今まで出会った小さな虫たち。最終回-2019.9.20現在-

こんにちは、ASINIです。今日はまだ紹介していなかった虫たちを一挙に乗せたいと思います。中には皆さんの苦手な虫もいるかもしれませんので、ご注意を。
お話しする都合である程度種類を推定していますが、あくまで推定です。虫は詳しくないので間違っているかもしれません。もしお詳しい方がいらっしゃればアドバイスいただければ訂正いたします。

まず、花たちのベストパートナー「ハチ」
左上が「エゾコマルハナバチ」右上が「セイヨウマルハナバチ」。お尻の先の毛の色がちがいますね。セイヨウが白、在来のハナバチがオレンジです。よく、セイヨウマルハナバチを見つけたら行政に通報するか、その場で駆除してください。という文章を見かけますが、私は駆除してません。在来のマルハナバチが減っているからと増えてきたセイヨウマルハナバチを駆除してしまうと花の交配に影響が出そうだから。もう一つの理由はあまり虫に詳しくないのでその場で見た瞬間に「在来種って白だっけ?オレンジだっけ?どっちだったっけ?」となるから。勘違いして在来種であるオレンジ色のお尻のコを駆除してしまいかねません。そしていくらおとなしいマルハナバチとはいえ、メスとオスの区別などシロウトには難しく、一応は刺すと言われるメスを攻撃すれば反撃にあうかもしれません。正直このテの見つけたら駆除してください。というお話は乱暴というもの。
 ちなみに私の愛する創造主である神様、この世界と全てを創ってくださった神様はどうおっしゃっているのかというと、「自然淘汰は仕方のないこと。この世界に無用のものとなれば絶滅してしまうのは仕方ない」だそうです。花も虫も動物も、世界に無用の長物となってしまえば「絶滅」する。これが自然の摂理、神様の摂理。情をかけて保護することは悪いことではないと思いますが、無理に保護しようとしても自然の摂理には逆らえません。ある種のものだけに特別に情をかけて全世界で保護しようとなればそれこそ自然のバランスを崩す行為ともなりかねません。
特別に保護された「クジラ」が海産物減少の一因になっているという学説もあります。そもそも「捕鯨反対、クジラを食べるな」は日本人の肉食を進めるために環境保護団体の言い分にかこつけて日本に突きつけたもの。
 おっと、話が大分それてしまいましたね(^^;)。私はしっかりした根拠と理由のない「環境保護政策」はしったこっちゃありませんよ。ということが言いたいだけでしたwwだからといって無駄な殺生もしませんが。在来のミツバチも渡来のミツバチも可愛い。もちろん、蜂蜜をあつかう養蜂家さんのおられる場所でセイヨウマルハナバチが多大な害になるというのなら気をつけますが、ミツバチの天敵は肉食のスズメバチと気温気候などなのでやっぱり直接は関係ないですね。花や植物たちに対しても一緒の考えです。農家さんの土地に増えて困ってるからそこのを駆除してくれと言われるなら喜んでしますが、他の場所では自然にまかせます(^^)
 さて余談が長くなりました、話を戻しましょう。
最初の画像左下がミツバチの仲間、右下が・・・・ちょっと顔が見えないのでなんともいえませんが模様や羽、格好からしたら「アシナガバチ」の仲間ではないかな?と推測します、が、顔が大きくアゴが発達していたらスズメバチの一種かもしれません。スズメバチには及びませんがアシナガバチもそこそこに危険なハチなのでどちらにしろ、むやみに近づかないほうが無難でしょうw
 在来のマルハナバチは良く見たことがないのでわかりませんが、セイヨウマルハナバチは色々な花が咲き乱れる花壇へ飛んでいっても、自分はチューリップw自分はサルビアw自分はマリーゴールドwなど特定の花を決めてその間だけで花粉や蜜を集めるようで、花にとって効率よく受粉してくれる非常に頼もしいパートナーのようです。

さてこちらはアリたち。前回「ムネアカアリ(ムネアカオオアリ)」をご紹介しましたので今日はそれ以外のアリたちをご紹介。上の写真はアリの中でも中々大きいもので、頭もやたら大きくてアゴが発達しています。「クロオオアリ」でしょうか?

真ん中のやたらツヤツヤ黒光りするアリ。さきほどのクロオアリと違ってこちらは大分小さいです。ですがこのつやつやの体、天気がよいと非常に目立ちます。林で見かけたことからも推測すると「クロクサアリ」だと思われます。

そして下段のアリたち。公園や道端などでも良く見るごく普通のアリ。「クロヤマアリ」という種類に似ています。花の蜜を集めたり大忙しですね。庭でアブラムシの出す蜜をよく吸っているのを見かけます。このアリが大量につぼみや茎に群がっていたらよく注意してみてみてください。アリの間に隠れてアブラムシがびっしり・・・なんてことがよくあります。

こちらは可愛いトンボたち。私の住んでいる周辺では「ギンヤンマ」「オニヤンマ」もごくごくたまに出没しますがすばやく飛んでいってしまって撮影は困難です(^^;)。2年ほど前に一度ルリ色の美しいトンボに出会いましたが、その時はスマホを始終持ち歩く習慣がなかったため、残念ながら記憶にとどめるだけで終わりました。上の2種は北海道の街中や山で最も見られるポピュラーなトンボ。「アキアカネ」と「オツネントンボ」。

こちらはちびすけと近所の公園で遊んでいるときに、飛んできた通称「バッタ」。調べようとしましたが、難しい(^^;)花弁の形や枚数などはパッと見で違いは分かることができますが、こういう細かい模様などは見分けられないです。図形が苦手だというのもあるのでしょうか?関係ないか(^^;)細かい形や模様の判別がうまくできず種類は分からずじまい。なので通称「バッタ」のままでw灰白色でカッコいいバッタでした。ちょうど遊んでいたときに道路破産で向かい側の草刈りをしていたのでそこから逃げてきたようでした。

次の2枚の写真は特に嫌いな方がいらっしゃると思うので、閲覧注意物件です。
「クモ」と「カタツムリ」とおまけの「コガネムシ」。カタツムリもキレイで可愛いのものならよいのですが地味な色のザ・カタツムリなので嫌いな方は見ないほうが無難です。

こちら「オニグモ」。上の写真は背中が見えないのでなんともいえませんが「キバナオニグモ」かもしれません。三階滝で撮影した3cmほどの大きなクモです。下の写真はごく一般的に見られる「オニグモ」の小さいもの。私はクモが大嫌いでした。その中でも一番嫌いなクモですね。このパンパンの腹がもう気持ち悪くて仕方ないです。糸もすごく丈夫で粘着力が強く切れない、取れない。最近はハナグモのようにキレイな色をしたものや、地を這って空中に巣を張らないもので腹が小さめのものなら多少は平気になりましたが、オニグモは冷静にスプレーなどで退治できるレベルになったくらいでまだ苦手です。昔は全くダメで空の巣があっただけでも近づくことが出来ませんでした。

左はカタツムリ。この辺でよく見かけるやつです。サッポロマイマイのようなあるていど「地物」感のあるものを紹介できたらよかったのですが、こんな地味なコですみません。なんだろう?「ウスカワマイマイ」というウィンナーのような名前のコが似ているのかもしれませんが、あまり良く調べる気にはなりません。下は紅葉したナナカマドの落ち葉に産み付けられた卵。このつや感と大きさは「カタツムリ」のものじゃないかな~?と勝手に検討をつけて一緒に載せました。
カタツムリ、よくコンクリートや壁に付着?していますよね。あれはその中のカルシウムなどのミネラルを摂取する為にくっついてかじり取っているのだそうです。ミネラル補給は大事なようで。昔小学生の頃友達とカタツムリを捕まえてキャベツを与えて育てていたのですが、何日かするとカタツムリをカタツムリとするための殻(カラ)が溶けたように薄くふにゃふにゃになって敗れてしまいました。
そこで私たちは「カタツムリって成長するとナメクジになるんだ!!」などと勘違いした感想を持ったものですww単なるミネラル不足でカラを形成することが出来なかったんですね。
 カタツムリは脱皮せず、殻を自分で足して拡張していくそうです。外では良くカタツムリの殻のみを拾ったりしますが、アレは「マイマイカブリ」などの虫によって中身がきれいさっぱり食べられているから。先日庭の雑草を抜いているときにカタツムリの殻にもぐりこんでいる虫を発見しました。写真撮影は残念ながらしていませんでしたが、捕食されている現場を見ることができました。
 カタツムリは葉っぱだけでなく硬いものもガジガジ削って食べる。なので葉っぱだけでなくコンクリートの壁などにも卵を産み付けてくれます。カタツムリ嫌いの方はお気をつけを・・・・・・。

さて右側にいる可愛いおめめのコガネムシ。タンポポの葉に乗っています。小さめのコガネムシ。このコは「セマダラコガネ」という名前のコガネムシらしいです。シックな色合いとつぶらな瞳がかわゆいですね。

さて、話がずれて長くなってしまいましたが、9月20日までに出会って撮影することが出来た虫たち、今回で全て紹介いたしました。

この間「ノースサファリサッポロ」に遊びに行ってきました。次回からはその時の模様を、動物多めでご紹介したいと思います。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

撮り貯めたお花たち その5ー2019.6月末までー

DSC_1008

こんにちは、ASINIです。今日でこのシリーズをラストにしようかと思っています。さて、はじめにヒルガオ、「ハマヒルガオ」です。ハマヒルガオは本当に海辺に近いところでピカピカ、ツルツルの葉がついているのでわかりやすいですね。

私、そこそこ植物が好きで、そこそこ植物の判別がつけられると思っていたんですが、こうして写真とって調べてみると全然出来ていないですね~。判別の難しいものもたくさんあるし、以前ご紹介した花の写真でも調べているのに、名前が違っていたりするものがけっこうありました。難しいもんですね~。

そうそう、難しいといえば昨日ご紹介した謎の花(下写真)、未だにハッキリわからないです。葉や茎はシナガワハギ、花はツルフジバカマに似ている植物。さんざん調べて一番雰囲気がちかいのが「ムラサキウマゴヤシ」という植物でした。

DSC_0997

でもちょ・・・・と葉の丸みがムラサキウマゴヤシと違うんですね。やっぱりなぞなぞ(;;)

DSC_1026

え?浜辺に「アサツキ」?。調べてみたら海岸に生えるもんなんですね。アサツキって。知らなかった。

DSC_0976

これ、↑上の写真。春先にご紹介しました。「ミヤコグサ」なんて書いていたんですが全然違いました。昨日の謎の花調べていてこれか?というものを発見しました。「センダイハギ-(先代萩)」が一番有力です。で、↓下の写真が「ミヤコグサ」ではないかと今の所見当つけてます。

DSC_1061

おまけ

DSC_1028

花はついてないですが、浜辺で見つけました。「オカヒジキ」というやつでしょうか?近くの道の駅で全くおなじものを売っていたのでたぶんそうだと思います。私食べた事がないのですが、どんな味がするのでしょう?

さて、このへんで6月末までに撮り貯めた写真シリーズ終わりにしたいと思います。と、言ってもまだまだこれから咲く花もありますので、順次ご紹介していきたいと思います。

いやーしかし花の見分けって難しいですね。見慣れていない「鳥」とか「虫」とかよりは多少わかるはわかるんですが、「もっと観察眼を磨かねば」と反省する今日この頃でした。あとはやっぱりポケット版の専門の図鑑が必要かな(^^;)写真を撮れば花の名前がわかるアプリもあるようですが、レビューを見るとあまり使い勝手がよくなさそうですね。精進するしかないですね(^^)

追記:花好きの方たちが使っているSNSに登録して謎花の名前を教えていただきました。「ムラサキウマゴヤシ」で大丈夫なようです。花の見分けは実を見ることも大事らしいです。また一つ知恵が付きました(^^)

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

撮り貯めたお花たち その4ー2019.6月末までー

DSC_0997

こんばんは、ASINIです。今日まずご紹介するのはこのお花。紫色が素敵です。図鑑、ネットさんざん探したのですが、種類がまったくわからない。一体なんだろう?

DSC_0898

そういえば、春先にご紹介したこのお花、その当時は名前がよくわからず、「チャボリンドウ」というリンドウの仲間かな~なんてお話していたんですが、今見つけました。「フデリンドウ」だそうです。北海道から九州で4~5月に咲く花、草丈5~10cmということで、まず間違いないでしょう。なぜあの時わからなかったのか・・・・・・ここで訂正しておきますね。

DSC_1018

コメツブツメクサ・・・・・・ではなく、「コメツブウマゴヤシ」らしいです。両者めちゃくちゃ似てますが、比較対象の実物がないのでたぶん、としかいえないです。実の形がウマゴヤシ?らしい雰囲気をはなっていますw

DSC_1010

これ、調べるのけっこう苦労しました。「シナガワハギ」のようです。実物をみると、茎の感じがアカザに似てて、花はキンミズヒキのようだし・・・・・・なんだろな?と。最近うちのまわりにも増えてきました。

DSC_1019

シナガワハギの茎と葉。ちょっと筋張ってカクカクした感じがアカザにそっくり、しかもアカザのように茎が赤く染まったものまであるんですよね。ずっと頭をひねっていたんですがやっと判明してすっきりしました(^^)

DSC_1062

街路樹などでよく植えられている、「ニシキギ」花はとても地味なのですが、秋になると真っ赤に紅葉して美しいんです。この木は秋が主役ですねw

さて、一枚は名前が判明しませんでした(;;)。名前がわかり次第またご紹介しますね。さて残るはあと数枚。とりあえずこのシリーズは次回で一旦終了になりますかね。では次回その5でお会いしましょう(^^)

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

断食中の買い物は危険ですw-わかってはいるんだけどねぇ-

DSC_1077

空腹時に買い物に行くといろいろなものを買いすぎてしまうので危険。これは主婦の皆様の隠れた常識でしょう。ですが、お腹一杯だと晩御飯のメニューが決まらない(^^;)、一日1~2食の我が家ではそんなジレンマがあります。

買い溜めしておくと、冷凍ヤケしちゃったりするんですよね。消費がゆっくりだから。なので、ウチではその日その時に食べたいものを2~3日分買ってくることが多いのです。

今日は3日断食の2日目。なのに昨日ちびすけが牛乳をたくさん飲みすぎてしまい、我が家の牛乳が切れてしまいました。しかも、最近ハマっている100%の白ぶどうジュースもなくなっちゃった・・・・・・。固形物よりも水分を欲するウチのちびすけ。牛乳が無いのは死活問題です。

仕方ないのでしぶしぶお買い物に・・・・・・。風邪気味なので少し酸素を吸う為に車ではなく徒歩で行くことにしました。ちびすけにはストライダーでかっ飛ばして貰います。

ウェルチの100%白ブドウ1本と低脂肪牛乳2本と野菜&果物の100%ジュース2本。それとちびすけのおやつ2つとヨーグルト。淡々と買い物カゴに入れてレジへ向かったところ・・・・・・。

カゴの中には大量のアメ玉とドーナツとだんごが!!一体いつの間にww

定期的に断食している私、最初の頃は断食終わったら「肉!肉!」とひたすら肉を欲していたのですが、最近は手っ取り早く糖分とカロリーを補給できる甘いものを脳が欲するようです。どうすんだこのアメ玉の量w

今回はアメがメインでしたが、ついつい買い物カゴに放り込むのは甘いおやつが多いです。たまちポテチ(化学調味料無添加)を探して放り込んだりもしますが。

最近はごまだれだんごがお気に入りwいつもは100円くらいのプラパックに入ったヤマザキとかのおだんごを食べるのですが、今日はちょっとコレが気になってしまいました。

DSC_1078

これ、昔っからあるんですよね。北海道のスーパーで「だんご」といえばコレが置いてありました。懐かしい。よく見ると添加物も少なめ、というかほぼ無いですし、ちょっと値段はお高め(258円)ですが、懐かしさも手伝って買ってきちゃいました。

DSC_1080

おっ賞味期限が意外と長め。ということはちょっと甘ったるかったりするのかな~?ああ、真空パックだからか。期限が長いのは。

DSC_1079

おまけに温められるらしい。温かいだんごって食べたことないけど、やわらかいおもちやだんごが好きな人はよいかもしれません。

私はしっかり弾力あるほうが好きなのでたぶんこれも冷蔵庫に入れて食べることでしょう。おはぎも冷やして食べる派です。

ばぁちゃんが生きていてボケていなかった頃はよく食べていたのですが、ここ何十年とご無沙汰なので味を全く覚えておりません。

楽しみだなー、断食明けが楽しみだ。

ちなみに気になる方はネット販売もしているようです。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

じぃじの家に来たちび猫たち

DSC_0959

今年のゴールデンウィークあたりにじぃじの家に遊びに行った時、ノラ猫一家がじぃじの家の倉庫のスキマに住み着いてしまいました。たまにばぁばがごはんをあげていたりします。去年も近くにノラ猫が住み着いてどうしたもんかと悩んでいたそうですが、親が猫エイズで、子供たちも生まれながらに白血病のようで大きくなる前に皆死んでしまったとのこと。

行政や保護施設に連絡したら?と言いましたが、病気持ちで長く生きない猫たちを貰ってくれる人はいないだろう、かといって殺処分になるのも可哀相。と言って半分自然に任せながら面倒見ているようです。家で飼うにも自分達はもうトシだから最後まで面倒見られない。と。

よそ者の私がそれ以上口を出すのもおこがましいので、私たちも近隣住民にならって自然にまかすことに。

子猫って可愛いですよね~。私、猫大好きなんです。私が猫アレルギーじゃなかったら、家に貰って帰って飼いたい所なんですがね。しかもその体質はうちのちびすけ(もうすぐ3歳)にも受け継がれ二人して猫アレルギー。飼えばくしゃみと鼻水で夜も眠れないことでしょう。

貰って帰っても代々病気持ってて大きくなる前に死んじゃう(実際子白血病で生まれてきた子猫はすぐに死んでしまうらしい)から、情をかけたぶんだけ辛くなるよ。ばぁばはそう言いながら思いっきり情をかけてエサをあげてたり遊んでいたり、捕まえて目やにを拭いてあげていたりする(^^;)。

DSC_0961

なんでも、こうしてじぃじばぁばがごはんあげたり、近所の人がエサを買って持ってきたりして世話をしていることに気づいて猫を捨てていく人もたまにいるらしい。ただそういう猫に関してはすぐいなくなるので、ちゃんと誰かが貰って帰ってるか保護してるみたい。

DSC_0954

だからじぃじ、ばぁばの家の周りにいるノラ猫はみーーーんな病気持ち。ちょっとした猫のホスピスのようになっているのでした。

この間お邪魔したときちょびっとだけ大人になっていました。5匹生まれていたのが、見られたのは4匹。1匹はカラスに取られてしまったそうです。自然は厳しい。

DSC_1035

人が来るとすぐに隠れてしまいます。倉庫小屋のスキマから、薪ストーブ用の薪を詰んでいるスキマに引っ越したようです。

DSC_1006

背中にグレーのシミ模様があるコも元気で走り回っていました。が、このコはもう症状が少し発症してしまってますね(;-;)鼻の先がボロボロに・・・・・・。

皆、足が速くて男の子か女の子かの判別もつきません。病気に負けずこの世の生を謳歌してね。

RAPTさんに神様が教えてくださったところによると、人間に生まれ変わりというものはなく、人間は死んだら霊体となって永遠に生きるそうです。この世で生きて善を行った分だけそれぞれの徳の積み立てに応じたレベルの天国に引き上げられて永遠に楽しく暮らし、悪人は生前悪を行った分だけ深い地獄に落とされ地獄で永遠にサタンの奴隷となって責め苛まれて生きるそうです。

動物たちの霊がどうなるのかという話は、まだ神様は私たちに説き明かしてくださってはいません。ですがもし動物たちの天国というのがあるのならこういうコ達もそこでずっと元気に幸せに暮らして欲しいな。と願う私でした。

せっかくなので、聖書の一説をご紹介させていただきますね。

ルカによる福音書 16.19-16.31「金持ちとラザロ」
「ある金持ちがいた。いつも紫の衣や柔らかい麻布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮らしていた。この金持ちの門前に、ラザロというできものだらけの貧しい人が横たわり、その食卓から落ちる物で腹を満たしたいものだと思っていた。犬もやって来ては、そのできものをなめた。やがて、この貧しい人は死んで、天使たちによって宴席にいるアブラハムのすぐそばに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。そして、金持ちは陰府(よみ)でさいなまれながら目を上げると、宴席でアブラハムとそのすぐそばにいるラザロとが、はるかかなたに見えた。そこで、大声で言った。『父アブラハムよ、わたしを憐(あわ)れんでください。ラザロをよこして、指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中でもだえ苦しんでいます。』しかし、アブラハムは言った。『子よ、思い出してみるがよい。お前は生きている間に良いものをもらっていたが、ラザロは反対に悪いものをもらっていた。今は、ここで彼は慰められ、お前はもだえ苦しむのだ。そればかりか、わたしたちとお前たちの間には大きな淵があって、ここからお前たちの方へ渡ろうとしてもできないし、そこからわたしたちの方に越えて来ることもできない。』金持ちは言った。『父よ、ではお願いです。わたしの父親の家にラザロを遣わしてください。わたしには兄弟が五人います。あの者たちまで、こんな苦しい場所に来ることのないように、よく言い聞かせてください。』しかしアブラハムは言った。『お前の兄弟たちにはモーセと預言者がいる。彼らに耳を傾けるがよい。』金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ、もし、死んだ者の中からだれかが兄弟のところへ行ってやれば、悔い改めるでしょう。』アブラハムは言った。『もし、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう。』」

聖書は捻じ曲げて教えれば当然胡散臭くなり、偽善的になりますが、正しく知識を得れば現代でも通じる生きる知恵を得ることが出来ます。

お金と知恵と聖書は正しく使いましょうw

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

広島と放射能と四つ葉のクローバー

DSC_1022

こんにちは、ASINIです。

しょーもない特技ですが、私は四つ葉のクローバーを見つけるのが得意です(^^)。上の写真、どこに四つ葉のクローバーがあるかわかりますか?

この写真のフレームには収めきれなかったのですが、この上にも四つ葉のクローバーがあったんです。このクローバーを見つけたのは「ゆにガーデン」から帰る時のお蕎麦屋さん。すぐ駐車場のすぐ隣が畑になっていたんですが、その脇のクローバーに四つ葉がありました。

私の家の近所ではあまり四つ葉のクローバーが見つからないのですが、ここではたくさんありました。なぜでしょう?すぐに考え付くのは隣の畑からの影響。「肥料か除草剤などの農薬か」でしょう?

でも実は畑の近くだからって四つ葉が多いとは限らないんですよね。たまにタンポポでも複数の花がひとカタマリになったような「突然変異か奇形か」花茎があるものがありますが、それも畑の近くではないんです。案外市外の道路の真ん中だったりします。だから「奇形=農薬」でもないんですよ。

ちなみに四つ葉のクローバーは見つかりやすいところでは毎年見つかります。見つからないところでは毎年見つかりません。別に研究したわけでもないので100%断言はできませんが、おおよそそのように言えると思います。この説は小学生6年間の間で毎日通っていた通学路と、当時近所にあったクローバー畑と化した駐車場で得た結果ですw四つ葉はが見つかるのは毎年ほぼ同じところなんです。

農薬で無ければ排気ガスの影響かな?とも考えそうですが、同じ道路沿いでもある所と無い所があるんですね。同じ道路沿いの並びなので車の交通量はかわらず、排気ガスを浴びる量は変わりません。土質も同じ道路沿いで一部だけ違うところの土とは考えにくいですよね。

では何が違うんでしょう?クローバーと呼ばれる植物、「シロツメクサ」と「アカツメクサ」どちらも多年草です。そしてタンポポも多年草です。変形タンポポも毎年同じ場所で変形して咲いてます。2本分合体とかw3本分合体とか。凄い時にはそんな花茎が3~4本同じ株から同時に出ていたりします。

ということは、その「固体の株」自体が四つ葉をつくりやすい「株」、変形しやすい「株」なんですね。人間でいう「特異体質」みたいなもんでしょうかw一度四つ葉を見つけるとその同じ場所でいくつも見つかりだすのは、そういうことです。まぁその当時はこんなこと考えもしませんでしたがww

小学生の時は学校の行き帰りの通学路や、学校から帰ってきてシロツメクサが沢山植えられている近所の駐車場の脇の草むらでいつも四つ葉を探しては押し花にして遊んでました。ちなみに四つ葉が多いところでは5つ葉や6つ葉、たしか最大7つ葉も見つけました。枝分かれしやすい遺伝子でも持ってたんでしょうね。その株は。

なので、この上の写真の場所も2本だけでなくもっと探せばさらに見つかったでしょうね。「奇形を出しやすい遺伝子を持つ株」どこでならたくさん見つかるでしょう?

植物の品種改良には放射線を当てる方法が存在するようです。

放射線?ということは「放射線」が高そうな地域では四つ葉だらけのクローバーがあるかもしれませんね?昔、とあるマンガの1コマで原子力発電所の近くのクローバーが四つ葉だらけだったということが書かれていたことがありました。この話が経験から基づく実話であるならば、その可能性は高そうです。

と、いうわけで昔「厳島神社」を見たくて広島に行った時、原爆ドームの周りにシロツメクサがたくさん生えていたので旦那に時間を貰って「四つ葉以上の葉を持つクローバー」を必死に探したことがあります。だって、放射線って元に戻るのに相当な時間が掛かるって聞いたことありますよね? なのでそこでならたくさん見つかると思ってたんですよね。 今ぱっと調べたら300年と書いていたサイトがありました。ならば放射線量は他の地域よりも高いはず。さて、その時の結果は・・・・・・。

収穫ナシ。

1時間探しても四葉は一本も見つかりませんでした。原爆ドームの周りだけではなく平和記念公園の他のところでも注意してみていたのですが全然見つからず、収穫はゼロ。クローバーの寿命(?)は3~4年くらいと書いているサイトがありました。その間ずっと野外で高い放射線を浴びているハズのクローバー、なのに、まったく放射線の影響はナシということ。昔読んだマンガの1コマも現実に基づくものではなかったんでしょう。

そういえば、RAPTさんのお弟子さんのKAWATAさん。広島県出身で被爆3世だそうです。たしかタレントの吉川晃司さんもそうだったはず、被爆の影響どころか美男美女。

毎年、終戦記念日に広島の映像とか流れるし、無念な霊とかたくさんいて何となく暗いイメージの土地なのかな?って勝手に思ってました。広島の皆さんすみませんm(__)m。

DSC_0071

でも、実際行ってみると空はどこまでも美しい青。あまり北海道では見られないような「真っ青な空」。海外の方もたくさんいてインターナショナルでおしゃれ雰囲気。明るく美しい町並みと人々。おいしいごはん。最高でした。広島。また行って見たいなあ。

平和記念資料館に入ると鈍い私でも若干キましたが、一歩資料館の外に出てしまえば相当敏感な人で無い限りは影響なし。 心配していた「霊」の影響もなし。不思議。どころか霊的にもすごく明るい土地でした。

この間、福島のお米が美味しいお米に選ばれていたし、放射能が怖いというのはウソでいいんじゃないですかね?

福島で奇形を持ったお子さんが生まれたっていう話も聞かないし。情報統制がもしもあったとしても、そういう悪いウワサっていうのは「人の口に戸は立てられない」という慣用句があるとおりどこからともなく広がるもんです。それが聞かれない、ということは実際ないんでしょう。

ちなみに私のいたお店のお客さん何人か「福島の復興作業の給料が破格に良いから行って来る」と言って現場に行った人がいました。帰って来た当時、一人の人物の顔と手にひどいアトピーのようなものが出来ていましたが今はきれいになくなりました。そして彼らは現在もめちゃくちゃ元気です。

じぃじの兄弟が津波被害がひどかった地域のすぐ近くにずっと住んでいます。旦那もたまにそこ在住のいとこから連絡を受けたり、被災お見舞いに行ったりしてましたが、放射能の影響に関する話は一切聞いてないそうです。その人たちもしっかり元気ですしね。

そういう人達がたくさんいるでしょうから、悪い話があれば聞こえてきそうなもんです。人間ってそういう秘密なようで秘密でない「ココだけの話」好きじゃないですか。だからそんな話があればウワサは広まるんですよ。

「子供たちに甲状腺ガンが割りあい増えた」という話は少しどこかにのっていましたが、放射性ヨウ素の影響を受けさせないために服用させた「ヨウ素」の副作用に「甲状腺ガン」て記述あるじゃないですか、(今は消されてたりして(^^;))本末転倒だよね。かわいそうな子供たち。

結局こういうことじゃないでしょうか?

RAPT×読者対談<第66弾>電磁波も放射能も宇宙も危険ではない可能性大。

RAPT×読者対談<第100弾>原爆はただのマグネシウム爆弾。石油の原料もただの海水・・・・・・

RAPT×読者対談<第69弾>科学の嘘はすべて原発に通ずる。

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(1)KAWATAのブログ

原発も原爆も存在しないと断言できる幾つもの証拠(2)KAWATAのブログ

【原発利権の闇】稼動していない原発から毎年1000億の収益を得る企業・日本原子力発電 KAWATAのブログ

と、今日は珍しく真面目な話をしました(^^)。もうすぐスーパーに【福島県産の桃】が並ぶ時期ですよね。もう並んだかな?

そういうわけで今年も美味しく【福島県産の桃】をちびすけ(3歳児)ともども家族みんなで美味しく食べさせていただきます(^人^)

ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

ちびの居ぬ間にーその2

DSC_0955

こんにちは、ASINIです。この間じぃじの家に遊びに行ったらノラ猫の子供が生まれていました。可愛いwちび5匹でした。

さて、ちびと言えばウチのちびすけですが、毎週2回プレ幼稚園に通っております。幼稚園バスも最初は泣いていたのですが、今はもう泣かずにバスが来るのを今か今かと待ってバスが到着すると駆け寄っていきます^^

ちびの通う幼稚園はとても広くて明るい園庭があるんです。園児の畑もあって年長さんくらいになるとその畑で野菜を育てたりしています。
うちのちびすけ、その明るくて広い園庭でずっと遊びたがっていました。
最近天気の良い日が続いて、その公園で何度か遊べたのがすごく嬉しかったようです。それまで幼稚園バスが来ても逃げてしまって「幼稚園行かない」と泣いていたのがウソのように、喜んで幼稚園に行くようになりました。

ちびを無事に送り出すと、彼の居ぬ間に公共の体育館へ行きます。エアロバイクやランニングマシンなどで有酸素運動にはげみ、心肺能力を高める為に頑張っているわけなのです。が、前回ランニングマシンのスピードを8.0にしたところで30分完走できず、途中で歩いてしまいました。呼吸はきちんとできたのですが、足が上がらなくなってきてもつれて転びそうになったので5分ほど歩きそれから走るということをしました。

うーん、体力不足もありますが、これ以上のスピードでランニングするには足の筋力が足りなさそうです。なので私には今後、筋トレも少し必要なようです。

さて、今日もちびすけを送り出したので体育館へ・・・・・・と思いきや、あいにくの雨。風もそこそこ強くて傘を差して歩くのもちょっとしんどい。

そこで、今日は体育館に行くのをやめにしました。え?三日坊主ですって?

いや・・・・・・確かにちょっとランニングに飽きたかといえば飽きてます(^^;)基本的に運動嫌いな私のような人間は成果が見えないとすぐ運動に飽きます(苦笑)。

ランニングやエアロバイクってたんたんと単調な運動するだけなので、運動嫌いの人間にとっては精神力も問われますよね(^^;)ある種、修行みたいな・・・・・・。

しかも前回ちょっとつまづきましたし・・・・・・。

というわけで今回は体育館に行くのをやめました。

でも運動はやめていません。今日は家でちょっと目先を変えて・・・・・・
「ビリーズブートキャンプ」
をすることにしました。

懐かしいですねえ。私この「ビリーズブートキャンプ」のブームが終わりかけた頃に4枚組みDVDセットを特価で購入して一時期頑張っていたことがありました。
「コンバットとエアロビと有酸素運動と筋トレ」が組み合わさったような内容なのでDVD見ながらけっこう、というかかなりの運動ができます。これはこれできついです。そのDVDをずっと押入れにしまいこんであったので出してきて今日は「ビリーズブートキャンプ」をやってました。

いやー運動全般に言えることですが、ひさしぶりにやると全然身体が動かないもんですね。ジャブやキックの動きもオタオタして、情けなくて。絶対に人には見せられませんww

これからは天気の良い日は体育館、天気の悪い日は家でブートキャンプの2WAYでやっていくことにしようと思います。人間飽きない工夫は必要です。特にわたしのような運動怠惰な人間にはww

有酸素運動で心肺能力と身体を鍛えれば人間「脳」もしっかりとして「ボケ」も防止できるそうです。

主曰く、【水・酸素・塩・糖分】が人間の健康にとってな重要なものだそうです。その上普段から主に祈りを捧げて主とつながっていけば【知能】も年齢関係なく上がりボケず、身体もしっかり鍛えれば人によっては80歳くらいまでバリバリ健康で元気に生きられるそうです。

超高齢・少子化社会と言われるこれからの時代、歳をとってもバリバリ元気で楽しく過ごせるようにしたいですよね。

ちびすけが20歳になる頃には私は60歳近く、ちびすけが社会に出ようとする時に母親の介護でしばられる・・・・・・そんなことにならないように、頑張りたいと思います。

ではでは今日はこのへんで。ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

ちびの居ぬ間に・・・・・・

DSC_0804

こんにちは、ASINIです。

うちのちびすけが、プレ教室に通うようになったのでずっと計画してたことを始動することにしました。

それは・・・・・・体力づくり(^^;)

数年前にほぼ自力で立てないほどに筋力が衰え、【重症筋無力症の疑い】で一ヶ月ほど検査入院していたことがあったのです。

結局検査結果は【重症筋無力症】には当てはまらず、「原因不明」。何の病気かもわからぬまま「安静に暮らしてください」とだけ言われ退院してきた私。

それから徐々に体力を回復し、子供を生み育てるまでに回復したのですが、

やっぱり同じ年代の女性と比べても体力の無さは歴然(;;)。

去年の中ごろまでは、ちょいちょい寝込み、子供も諦めて隣で寝てたりなんていう光景もありました。 日々の生活でいっぱいいっぱい、それどころか子供の世話だけであとは何も出来ず転がっているだけ(^^;)。家の掃除は旦那が家の汚れに我慢できなくなった時に自分でする。というような申し訳ない生活をしてました。

ですが、【創造主であられる神様ヤハウェ様】とつながる方法を知って信仰をしてからというもの、驚くほどに体力がつき、生活に体力的な余裕まで出てきました。

そして入院していたころからもあまり症状が回復していなかった右手。握力が全然もどらず、持っているものも気を抜くと落としていた右手。字を書くとなんとか解読できる文字を書けるのが4文字くらいで、後は英語の手紙みたいな文字に・・・・・・自分の書いた文字なのに三日後には全く何を書いたのかすら分からない文字しか書けない。そんな右手がいつの間にか良くなり、字が少しずつ書けるようになり、今ではノート1ページに字をびっしり書いても平気になりました。しかも罫線をはみ出すくらいの大きな字しか書けなかったのが、その罫線の半分くらいの小さい字がすらすら書けるようになりました。

そんな奇跡が次々と起こっている私ですが、すでに40代。子供が成人する頃には60に手が届く・・・・・・(^^;)。

動けるようになったから、動けるうちに体力をナントカせねば!!
子供が働き盛りになった頃、介護で退職を余儀なくされる。
自分の息子にそんな辛い思いはさせたくないので(^^;)

そんなことを考えられるような体力のと時間の余裕が出来てきたので、運動嫌いの私ですが一念発起して体を鍛えることにしました。

そしてこれは神様が代弁者であるRAPTさんを通して言っておられたのですが・・・・・・。

人間、アスリート並に体をしっかり鍛えると80歳くらいまでは元気でバリバリ動けるんだそうです(@0@)
そして神様の知識を蓄えて、正しい脳の使い方をすると、脳もボケるどころかどんどん知能があがっていくそうです。さすがに80を越してくると人によっては徐々に衰えていくそうですが。
【私はそのように人間を造った】
と、造った人【神様】が言うんだから疑いようがない!
そして脳と体の健康に必用なのは【酸素】有酸素運動だ!と。

そういうわけで、ちびの居ぬ間、とりあえず今の所は週2回ですが有酸素運動を中心にやっていくことにしました。【体力づくり】

やろうと思い立ってみるとなんと、ちょっとジョギングでいける範囲に安く運動できる場所が!そして、行ってみると有酸素運動できるマシンが8割、筋トレマシン2割という理想的なラインナップじゃあ~りませんかw
さらに、男性には男性のインストラクター、女性には女性のインストラクターが軽い説明とアドバイスをくれるww
なんですか、このすでに、すべて備えてある感じwさすが【主】。すべて計算済みですか。もうひれ伏すしかありません。m(__)mハハー

とりあえず、初日時速6.5kmで30分、距離にして3kmランニングマシンでランニングして、それからエアロバイクで20分。いやー頑張ったw

しかも私がエアロバイクやってる時私の目の前のランニングマシンにて、とんでもない速度なのに軽快に走り続ける男性が!

私が全力疾走してついて行こうとしてもあっという間に見失うレベル(>△<)
凄いお兄ちゃんがいるなー、RAPTさんてあんな感じやろか、あれに付いていくのは至難の業や(;;)なんて思いながら見ていると、その人がランニングを終え大してかいてもいないさわやかな汗をタオルでふきつつ振り向いたーーーーーーーー

どうみても私より10歳以上年上の男性!!(@O@)。

いやいやいや・・・・・・20代のお兄ちゃんでも根をあげる速さですぜ、それをさらっとさわやかに、「あー軽いウォーミングアップ終わったわ~」みたいな涼しい顔で・・・・・・。

あの人はプロやこんな田舎の小さい運動施設にいるはずがないくらいのアスリートや・・・・・・。

神様の証言をしっかりと肯定するような人物の出現に、「神様わたしにあのレベルを要求してはいません・・・よ・・ね?」と、かなり弱気になるわたしでした。

まぁでも、これだけ環境を整えてくださってるんだから、週2だけど頑張るかー。

と、ビビりつつも心に誓うわたしでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

第二ブログ開設しました^^

DSC_0242

どうもこんにちわ。わたくしASINIと申します。

このブログはふたつめのブログです。
ひとつめのブログでは、【私たちの創造神であるヤハウェ様】と【RAPTさん】のお話や、私のオカルト知識と経験からの色々なお話をしています。

この日本では少しでも宗教的なお話をすると【カルト?】なんて思われて敬遠される方も多いと思います。 なので、このひとつめのブログだけだと、人によっては私が相当な【ヤバイや~つ】に見えてしまうかな?などと思い立ち、この第二ブログを立ち上げました。

このブログで私がいかに【普通のおばはん】かわかっていただけたらなー、と思っています。

『元オカルトマニアで、アニメ・ゲーム好きだった、一児の母(40代)微妙に普通とはいいがたいような・・・・・・(^^;)』

いやいやちょっとキャラの濃ゆいくらいの一般的なおばはんですよ。わたしはw
さて、今私に『』で茶々入れてきたやつ、ひとつめのブログを読んでくださっている方はすでにご存知かと思いますが、ここにもたまに茶々入れにやってくるかと思います。

『アイです^^ひとつめのブログでは最近出番がなくなってきたけど、ここではちょくちょく顔だせたらいいなwと思ってます。よろしくです。』

基本的に私の拙い文章のツッコミ&つなぎ役としてお考え下さいww

こちらでは、私の日常を書いていきたいと思ってます。趣味や、ごはん、北海道の自然の風景や観光、庭づくりなどの園芸。そんな記事をちょくちょく更新していきたいと思ってます。

それではこれからよろしくお願い致しますm(__)m

私のひとつめのブログはこちら。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を