばらく私の食卓を潤してくれていた「アカザ」とはえらい違いです。

DSC_2378

茹でて水にさらしただけなので「うぶ毛」がついたままでごわごわしてます。そして、やっぱり硬そう。う~ん、やっぱり天ぷらとかの方が美味しく食べられたかなぁ・・・・・・でもこれだけを天ぷらにするのも面倒だし素材の味を確かめる為にもおひたしだよなぁ、やっぱり・・・・・といいつつダシ醤油マヨ、素材の味もなんもあったもんじゃないww

勇気を出してちっちゃく一口(^▽^)。ウマい!さすがダシ醤油マヨww
味のクセは全然無いです。味のクセは・・・・・・

問題はこのうぶ毛(><)ごわごわするよぅ・・・それを気にしなければ美味しい。やっぱり天ぷらが正解だったな。

一口目は美味しく食べることが出来ました。ですが二口目、三口目と口にしていくと・・・・・

「の・・・・・ノドが!!ノドがカユい(;△;)」

毛のせいか、それともマツヨイグサでアレルギー反応を起こしたのか、口にするたびにノドのカユさが出始めました。

でもノド元を過ぎてしまえばかゆみはなくなります。やはり「うぶ毛」のせいらしいです。すこしずつ少量ずつ口にしていて良かった(^^;)。

結果、月見草(待宵草)の若い葉は味はクセも無く食べられなくはないが「毛が痒い」という残念な結果に・・・・・・。

つぼみはオクラのようにぬるぬるしてぬめりがあり美味しいらしいです。来年はどこかでつぼみを入手して食べてみよう。そして、若い葉っぱは「天ぷら」にしてみようww(←あきらめが悪い)。

ドライカレーは美味しかったです。ササゲ大好きw

きょうのごはん、月見草を食べてみたでした。ではでは今日はこのへんで。
また次回お会いしましょう。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

もうすぐ夏。ウチのコたちはどうなった?-MY・ガーデン-

DSC_1227

こんばんは、ASINIです。

今日は、今までウチの庭に植えた植物たちがどうなったのか、見てみましょう。

まず、上の画像のサントリナちゃん。花が咲いていました。この黄色い丸いものが花だと思っていたのですが、実はまだ先がありました。それが下の写真。

DSC_1181

見えますか?小さくてちょっとわかりにくいと思われますが、私のスマホカメラのズームではこれが精一杯だったものでもうしわけありません。黄色い丸の周囲がちょっとほころびていますよね?よーーーく見ると黄色い小さな花が咲いているんです。これが、どんどん周りから咲いていくのがサントリナの特徴的な開花スタイルだったようです。

DSC_1176

一方、こぼれ種から生えてきてちょくちょく私の食卓にのった「ミツバ」。瞬く間に大きくなって白い可愛い花を咲かせてくれていました。この分だと来年も食卓を賑わせてくれるでしょう(^^)。来年はこの「ミツバ」でジェノベーゼ作ってみてもよいかな?アクセントにちりめんじゃことかのせたら合いそうです。

虫来な~ずガーデンを目指して通販で購入した「除虫菊」の苗、鉢植えしたものはあの事件の後、広い鉢に植え替えしたのですが、何日か雨が続いたりするとアブラムシがやって来てたかっています(;;)。「虫除け」にしようと思ったのに逆に「虫寄せ」になっちゃってます。それに引き換え、庭に植えた分はこうなってました。

DSC_1180

雑草だらけでどれがどれだかわかりにくくなっちゃいました(^^;)。このコたちを植えるために砂利を四角くよけたのがアダとなり、ここぞとばかりに雑草が押し寄せて絡み合って草むしりも容易に出来ない状態・・・・・・。そんな環境の中で頑張っていました。手前中央に茎が伸びているのがわかりますか?これ、どうやら「除虫菊」のつぼみのようなんです。今年植えたので、咲くのは来年のはずなのですが花を見せてくれるようです。楽しみに観察したいと思います。

DSC_1236

同じく、今年「虫来な~ずガーデン」のためにお迎えした「ラベンダー(ふらの・ブルー)」は一度付いていた花をすべて摘み取ったのですが、花茎?が伸びてきてたくさんつぼみをつけてくれました。この写真に写っているのは3株植えたうちの一株なんですが、花の数がその時の倍に増えています。すごいですね、ラベンダー。近所から増えるとは聞いていたけれどこんなに成長早いとは。こぼれ種から成長したカモミールと一緒に仲良く元気にしています。

DSC_1190

そして、ベランダのプランターで育てているミックスレタス達。すぐ隣にある鉢植え除虫菊から「貰いアブラムシ」をしてしまい、アブラムシだらけに(;;)。こちらは薬剤を使うわけにいかず、仕方なく毎朝ぷちぷちアブラムシ潰しをしていたのです。なのに、どうしても追いつかない。悩んでいたところに救世主があらわれました。

DSC_1172

「ナミテントウ」ある朝ふとみると数匹のアブラムシと一緒にこのコがいました。レタスのアブラムシが減っています。お食事に来てくれたようです。

さて、テントウムシが来てくれたので、しばらくはアブラムシ潰ししなくて良いかな?などと考えながらそこを離れて、1~2時間後に様子を見に戻ってきた所、すでにテントウムシの姿は消えていました。案外すぐいなくなるもんなんですね。残念。ですが次の日から発生するアブラムシが激減、どうやら私には見えないアブラムシの卵を根こそぎ食べていってくれたようです。わからないけど。
短時間で中々の働きをしてくれていたナミテントウ君でした。

こんな感じでご紹介していなかった間にもうちのコ達は大体元気にすくすく育っています。また何か変化がありましたらご報告しますね。ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

勇払原野にてー2019.7ー

DSC_1202

こんにちは、ASINIです。この間初めて勇払へ行ってきました。勇払にはまだ原野のようなところが残っていてとても楽しかったのです。ゆっくり散策したかったのですが、夕方近くだったのとちょっと肌寒かったのとで断念。

それでも旦那が地図を確認する間にちょこちょこ車を降りて写真を撮らせてもらったのでそれなりに満足。

今日はそんな勇払で見つけた植物たちをご紹介しますね。

まず道産子には見慣れたイタドリ、「オオイタドリ」という種類でした。

DSC_1200

大きいもので3m近くになります。この「オオイタドリ」が「イタドリ」だと思っていたため、G.SのRさんのイタドリの写真を見て、「え?これがイタドリ?本州のイタドリってば上品ですわーー」などという完走を抱いたのですが、種類が違いました。そもそもイタドリに2種あることを初めてソレで知りました。(^^;)
これらのイタドリもオオイタドリも若芽は食べられるそうです。来年あたり挑戦してみようかな。

DSC_1165

まず、原野を車で走っているときに見かけたのが、野生のハナショウブ、「ノハナショウブ」というそうです。残念ながら奥のほうに咲いていたので写真はとれず、代わりに道路脇で見つけたのがこのコです。

でっかい「ゲンノショウコ?」花が直径3cmくらいあります。調べてみたところ「エゾフウロ」だと思うのですが、別の方のブログをみると「チシマフウロ」とも書いてありました。エゾフウロとチシマフウロとハマフウロ良く似てるんですよ。でも、2輪ずつ咲く花と、葉の切れ込みと毛の生え方でこれは「エゾフウロ」だと思われますw

DSC_1169

こちらは「ヒメフウロ」帰化植物のようです。こんな原野にまで・・・・・・と一瞬思ったのですが、道路ぶちなのでありえますね。トラックめちゃくちゃ通りますし、この道路(^^;)

DSC_1164

これはたしか、イタドリの花の群生です。この感じは、たぶん、きっとそうでしょう。遠目でしか見られなかったし良く見る時間もなかったので間違えていたらすみません。

あと、下の写真は勇払原野で撮影したものではなく、家の庭で撮影したものです。「エゾアカバナ」私の家の周辺は帰化植物がとても多くて、もともといるコが少ないのです。なぜここに咲いてくれたかはわかりませんが、とても珍しく可愛いコです。

DSC_1194

花びら4枚おのおのに切れ目、4つに割れためしべ、見にくくてすみません。これでも相当苦労したんです(^^;)茎が細くて丈の長いコは少しの風でもあおられてぶれるんですね。そして何故か私のスマホカメラは薄い色に反応せず、こういう繊細な色の花にはピントを合わせてくれず、どうしても土か葉かどちらかに焦点が寄ってしまうんです。実をつけてくれているようなのでこのまま毎年、帰化植物に負けずにずっと咲いて欲しいものです。

勇払原野楽しかった。本当に今度はゆっくりハイキング気分でめぐりたいなあ。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

今年もグースベリージャムを作りましたー今日のごはん?ー

DSC_1186

こんばんは、ASINIです。

今年もたわわに実ってくれたグースベリーちゃん。ここ何日かの暑さで赤く色づいてきたものも出てきたので急いで収穫してジャムをつくります(^^)

DSC_1244

まず収穫作業。キッチンに入るぎりぎりサイズの洗いおけ半分くらい取れました。ここからの作業がなかなか大変(^^;)洗って、花ガラと小さい枝をきれいに取ります。

DSC_1247

軽量したら1600gありました。グースベリーの木は一本だけなのですが、その中でもある程度大きい実だけをより分けたのにこの量w今年は特に多い気がします。まだ寒さが残る春先から一生懸命働いてくれた「セイヨウマルハナバチ」ちゃんと主の恵みのおかげです(^^)

DSC_1248

水を少し加えて煮込みます。今回は使ってるレシピどおりの割合で600ccの水を入れてしまったんですが、グースベリーは以外に水分あるので焦げ付かない程度で良かったかもです。

DSC_1249

そして、お砂糖を1000g入れてまた煮込みます。去年初めてこのジャムを作ったとき、家にこの砂糖しかなくて使ったところあっさりとした甘味とコクが出ておいしかったので、今回もこれを入れます。

DSC_1250

お砂糖入れて煮込むとこんな色になります。ほぼ砂糖の色です。白砂糖を使ったほうが断然良い色に仕上がるのはわかっているんですが^^;ちなみに白砂糖を使う時は果実に対して半分の量でよいのでは?と思います。てんさい糖、甘さ少ないんですよ。

今年はビンの消毒方法を瓶詰めの方法もしっかり調べてその通りにしました。なので去年よりも長期間保存が出来るはず。といっても去年1ヶ月ちょいで全部食べてしまったのでどのくらい日持ちしたのかわかりませんが(^^;)

去年おすそ分けして評判だったので、今回もおとなりさんと、じぃじばぁばに持っていきます(^^)

すっきりとした酸味が好きなので青い果実を使いましたが、もう少し赤い果実を使うと美しい色の甘いジャムになります。ただし、赤くなるまで待つと、中の種が熟して硬くなってしまうので、仕上げに裏ごししたほうが良いと思います。赤くなると果実の糖度がかなり違いますので砂糖の量にご注意ください。

というわけで「今年もグースベリージャムつくったどー」でした。

あ、ASINIおすすめの食べ方は、やわらかい食パンにクリームチーズとグースベリージャムの両方をぬるスタイルです。あとは定番、ヨーグルトのソースとして。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

いつか食べたいと思っていたものを食べてみた(ヨモギ)ーきょうのごはんー

DSC_0991

こんばんは、ASINIです。

道端によく生えているもの、ヨモギ。草もちや草ダンゴ、おまんじゅうとしてたくさん食べるけれども自分では摘んで調理したことがないもの。

ちなみにこちら↓下のヨモギはおいしくなさそう(;;)、ちぎって匂いをかいでみるとヨモギの香りがするのだが、なんか硬い感じ。

DSC_0992

とはいえ、もう新芽の時期はとうに過ぎ、どれも葉っぱが硬くなってアブラムシがつきはじめているので、使うのはどうかな~?と思いながらも家の裏に生えているアブラムシの害を免れているものの葉を摘んで茹でてみました。家の裏に生えていたのは一番上のおいしそうなヨモギとおなじもの。

ウチの花壇のアカザちゃんも大分伸びてエダマメの生育を邪魔しつつあったのでこれも根っこごと抜いて除草ついでに収穫。こちらももう茎は硬くて食べられないので葉っぱだけむしって茹でました。

さて、これから私はどうしたでしょう?

実は私、数日前から【ジェノベーゼソースのパスタ】が食べたくなり、せっかくなのでこの「ヨモギ」と「アカザ」をバジルの代わりにして作ってみることにしました。

つくれぽで材料はしらべたので、とりあえず

エキストラバージンオリーブオイル
ニンニク
クルミ(本当は松の実らしい)
塩・コショウ

を事前に用意しました。

そしてアカザとヨモギ(茹でる前25gずつ合計50g)と、それだけではちょっと味に不安があったので、ウチのプランターでわさわさ伸びてきたベビーなパセリも10gほど足して、ミルで「ガーッ!!」しましたww

そしてすべての材料を入れてミルでもう一度混ぜ合わせて終了。下ごしらえは手間掛かりますが、実際作り出すと混ぜるだけなので簡単です。

出来上がりの写真を入れようと思ったら画像を整理しているときにうっかり一緒に捨ててしまったようです(+△+;)申し訳ないです。

見た目は普通のジェノベーゼです。ヨモギの繊維も残ることなく、和風な香りもアカザのクセのなさがカバーし、パセリが味をととのえてくれて、美味しいw

そのパスタだけだとかなりヘルシーなので、チキンソテーのバルサミコソースがけもつけて今日のごはん。

葉っぱ野菜嫌いのうちのちびすけは「緑色」ってだけで嫌なようでパスタは食べてくれなかったけど、ちょっとおしゃれなイタリアンメニューを堪能。

残ったパスタソースはジップロックに入れて薄く延ばして冷凍。また近いうちに食べようっとw

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

ラベンダー挿し芽づくり

DSC_1048

こんばんは、ASINIです。5日ほど前にじぃじの家でほぼ原種に近いラベンダーを見つけ、一株貰ってきました。一株と言ってもじぃじの庭で伸び放題で放置してあったため枝がだらしなく50cm近くまで伸びていました。

ラベンダーって「木」なんだな。とあらためて感心させるほど半野生化していたので、その一株が大きいのなんの。根元の方はちょっとした小枝。直径3cmほどの太さで年輪もしっかりありました。

それをそのまま家に植えるのは格好が悪いのでどうしようかと思案し、ネットで挿し芽をつくる方法を見つけたので、それにならってやってみました。

挿し芽になりそうな部分をさがして切り取ります。根元の小枝から直接生えてきたやわらかくあたらしい芽と、伸びかけて茎がしっかりしている芽。花のつぼみがついているちょっと固めのものからつぼみ部分を切り落としたもの。どの芽が一番根がつくかわからなかったので色々用意しました。

DSC_1047

切り取った芽の根っこになる部分をナナメにカットして表面積を大きくし、しばらくコップの水に入れて給水させました。

その後、挿し芽用の土と挿し芽を植える苗床のようなプラスチックの入れ物と、発根促進剤「メネデール」の3点をホーマックで購入。土は挿し芽や種蒔き専用のものでないとうまくいきにくいようです。

苗床を作り、ナナメカット部分をメネデールにひたして植えつけたのが一番最初の写真になります。土が乾燥しないように常に水で湿らせておき、直射日光の当たらない明るい窓辺に設置。3週間ほどで根が出てくれば成功だそうです。

今日で3日めほどになりますが、しおれてはおらず元気です。

このラベンダーの株、大分つぼみがついていてちょっともったいない。かすかに良い香りがしたので茎や葉ごとドライフラワーにしようと考え、残った部分から使う部分をカット。100円均一で買ってきたヘアゴムで束ねて乾燥中。

DSC_1049

こうしてじぃじから貰ってきた大きなラベンダーの木の一株はコンパクトになって使い切られたのでしたw株の根っこの部分、そこはすべて枝を刈り取り、根元の新しい芽が出ている場所を残して5本ほどにわけて裏庭に植えてみました。

今朝その根っこの切り株の様子を見に行ってみましたが枯れていそうなものと成功しそうなものにわかれていました。この分だと2本くらい根付きそうかな?

花だんにあと3株ラベンダーが欲しかったので挿し芽つくり成功するといいなぁ。

そのうち経過を報告しますね。ではでは今日はこのへんで。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

ついに咲いたバラ一番花

DSC_1053

おはようございます。ASINIです。

この間から楽しみにしていたうちの黄修景バラ「バニラボニカ」ちゃんの一番花がついに咲きました。写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、中央の色が濃い黄色でだんだんと外側に向かって白くグラデーションになっています。これが「バニラボニカ」ちゃんの特徴です。今年は去年よりもわかりやすく特徴が出て良かったです。去年はほぼほぼ全て黄色でしたから。心配されたアブラムシの食害も少ないようで本当によかった(;;)じーん。

そしてもう一つのハマナスも咲きました。こちらも黄色。いやー、黄色だらけですね。私RAPTさんに出会う前までは「風水」に少し凝っていて、私と旦那の誕生日からラッキーカラーが黄色と白だったんですね。それでうちの庭は黄色と白がメインになっちゃってます。

DSC_1054

こちらも今年の一番花。黄ハマナス。あれ?こっちも八重咲きだったかなぁ?まぁいいや。こちらは一応まっ黄色のはずなんですが、やはり写真にすると色の違いがわかりにくい(^^;)。

このハマナスの葉っぱ何故かところどころ穴が空いちゃってますねー。なぜでしょう?このコにはアブラムシが2~3匹ついていたのを早期発見して駆除したのでアブラムシではないはずです。ハマナスというのはバラ以上にトゲがあります。もうトゲびっしりです。カニで例えると花咲ガニのよう・・・・・・って余計わかりにくいですね(^^;)あと、すぐ隣には同じくトゲだらけの「グースベリー」もあります。

私の住んでいる周辺地域の春はとても風が強いんです。なので風で枝がゆれて自分のトゲで葉を刺し貫いてしまったか、隣のグースベリーにやられたんでしょう(><)。

このあいだご紹介したカリフォルニアポピーもほぼ満開となり今年は立派なイエローガーデン(一部白)になっていきそうです。

DSC_1052

ところで、お日様がある時に咲いて無くなると花を閉じるという繰り返しで何日も咲く、上のカリフォルニアポピーと違って、ハマナスの花というのは基本的に一日でしおれてしまいます。なので、私のように一昨年苗を植えたばかりの小さめの株は一個咲いては一個しおれ、という感じでなかなか満開にはなりません。はかない花なんです。ハマナスって・・・・・・。

なのになぜウチに2株もハマナスがあるかというと、「香り」がすきなんですね。ハマナスの。一輪咲いただけでとてもよく香ります。他に好きなところは丈夫で手入れがほとんど要らないところ、私のズボラガーデンのお約束ですねw

香りが強いのでこんなことしちゃいました。

DSC_1064

ちょっと写真暗いですが、ウチの玄関です。白ハマナスちゃんを一個もいで最近流行の芳香剤(オイル切れたやつ)に差してみました。なので玄関にふとハマナスの良い香りがします。

ハマナスはもともとはワイルドローズの一種なので、バラの芳香がします。そのバラの香りに少し酸味を足した感じの香りです。酸味の香りって表現あまり良くないですが、花が好きな方にはわかると思われますw

水をあげてもあげなくても次の日にはしおれてしまうので水なしです。水が無くても一日の間はこのまま元気でした。今は詰め替えオイルをちゃんといれて、その中にドライにしたラベンダーの花茎(2本)をいれてます。ポプリにするほど量が無くて香りがあまり無かったので。私が春先に植えたラベンダー「ふらのブルー」はちょこっとぽわっとした花穂なので見た目可愛いです。

ではでは今日はこの辺で。皆様に神様の祝福とご加護がありますように。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

一年越しの贈り物

DSC_0964

こんばんは、ASINIです。

実は今年の春先から私の庭の花壇にナゾの植物が生えていました。

それが上の写真。草むしりの時に気にはなっていたのですが、どうみても見慣れた雑草のような気がしません。なので一応様子を見ていたのですが、それが最近判明しました。

DSC_1021

開花wwどうやら一昨年あたりに植えて育てていたカルフォルニアポピーのようです。わさわさと増え広がるアカザちゃんに混じって、このコが勢力を広めていたのです。

しかもこのコ去年は植えてないんですよね(^^;)なので、全然わからなかったんです。去年は私、カモミールを育てていたんで、そのこぼれ種だったかな~、でもなんか葉っぱが違うしカモミールの香りも無いしなあ・・・・・・。なんて思っていたんですね。

だから一年越しなわけですよ。本当に初春に土をならして雑草を掘り掘りしていたときにこぼれ種がなんか良い環境になって、一斉に発芽したようです。

そして今まぁまぁの花畑になりました。

DSC_1050

強いコですね~。鮮やかな黄色が素敵です。私現在は白色の花が好きなんですが、ちょっと前までは黄色が好きだったんですよね。なのでこの間のバラといい、このポピーといい、黄色勢がちょっと強めです。

この勢いだと来年も種がこぼれてたくさん咲いてくれるかなぁ。ちなみに春先に花壇に種を撒いた花(種類忘れた)はアカザにすっかり飲み込まれて何もないです(^^;)そしてそのアカザの下には何故かいつぞやの青シソさんがちいちゃくちいちゃく育っていました。

いやー、アカザとても美味しいんですけれど、野草だけあって一度に大量には食べられないんですよね~。その間にもめちゃくちゃ伸びるし、抜いて捨てるのも勿体無いし。

これから毎年、この花壇はこれからアカザとこのカルフォルニアポピーの定位置になりそうです。来年はいくつか大きめの植木鉢を買って白い色の花ももっと増やそうかな。

ちなみにポピーの後ろに写っている三枚葉はラズベリーの若い枝です。ラズベリーって2年目の枝に2年くらい花と実がついて枯れちゃうんですよね。そしてまた新しい枝が伸びる。そんなサイクルで育つので今年はすくすく期。美味しいラズベリーにありつけるのは来年になるのです。このコ品種名を忘れてしまったのですが大きな実がなってとても香りよく甘くて美味しいんですよ。数は少ないんですがとっても楽しみなんです。

でも今年はアカザとポピーの勢力に押されてきちんと育ってくれるかちょっと心配。がんばれ、ラズベリー。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

アカザとブルーベリー

DSC_1012

こんにちは、ASINIです。

今日ご紹介した写真はブルーベリーの花。

去年あまり収穫がなかったので、今年はたっぷりとお世話。春先にたっぷりと専用肥料をあげて、芽の出ていない枯れた枝を全て刈り取りました。丁寧にわさわさと生えていた雑草をむしった結果。

今回はこんなに花が咲きました。一応このコは自家受粉系の種類なのでよいのですが、すぐとなりにも別の種類のブルーベリーを植えています。でも、余り役にたっていません。

なぜかというと、隣のブルーベリーは明らかにこの子より成長が遅いんです(^^;)いつも上のブルーベリーの収穫が大体終わった頃に花が咲く。どんどんと古い枝だけになっていき生きてるのか死んでるのかわからない状態。

なので今年はもうこのコが生きてる気配ないなら根っこから伐採してしまおうと思いながらかなり強い剪定をしたんです。そしたらそれが功を奏したのか咲きました。小さな花がちょびっとだけ、隣とほぼ同時期に。

DSC_1013

本当にコレ、ブルーベリーかしら?と思われるくらいのちいさなちょっとピンク色がかった花。このコこんな花だったけか?(^^;)。新しげな枝も二本伸びて一応は息を吹き返したと言ってよいんではないでしょうか?

この辺は私のようにブルーベリー育てているおうちも多いんですが、他のおうちのように立派な株にするのは難しいようです。このコたちはこの家に越してからすぐに植えたのでけっこう長いんですけどね。高さ50cmあるかないかという所です。

もっとがっつりブルーベリーの土と肥料をあげなくてはダメなんでしょうか?

この間、庭にたくさん生えてきて美味しかった。と言っていた野草「アカザ」は白色と調べてみたら、アルカリ性土壌を好むそうです。

ということは、本来この辺の土はアルカリ性が強いんでしょうね。このブルーベリーの花壇には小さい袋一つ分くらいのブルーベリー専用の土を混ぜてから植えたので酸性が弱いのかもしれません。

その「アカザ」たちは収穫しても収穫してもどんどん生えてきます。もうちょっとした「アカザ」畑になってます。

DSC_1018

この量と同じ量を収穫してこの間、お隣さんにおすそ分けしました。ということはこの倍の量とってきたわけなんですが、全然減らない。その勢いにこの間芽が出て来て本葉がでてきた枝豆くんたちもたじたじになってます。

もう少しのびてきたらまた刈り取って葉っぱだけ茹でて炒めてみようかな。ちなみにアカザって「ホウレンソウ」や「キヌア」と同じ種類なんですって。しかもホウレンソウよりも栄養豊富ときたもんだ。

ただし、赤色(シロザなら白色)の粉をしっかり落とさなければいけないのでそれだけは注意らしいです。大量に食べて強い日光に長く当たるとアレルギーのようなものが出る人もいるんだとか。だから、食べるなら夕方以降がおすすめかな?

朝にはレタスのベビーリーフ、夕方にはアカザ。すっかり野菜が豊富なおうちになってしまいました。神様がもっと野菜を食べなさいと言ってくださっているのかな?

今年はブルーベリーも少し楽しめそうだし、ラズベリーが新しい枝しかなくて実をつけなくても寂しくなさそうです。

ではでは今日はこのへんで。ASINI

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を