秋の支笏湖ー2019.9月末ー

樽前山と支笏湖

こんばんは、ASINIです。先日までノースサファリサッポロでの写真とお話を紹介させていただいてましたが、実は支笏湖も訪れていました。支笏湖、色々なキャンプ場があったり、観光バスなどが訪れる大きな場所があったりしますが、今日訪れたのは「ポロピナイ」という所。

DSC_3787

こちらはそのポロピナイから見た山の紅葉具合。
私たちが訪れたのは「9月末」まだまだ紅葉には早い感じでしたが、今頃は色づいているのかなぁ?

あくまで私個人の狭い経験の範囲の意見ですが、北海道は「紅葉」よりも「黄葉」が多い気がします。まぁその年その年の気候などにも左右されるでしょうが、本州のように一面山が燃えるような「紅」は見たことがありません。なので私にとって山一面の紅葉は憧れの景色だったりします。黄色も多いけれど、年によっては枯葉も多いし、針葉樹林による緑色も多いんですよね(^^;)。ちなみに今年の北海道じゃらんの紅葉特集にも北海道は「黄葉」が多く「紅葉」が多く見られるのは珍しいスポット。などと書かれた紅葉スポットがあったので全体的にも「黄葉」が多めなんじゃないかと思います。

しかし今年、私個人的に淡い期待をかけている植物がありまして、それが下の写真で赤い色を出しかけている「ヤマブドウ」。ヤマブドウは大体赤くなります。今年私の住んでいる周辺地域、活動している地域ではたくさんの草花、樹木の花が旺盛に咲き誇りました。その中でも物凄い勢いを見せていたのが、「ヤマブドウ」のツルと「クズ」のツル。支笏湖周辺であまり「クズ」は見たことないので「ヤマブドウ」でワンチャン紅多めの紅葉になってくれないかな~などと思っております。
ただ、ヤマブドウの葉の紅葉っていつもこの写真のように他の植物よりも「早い」んですよね。この葉がどう残ってくれるかなんですよね。場所によっては既にワインレッドのように美しく色づいている個体もありましたし。
右下で明るいグリーンをした群生は「オオイタドリ」です。このコたちは黄色くなるのが多いですが、赤く色づいてくれる時もあります。

北海道在住のG.S仲間さんから聞いた話によると、北海道の紅葉の当たり年は10年に一度といわれているそうです。

DSC_3789

さて、ポロピナイには一軒ずつの貸しボート屋や飲食店がありまして、その貸しボート店にとてもおりこうで大人しく可愛い看板犬がいました。

DSC_3783

大きなもふもふのワンちゃん。お名前は(聞いても忘れちゃうので)聞き忘れました。すごくしつけがしっかりとできていてトリミングやシャンプーもばっちり。清潔でふわふわもこもこのワンちゃんでした。オーナーさんの愛情が伺えます。

もう一つ面白かったのがこちら。支笏湖の湖面を覗き込んでみるとたくさんの「チップ(ヒメマス)」湖水の透明度がわかりますね。
そして貸しボート屋さんが展示していたヒメマスの水槽。
ここのレストランではチップ料理も楽しめるそうです。

ちびすけの希望で足こぎボートを貸してもらい、旦那と二人でペダルをこぎだしました。ちびすけは真ん中のハンドルを握りいざスタート。今になって気づきましたが、ちびすけ実は「ハンドル」に惹かれたようですww

ここポロピナイで初めてあった花がありました。

DSC_3791

おそらく「ヤマハハコ」。「カワラハハコ」と悩んだんですが。両方見たこと無いと同定が難しいパターンのコだったのでなんとも。葉の反り返り方がポイントらしいのですが、北海道にはその中間型も存在する。と。うーーん、初見のシロウトでは正確な見分けはムリww

白い紙細工のようなドライな質感の花が、太陽の光に照らされて美しかったです。

秋の支笏湖ポロピナイのご紹介でした。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

宝石のような実をつける樹木?!-ノブドウ-

DSC_1408

こんばんは、ASINIです。
大分過ごしやすい気温になってきました。秋が近づいてきましたね。色々な植物が実をつけ、葉が赤や黄色に彩られる鮮やかな季節です。そんな中、ひときわカラフルな実を付けることでしられている植物が、「ノブドウ」です。

その実の色は白や赤紫、青、紫など本当に色とりどり。実はなぜそんな色になるのか、未だにはっきりと確実なことがわかっていないようなんです。そんな神秘的なノブドウを本日はご紹介したいと思います。最初の写真は「ノブドウの花」見つけた時期が早すぎてまだほんの少ししか咲いていません。おわかりになるでしょうか?中央下の部分、星のように開いている2つの花。これがノブドウの花です。

ノブドウは「宝石」とも呼ばれるその美しい実とは裏腹に、とても小さく地味な花をつけます。黄緑色でガクのようにみえますが、5枚花弁を持っています。その花弁はすぐに落ちてしまうそうです。

いまご紹介しているのは浜辺探索で見つけたノブドウ、毎月、色づくのをいまかいまかと心待ちにして訪れるたびに観察していたのですが、なかなか色づかず(^^;)

DSC_2591

こちらがその中々色づかない、ノブドウの未熟果。小さな黒い粒々はノブドウではよく見らるものです。この種すべてにこのドット模様があるのかと思っていたら、どうやら無い個体もあるようです。ノブドウは実がメインwなのに中々その場面に出会えず、やきもきしていると・・・・・・見つけました!!

DSC_3179

これらが「ノブドウの宝石」です。これは浜辺の個体ではなく、ちょっとした山の斜面に大きな株か、群生になって生えていたものです。このツヤツヤとしたなんともいえない色味の果実。これがノブドウの醍醐味ですww

DSC_3160

この可愛い果実たちは、先ほども言いましたように、なぜこんな色になるのか、はっきりとされていません。色も大きさもまちまちです。今の所確実なのは最初の状態が緑色の果実。そして、熟した種が入る果実は白くみずみずしい果実(液果)。写真上には残念ながら白い液果はみられません。では、他の様々な色の果実はなんなのかというと、これが諸説あってはっきりしない部分なんですね。

DSC_3178

「ノブドウ」実はこの果実に寄生して育つ虫がいます。その寄生する虫というのもちょっとネットを探すと、ブドウタマバエ、ブドウトガリバチ、ノブドウミタマバエ、ブドウトリバ様々です。そのうちブドウタマバエ、ブドウトガリバチは古めの文献で記述がありますが実在しないと書かれ、ブドウトリバは北海道にはいないといわれています、なので、ここでは「ノブドウミタマバチ」という虫が寄生するというのが正しいのかな?これらの虫が悪さをして入り込んだ実「虫えい」というそうなのですが、それが膨らみ大きめのものとなり各色になるのだという説。
青や紫が虫えいで、正常の実は赤と白になる説。など様々な諸説があるのです(^^;)。ややこしいので、ネット上でも何人かの方が調べようとしてくださっていたのですが、こんなにたくさんの実を全て割るわけにもいかず、とりあえず「白い液果」は正常なのはわかった。という結果に落ち着くようです。

写真で見える果実の中でも所々へこんでいたり黒っぽく変色している部分がみられますね。あれが虫えいなのでしょうか?完全な白い果実だけでなく、白っぽい果実にも種があることもあるようです。もう、なにがなんだかわからないですね。

浜風や日光の厳しい浜辺のノブドウが膨らんできても色づかず、山の斜面で日陰になっている果実が小さめのうちから様々に色づいている・・・ことからするとやはり虫は無関係ではなさそうです。虫が果実一つに一個卵を産むのならその卵を産み付けられたことでPH(ペーハー)が変わるか、何かポリフェノールのようなものが作られて色が変わるんですかね。そして卵が孵化して育ちはじめれば虫えいに、孵化率はあまり高くはないんでしょうね。(^^;)。

しかし、この美しい果実達に全て虫がいるかもしれない・・・・・と考えると気味が悪くなってしまいますので、「ノブドウ・・・その実の色は神秘」というあたりで私は着地しておきましょうかねww今更ではありますが。

それでもやっぱり気になっちゃうんで、近いうちどこかの大学が研究所でしっかりと研究してハッキリして頂きたい気持ちも無きにしも非ず。

うやむやのままでいてほしいのか・・・はっきりしてほしいのか・・・どっちつかずの女心と秋の空。ということで、本日はこの辺にしておきましょうかね。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

よく見る花なのにあまり見たことない植物w-タチオランダゲンゲ-

DSC_1484

突然ですが、皆様こちらの写真を御覧下さい。なんの花だと思いますか?
シロツメクサ?モモイロツメクサ?それとも・・・・・・白い花のアカツメクサ?

野花に少し詳しい方ならちょっと答えに詰まるのではないでしょうか?

DSC_1492

こちら真横から撮った写真です。そして下にご紹介したのが私が以前撮影した白い花の「アカツメクサ」。この白花を安定させた園芸品種では「雪花詰草」という素敵な名前がつけられています。このような野草ですと「シロバナアカツメクサ」と呼ばれるものですね。さて、この下の白いアカツメクサと比べると表題の花は花が小さいですね。そして真っ白ではなくうっすらと赤、赤い色の小さな花と白い色の小さな花が入り混じっています。さらに、アカツメクサに見られる花のすぐ下につく葉がありません。一応、全く無いわけではありませんが、花のすぐ下ではなく何か間延びしてたような場所についています。

DSC_1033
DSC_1317

上の写真。こちらは「シロツメクサ」、このシロツメクサの花ほんのり赤や薄赤に染まっていることがあります。その染まり方は小さな花ごとではなく、個々の小さな花にグラデーションがはいるように「染まる」感じです。
そして何より「シロツメクサ」は花茎と葉茎が別々で枝分かれせず一本の枝に葉も花もそれぞれ一つ、一組(3枚)です・・・・・・
の、ように見えますが、実はシロツメクサはその花茎と葉茎をつなぐ茎が存在して地面を這うように伸びています。その這っている茎を立ち上がらせたらちょうど上の写真にそっくりです。

そう、このシロツメクサ立ち上がっているんですw
花の色味の付き方こそちがえど実となった姿もシロツメクサと同じ。

DSC_1507

たまにこういう花の色の付き方するシロツメクサがあるかもしれないし、環境によっては立ち上がることもあるかもしれない・・・・・・そう自分を納得させて帰りました。

帰ってきて図鑑を調べてみると「タチオランダゲンゲ」という品種だということが判明しスッキリ!!G.Sに投稿してみると比較的新しい帰化植物なのか、それとも皆さん私のようにたまたまこういう個体なんだろうとなんとなく自分を納得させていたか、もしくはシロツメクサだと思い込んで通り過ぎているのか、誰も登録されていませんでした。なので初登録させていただいたのでした(^^)v ヴイ
実は私はこの個体、新しく作り直された港の奥の空き地で発見しました。色々なものが運ばれてきて出入りしていたのでどこからか運ばれてきたんでしょうね。以前ご紹介した「ホソノゲムギ」といい、今回の「タチオランダゲンゲ」といい、比較的新しく作られた港というのは、新しい帰化植物を見つける良いスポットなのかもしれません。

DSC_1501

では名前が分かってスッキリしたところで、最後にG.Sの皆さんが一番「いいね」をくださった写真をご紹介して今日は終わろうと思います。この紅白の入り混じる感じ可愛いですよね。またどこかで出会えたらいいなあ。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

あ、そうそうこのあいだ「京アニ放火事件の真相について」の動画が配信されていました。あの不審な点ばかりの悲しい事件。その真相を知りたい方はこちらをどうぞご視聴ください。
【京アニ放火事件の真相】安倍晋三の加計学園に関する汚職収賄容疑隠蔽のため!!KAWATAとNANAのRAPT理論( You Tube )

浜辺の冒険w part6-2019.6月~7月末-

DSC_1378

すみません、しばらくご無沙汰してました。ASINIです。
別に今回は体調どうこうではなく、単純に旅行してました。その間また色々秋の植物を見つけてきましたので、またどこかでご紹介しますね。

さて浜辺の冒険編も今日で一旦ラスト。ご紹介できていなかった浜辺と、近辺で見つけた植物を一気にご紹介します。

まず一番最初の画像、こちら「オニハマダイコン」という植物。ぷくぷく膨らんだ部分が実のようです。非常に小さな白い花は虫でも止まっていなければ気づかないほど。実際私はこの花が咲いているのがわからず、飛んできたモンシロチョウがちょこちょこと羽を休めるようにとまっていることで気づきました。下の画像中央の4弁花がこのオニハマダイコンの花です。

DSC_1357

そしてこちら、下の2枚が「ハマエンドウ」とその実です。実の画像にはハマエンドウの葉も花も見当たらず、代わりにハマヒルガオの葉が写りこんでいますが、ハマヒルガオの実は以前ご紹介したので違うことが分かります。今年は花に出会うことが出来ず残念でした。来年以降の課題にしたいと思います。

DSC_2594
DSC_1403
DSC_2595

そしてこちらが「コウボウムギ」だと思われるもの。浜から少々離れた砂浜に群生しておりました。コウボウムギは雌雄異株で雄花と雌花があるそうですが、写真のものは雌花序に似ています。

DSC_1358

あ、そうそうこちらの可愛いお花、黄色い野の花たちでご紹介した「ハマニガナ」も浜辺で見つけた植物です。 割愛しようかと思ったのですが、同じ浜辺で生息していたものなのでやはりご紹介することにしました。

いかがでしたか?浜辺の冒険シリーズ。浜辺にはその辺の道端とは又違う植物もたくさんいました。なかなか多肉質なコたちも多かった気がします。
いつか機会があれば、またどこか別の浜辺散策をしてあらたな浜辺植物にであいたいものです。ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

浜辺の冒険w part5-2019.6月~7月末-

DSC_1709

海辺のノラニンジンの群生

おはようございます。ASINIです。今日は砂浜からちょっとだけ距離を置いたところ浜辺と街の境目のようなところで見つけた面白いもの。植物をご紹介します。

DSC_1440

まず私がいつも散策している港、そこは近年作り直された港なんです。その港の空き地が今年、この植物に覆いつくされていました。
「シロバナシナガワハギ」
もう、この港に行く道路の脇にもずっっっ・・・・・・と「シロバナシナガワハギ」。
そして、その番長にケンカを売るのが一番上の写真の「ノラニンジン」。
だからほぼ一面真っ白ww

そしてその中にちょぼちょぼと以前ご紹介した「シナガワハギ」が間借りしています。

DSC_1308

これらこれらほとんど背丈くらいからそれ以上ある高さ。そのなかにたまに小さいミニチュアサイズのシナガワハギもあったけれど背丈近くが全部白いともう威圧感が違う。その威圧に負けてふと足元をみるとそこにも美しい花が・・・・・・

DSC_1352

美しいブルーのグラデーションの花を咲かせる「クサフジ」。一面の白、時々黄色そして下をみればブルーグラデーション。そして港からちょっと離れた新しい道路の土手を見れば一面ピンクの「アカツメクサ」・・・・・・と言いたいところなのですが、残念ながら上の画像のようにアカツメクサの全盛期は終わり、かなり茶色くなっていました。それでも十分にぎやか。私のような野花好きにはたまらん状態。

DSC_1449

6月初めの一面のアカツメクサから6月末から7月のこの花祭り状態を毎日散歩できるならこの地域に移り住んでも良いなと思ったほど素晴らしかったです。ただ、実はこれらの草花、別に海でなくとも会えます。でもこの「野の花ヒャッホー状態」をどうしてもご紹介したくて、記事を書かせて頂きました。

さて次回でこの浜辺の冒険シリーズを一旦〆させてもらおうと思います。ではまたお会いしましょう(^^)ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

浜辺の冒険w part4-2019.6月~7月末-

こんばんは、ASINIです。今日は浜辺で見つけた「多肉ちっく」な植物たちをご紹介したいと思います。

まずこちら「オカヒジキ」。食べられるそうです。葉(枝?)の根元についているちいさな黄色ぽい粒粒こちらが花です。そしてつやつやの丸い緑色の粒、これが実になります。このブログ上で何度かご紹介したかもしれません。まだ私は食べてないです。シャキシャキしておいしいらしいのですが(^^;)

DSC_1419

で、下の画像。今まで何度かご紹介した「ハマヒルガオ」何か渋皮つきピーナツのようなものがくっついています。これが実のようです。

DSC_1375
DSC_1414

そしてこの上の写真、とても美しい多肉質の植物。発見した当初は実はおろか、つぼみも花もまったく付いておらず、判別できずに今までご紹介を保留しておりました。このコのために今頃浜辺探索の記事を書かなかったようなものですww

DSC_1413

いかがですか?この美しい繊細でパステルカラーの葉。実は先月(8月)初めにまたここを訪れたときに正体が判明しました。

DSC_2586

花が付いていました。この花は見覚えがあります。やっと特定することが出来ました。こちらは「ウンラン」。葉も素敵だし花も可愛いww
できればお持ち帰りしたいところですが、実はこの浜辺にはこの個体ともう一個体しかありませんでした。 沢山群生していれば一株くらい持って帰りたかったんですが 、ウンランの自生地も少なくなっているとあって、ここはノドから出た手を引っ込めてそっと見守ることにしました。多肉質な見た目ですが、枝を折っていっても根がつく保証もないですので本当に優しくこそっと見守っておきたいと思います。

美しいですがここだけならそんなに目立つことも無く、他の人が掘って持っていくこともないでしょう。悪徳業者がもっていくような希少種でもないでしょうし。
これからたくさん増えていってくれることを期待しますww

いかがでしたでしょうか?今日は浜辺の多肉質な葉や身体をもつ植物をご紹介しました。次回は浜辺少し離れた所で見つけたものをご紹介しますね。ではまた次回part5でお会いしましょう(^^)ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

浜辺の冒険w part3-2019.6月~7月末-

DSC_2619

こんにちは、ASINIです。今日も浜辺で出会った面白いものをご紹介していきたいと思います。こちらの写真は台風一過の海と空。

DSC_1371

こちらは「テンキグサ」ではないかと思います。すっかり台風の波で浜辺の砂が削られ茎がむき出しになってしまっています。

DSC_2585
DSC_1425

浜辺には色々な物が流れ着いていました。これは趣のある大きな流木。なんの樹かは分かりませんが、ねじれて面白い形をしているうえに良い色合いをしていました。こういうの欲しい人いるんだろうなぁ。ですが私の背丈の半分はある大きなものだったので持ち帰ることが出来ず、残念(;.;)。あ、画像の端っこに移っているのはこの流木を見つける前に発見しゲットした。キレイに削って磨けばよい看板かまな板になりそうな板切れww板切れの方は持って帰ってじぃじにプレゼントしました。

そういえば、もう機構は秋めいてきて、そろそろシャケ(鮭)が川を遡上する季節ですね。この近くにサケが上る河口があります。それが下の写真。台風後の写真なので川からけっこうな濁水が流れてきたのでしょう、海側の水がかなり濁っています。
尚、この川の流れの強さは元々です。この川の上流に水力発電があるので、それが稼動している間はこのような強い流れです。こんな流れの中をシャケは登って行きます。人間はほぼムリです。実際に昔、何件かここで水難事故が起こっているそうです。人間の方はやめておきましょう。今日はあまりにも流れが強いので何もいませんでしたが、天気の良い日、暑い日などにはカモメ達がサーフィンして遊んでます。

DSC_2640

今日は台風直後の海と浜辺で見つけたものをご紹介しました。浜辺の冒険まだまだ続きます。また次回お会いしましょう。ASINIでした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論