秋の洞爺湖と、とうや湖月浦ワイン&グルメ祭り2019(2019.9.22)

DSC_3572

こんばんは、ASINIです。

私ここ半年くらい週に2度ほど、体力&筋力作りのためジム通いをしていました。なのですが、この間無理がたたったのか、右足の付け根を傷めてしまいました。寝るのも立つのも座るのも痛くて、自分で靴下の着脱も出来ない状態でうめいてました(^^;)。なのでブログが書けない状態でお休みいただいてました。

あ、すみません。ちょっとここで広告挟みます、お付き合いください(^^)。目障りだ!という方は読み飛ばしてくださっても構いません。
 私の敬愛するRAPTさん、KAWATAさん、NANAさんが今年の1月に福島第一原発付近で動画を撮影し、その模様を昨日YouTubeに投稿されました。色々と考えさせられる動画となっていますので、御覧くだされば幸いです。
【福島第一原発に行ってみた!!】やはり原発も放射能も存在しなかった!! KAWATAとNANAのRAPT理論(YouTube)

ここから本文です。
大分、日数が経過してしまいましたが、2019年9月22日(日)開催の「とうや湖月浦ワイン&グルメ祭り」に行ってきました。私はワイン飲めないし、禁酒しているのでもっぱらグルメを楽しみに行ってきました。

ちょうど会場についた頃、地元の高校生のブラバンが演奏していました。会場は大賑わい。心配されていた天気(台風が近づいていて今日来るか明日来るかという状態だったよう)もさほど悪くなく、めいめいが今年出来たての月浦ワインを楽しんだり、地元名産物のグルメを楽しんだりしていました。

そんななか、ちびすけが何か気になった模様・・・・・・?

聞いてみると、

「ち~君、このお城の船に乗りたい!」

見ると、洞爺湖の遊覧船。お城のようなディテールの洞爺湖名物の遊覧船でした。洞爺湖ロングラン花火大会の間は夜この船に乗って湖上から花火を見られるんです。昼間もきちんと稼働中。洞爺湖の真ん中に浮かぶ4つの島、その中でも一番大きな「大島」の桟橋とこちらの温泉街を何回か往復しています。

お祭りに促そうとしても、どうしても乗りたいと言って聞きません。ちびすけの熱意に根負けし、一人でゆっくりワインを楽しみたい義父を一人祭り会場に残し、旦那と義母とちびすけと私、4人で 行って来いの往復50分、 遊覧船に乗ることにしました。

思えば、私、幾度となく洞爺湖には来ていてもここの遊覧船には乗ったことありませんでした。スマホ構えてワクワクしつつ船に乗り込みます。

観光アナウンスを聞きながら洞爺湖の中央にある島目指して出発。船が動き出すなり、飛んできたのはカモメ。

どうやら、観光客からおやつを貰う為に飛んで来てはアピールしているようです。船内にカモメたちを見分けるための手書きポスターが親切に貼ってありました・・・・・・が、飛んできておやつくれアピールしているのはどれも若鳥、成鳥じゃないのでわかりませんでした。なので、写真とポスターは対応していません。あしからず。

DSC_3549

こちら右手に見えるのが中島のうちの一つ。そして正面にみえる山、あちらは「昭和新山」でございます。雲が多いのでちょっと見えにくいですね(^^;)昭和新山は「山ツウ」でなくても一目でわかる特徴のある山。先っぽの方が全体的に赤茶色い色をしています。

DSC_3559

中島4島の中で一番大きい「大島」、こちらは上陸して、バーベキューなど色々楽しむことが出来ます。このあたりから天気がよくなってきました。

DSC_3569

で、私たちはそのまま船に居座り、トンボ帰り。こちらは湖から見た洞爺湖温泉街。

そしてじぃじと合流。合流したあとは、皆でそこでお昼を済まし、じいじとちびすけは「ニンジン、ジャガイモ詰め放題イベント」にちゃっかり参加w

イベント開始前、ステージ正面に山と詰まれたニンジンとジャガイモ。一回100円で配られた袋に制限時間内で詰め放題。何回でも参加OK。このイベントが始まったときにわかったのですが、このニンジンとジャガイモの中にトウモロコシも混ざっていたようです。ですが、じぃじたちの順番が来たのは第3ラウンド、その時にはすでにトウモロコシはありませんでした。
 位置について、開始の合図。必死で野菜を袋につめるじぃじの横にちょこんと座り、にやにやしながらもぞもぞ動くちびすけ。ああ、あれは何か悪いこと考えてる時の笑顔だわ(^^;)。何をしていたか後でじぃじに聞いてみると・・・・・・、じぃじが袋に詰めた野菜を、その袋から取り出して会場に戻していたそうですw
あいかわらずの「わるぼうず」っぷり。一体誰に似たんでしょう?!親の顔が見てみたいわww

収穫祭みたいなもんなのでグルメの種類はそんなにはなく、メインは今年獲れたとうもろこしやじゃがいもの販売。
それでもおなかを満たすには十分のラインナップ。カレーに焼きそば、ラーメン、ピザ、近くのブランド牛の食べ比べ串、いか焼き、ホタテ焼き・・・etc.
そうそう、ぐる巻きソーセージというものがありまして、長いソーセージをペロペロキャンディのように巻いて串に刺したもの。何でもこのあたりでは、ここのお肉屋さん「たどころ」が発祥なのだとか。すこーし、「キトビロ(ギョウジャニンニク)」が入ってます。美味しいですよ。ネット通販あるみたいですね。

さて、おなかも満たされたし、天気がすっかり良くなってきて気温も高くなってきたし、私たちはお祭り会場を後にしたのでした。

ではでは今日はこのへんで。またお会いしましょう。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

撮り貯めたお花たち その3ー2019.6月末までー

DSC_1051

こんにちは、ASINIです。ではでは本日もお花を紹介していきます(^^)まずは私の家の前の草ムラに増え始めた「マーガレット」。このへんの草ムラにおいて少しずつ勢力をましつつあるコたちです。私の家の前に限らず、所々で集まって咲いています。

何か映画かドラマなどで人気が出ていたのでしょうか?私が幼い頃の戸建ての家の庭に植えられているお花として人気がありました。もうそのようなお家は家主が高齢となり亡くなっていたり、引っ越していたりで、リフォームされたり取り壊されたりでほぼ絶滅してしまいました。

でも今鮮やかな色を持ったり、八重咲きだったりする新しい品種のマーガレットが次々に出て来ています。またマーガレット人気が再燃しそうですね。

DSC_1042

お次は「ルピナス」。遊びに行った「ルスツふるさと公園」にて撮影。この花も、私が幼い頃にいろいろなお家で庭にたくさん植えられていた人気のあった花です。この花もマーガレットと一緒で今はそんなお家が少なくなってきています。皆様も「おばあちゃん家」などでたくさん見たのではないでしょうか?それともこういうお花の流行はそれぞれの地域性があるものなのでしょうか?

取り壊された家の空き地などで野生化して小さくまばらに花を咲かせたものを良く見かけます。

ルピナスの後ろに先日ご紹介した「タニウツギ」も見えますね。やはりカタマリで咲くピンク色がとても可愛く遠目に映えますね。

DSC_1040

ルピナスの脇にジャーマンアイリスも植えられておりました。アヤメとカキツバタとハナショウブとジャーマンアイリスってどれがどの花だけよくわからないですよね(^^;)花が大きくてド派手なのを勝手に「ジャーマンアイリス」と私は見ていますが、違っていたらすみません。

DSC_1043

逆光で申し訳ないです。この花も同じ公園で撮影したもの。ルスツふるさと公園は私が初めて見る花やアスレチック遊具、変わった遊具が大人も子供も楽しめました。この花の名前、しばらく名前がわからず難儀したのですが、神様の導きですね。今になってやっと名前が判明しました。「ベニバナトチノキ」という樹木の花でした。「トチノキ?」ということはトチの実が取れたりするんでしょうか?さらっと調べてみたけれど今回は食べられるという記述は見つけられませんでした。白い花を持つ「セイヨウトチノキ」は「マロニエ」という名前を持つらしいです。「マロニエ」という名前は何か聞いたことがあるぞ(^^)マロニエの実は食べられるそうです。

DSC_1038

わたしが初めて見た花がもう一つ、この花。「エゴノキ」の仲間の花らしいです。白くとても美しい花。この花が終わるととても堅い殻を持つ実がなるようで、たくさん下に落ちていました。何か食べられそうな気がして歯で割って食べてみたところ・・・・・・ほんの少し歯で削り取っただけなのですが、ものっすごくエグい(T△T)。その後、木の名前が「エゴノキ」と判明したのでした。エゴノキのエゴとはエグいのエゴだそうで、食べると毒・・・・・・との記述。みなさんマネはしないで下さい。

ちなみにこのルスツふるさと公園の裏手には「ニセコの道の駅」があります。この道の駅は「ピザ」がウリです。私たちも食べましたがとても美味しいピザでした。持ち帰りも可能です。「じゃがいも」も名産なので機会がありましたらどうぞ。

お花紹介第3弾いかがでしたでしょうか?まだもう少しご紹介していない花がありますので、次回第4弾に続きます。

ではでは今日はこのへんで。皆様に神様の祝福がありますように。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

断食中の買い物は危険ですw-わかってはいるんだけどねぇ-

DSC_1077

空腹時に買い物に行くといろいろなものを買いすぎてしまうので危険。これは主婦の皆様の隠れた常識でしょう。ですが、お腹一杯だと晩御飯のメニューが決まらない(^^;)、一日1~2食の我が家ではそんなジレンマがあります。

買い溜めしておくと、冷凍ヤケしちゃったりするんですよね。消費がゆっくりだから。なので、ウチではその日その時に食べたいものを2~3日分買ってくることが多いのです。

今日は3日断食の2日目。なのに昨日ちびすけが牛乳をたくさん飲みすぎてしまい、我が家の牛乳が切れてしまいました。しかも、最近ハマっている100%の白ぶどうジュースもなくなっちゃった・・・・・・。固形物よりも水分を欲するウチのちびすけ。牛乳が無いのは死活問題です。

仕方ないのでしぶしぶお買い物に・・・・・・。風邪気味なので少し酸素を吸う為に車ではなく徒歩で行くことにしました。ちびすけにはストライダーでかっ飛ばして貰います。

ウェルチの100%白ブドウ1本と低脂肪牛乳2本と野菜&果物の100%ジュース2本。それとちびすけのおやつ2つとヨーグルト。淡々と買い物カゴに入れてレジへ向かったところ・・・・・・。

カゴの中には大量のアメ玉とドーナツとだんごが!!一体いつの間にww

定期的に断食している私、最初の頃は断食終わったら「肉!肉!」とひたすら肉を欲していたのですが、最近は手っ取り早く糖分とカロリーを補給できる甘いものを脳が欲するようです。どうすんだこのアメ玉の量w

今回はアメがメインでしたが、ついつい買い物カゴに放り込むのは甘いおやつが多いです。たまちポテチ(化学調味料無添加)を探して放り込んだりもしますが。

最近はごまだれだんごがお気に入りwいつもは100円くらいのプラパックに入ったヤマザキとかのおだんごを食べるのですが、今日はちょっとコレが気になってしまいました。

DSC_1078

これ、昔っからあるんですよね。北海道のスーパーで「だんご」といえばコレが置いてありました。懐かしい。よく見ると添加物も少なめ、というかほぼ無いですし、ちょっと値段はお高め(258円)ですが、懐かしさも手伝って買ってきちゃいました。

DSC_1080

おっ賞味期限が意外と長め。ということはちょっと甘ったるかったりするのかな~?ああ、真空パックだからか。期限が長いのは。

DSC_1079

おまけに温められるらしい。温かいだんごって食べたことないけど、やわらかいおもちやだんごが好きな人はよいかもしれません。

私はしっかり弾力あるほうが好きなのでたぶんこれも冷蔵庫に入れて食べることでしょう。おはぎも冷やして食べる派です。

ばぁちゃんが生きていてボケていなかった頃はよく食べていたのですが、ここ何十年とご無沙汰なので味を全く覚えておりません。

楽しみだなー、断食明けが楽しみだ。

ちなみに気になる方はネット販売もしているようです。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

ゆにガーデンーその2ー

DSC_1017

昨日の「ゆにガーデン」の続きです^^

ゆにガーデンは英国式ガーデンを再現した施設です。季節ごとに様々な花が楽しめます。ここには温室もあり、寒い季節でもそこでは植物が見られますよ。

そして花のある時期は売店で沢山の花の苗を売ってます。その苗を見ているだけでもとても楽しいです。アロマや加工品・手工芸品を売っているお店も入ってます。中に入るととてもよい香りがします。手作り天然ハーブ石鹸(ドライハーブ入り)やアロマキャンドルが多く置いてありました。

英国式ガーデンと言って思い浮かぶのは不思議の国のアリスでしょうか?それとも中世ヨーロッパのお城?そんな景色がここにはあります。区画がいくつかに分かれておりそれぞれテーマ別につくってあります。

私が気に入ったのは「ホワイトガーデン」やっぱり最近「白い花」がやたら好きなんですよね~。なんでなんだろwちなみに最初の写真は「ライラック」この花の生の香り大好きなんですよね。いつまでも何度でも嗅ぎ嗅ぎしてしまふw色は写真の白か赤紫が好きです。他にも一般的な薄紫、濃い紫などがあります。どれも素晴らしい香りがします。

あまりにもライラックの香りが好きなのでその香りの香水を昔買ってみたのですが、なんか違うんですよね~。私には強すぎてくどくて具合悪くなって人にあげちゃいました。私、香水によって具合が悪くなるものがあるのでけっこうこのパターン多いです。この香り好きwって感じて買ってきてつけてみたら具合悪くなって使えなくなると言う・・・・・・(+△+)。

DSC_1015

この花なんだったっけ?園芸種の花ってあまり詳しくないんですよね(^^;)え・・・・・・と、宿根イベリスだそうです。

DSC_1016

これもわかんないな(^^;)一瞬欲しかった白イフェイオンかと思って写真に収めたのですが、よく見ると全然違う。花も葉も。でもとても可愛いです。

そういえば、このガーデンに入ってからずっと風が吹いてくるたびにとても甘くてよい香りが漂ってくるんですよ。それがこのライラックの香りでもないし、リンゴの香りでもなくて悩んでいたら帰りにその正体がわかりました。

後半に桃の木がたくさん植えられているところがありました。花桃で全部種類が違うそうです。このコたちが犯人でした。花桃って不思議ですよね。一本の木に「赤・桃・白」が全部混じって咲いたりしてるんです。同じ木に、こっちはピンク花の枝、こっちは赤花の枝とか咲いてたりするんですね。

写真に収めたかったのですが、その時「ウチのちびすけとその父親」が行方不明になって探していたのでそれどころではありませんでした。さらに、そこに自分の店のスタッフから電話が掛かってくるという追い討ち付き。なので写真に収められず(><;)残念。

結局ちびすけと旦那はガーデン内のカフェにいました。その日たまたまイベントでやっていた、屋外の生ジャズ演奏を見ていたそうです。野外とジャズって何故か似合いますよね。粋です。

帰り道、途中にあったお蕎麦やさんへよりました。蕎麦屋というか、大きなビニルハウス。花の苗なんかをたくさん売ってそうなところです。ですが、私たちの行った時には駐車場に車がびっしり。

「地粉そば」と看板に引かれてよったのですが、実はこの辺の蕎麦の名店だったようです。あと、いちご狩りもできるし、地物の野菜や地鶏たまごなんかも売っていました。

さて、問題の蕎麦の味はというと・・・・・・「おいしい^^」。田舎そばなのですが、ものすごくコシが強く喉越しの良い蕎麦でした。10割そばもメニューにあったのですが、残念ながら売り切れ。蕎麦の香りと味が濃いほうが好きという方には好みのお蕎麦だと思います。私も旦那も田舎そばとか10割とか「蕎麦」の味が強く楽しめるものが好きなのでかなり気に入りました。

当家のちびっこ怪獣も美味しいと喜んで食べていました。旦那の食べていたもり蕎麦をモリモリと。何故か私のほうの冷やしたぬき蕎麦には目もくれず・・・・・・。旦那のもり蕎麦がなくなったので、私のをあげようとすると、
「それは、おしょばじゃないでしょ!だめでしょ!いらない!」と怒られましたw(^^;)おぬしは蕎麦ツウかww

「ゆにガーデン」もかなり楽しかったです。今度は「ローズガーデン」が満開の時に行ってみたいな。と思いつつ今日はこのへんで。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

桜が終わり雪柳へ。今年はハスカップ豊作かな?

DSC_0904

私の住んでいる地域も大分桜が終わりに近づき、逆に白く美しく見事に咲き始めたのが「ユキヤナギ」。一つ一つは桜よりも二周り以上小さな花ですが咲き乱れると見事です。

私の住んでいる地域はレンギョウ(黄)→サクラ(薄桃)→ユキヤナギ(白)と色が移り変わっていきます。

DSC_0922

そしてもう少しするとツツジが咲き始めまたピンクや赤系の花に彩が変わっていきます。

DSC_0929

そんな中こちらの花も今年は満開に近いようです。こちらの花は年によって 花のつぼみが少なかったりするのですが、今年はどの木も花をたくさんつけています。基本私の住んでいる地域の春は風が強くて花がブレッブレになってしまうのがもうしわけないです。

こちらの花、何の花かわかりますか?「黒実鶯神楽(クロミノウグイスカグラ)」という仰々しそうな名前がついております。またの名を「ハスカップ」。
生で食べると大変すっぱいですwそして完熟の果実はめちゃくちゃつぶれやすく、お砂糖かけただけでも汁が出てきます。なので旬の時期に一瞬だけスーパーで出回る他はジャムやソースとして加工されたりします。

ちなみに私の知人は生のハスカップが出回ったときに大量に仕入れ「塩漬け」にしておにぎりに入れて食べたりしてました。ハスカップは砂糖を入れないと本当にすっぱいので塩漬けだと「梅干し」感覚で食べられるんだそうです。色も真っ赤になりますしね。

このハスカップの木、道南では庭木として庭の片隅に植えているお宅も多いのですがめちゃくちゃアブラムシがつきやすいそうです。

ああ、そういえば今年はまだあまりアブラムシ見ていないなあ。だからハスカップの花がよく咲いているのかもしれません。

たしかに去年などは私の家の黄色のバラ、黄ハマナス、白ハマナス全て葉っぱがでてきたと思ったらアブラムシが群がっていました。今年は「虫コナーズガーデン」を目指していろいろと対策植物を植えているからなのかどうかわかりませんが、アブラムシはついていません。

そもそもアブラムシホイホイの「マツヨイグサ」が今年はまともに育ちつつあるのがアブラムシが少ない証拠でした。大体「マツヨイグサ」が伸びてくると多いときにはそれにびっしりとアブラムシが付き、「マツヨイグサ」がつぼみをつける前に食い尽くされ上の方が黒く枯れて太くて固い根っこ部分だけが残っているような状態でした。

去年はありとあらゆる「マツヨイグサ」に片っ端からアブラムシがたかりその光景でそれが「マツヨイグサ」だとわかる状態でした。去年自体がアブラムシ大量発生の年だったのかもしれません。

去年さんざん食べつくされ花も実も出来なかった「マツヨイグサ」、おかげで今年はずいぶん少ないです。「蛾」も来るんですよね。アレ・・・・・・。蛾をお得意さんとする夜に咲く花なので。

今年は害虫に悩まされないで済む年になりそうです。なったらいいなぁ。

「蛾」は別に怖くはないのですが「毒蛾」が発生すると散歩でかゆくてしょうがなくなるのでイヤですw長袖着ててもやられますからね。毒ケムシの針は。

外出後なぜか体がチクチク痛痒い場合はその箇所をガムテープなどでペタペタしましょう。毒針が抜けます。水で洗っても抜けません。

春に飛んできて嫌なものベスト3には入るでしょう。

花粉、小グモ、毒ケムシの毒毛

小グモは私くらいかもしれませんが、毒毛虫の毒毛はけっこう遠くまで飛びますしアレルギー起こしてひどくなる人も多いです。真っ赤になります。ちょっとした厚手のトレーナーなんかも突き抜けて刺さってくるので本当にタチが悪いです。

毒蛾が発生している草むら、場所などで人が立ち入りそうなところで「毒蛾発生中」の看板をたてている方や自治体の親切心には従いましょうw

あと、人が良く通るところの近くの草むらに生えている野草は出来るだけ避けたほうが無難です。自治体の毒蛾対策として毒蛾の卵や若い幼虫を殺す為の農薬が撒かれていることがあります。草刈りもそのためですが脱皮した殻が砕けて本当に良く飛ぶので草刈されてても痒いことがあります。

まぁアレルギー持ってなくて長時間草むらに入っていたりしなければよっぽどひどくはならないと思いますが何らかのアレルギー症状を持っている方は気をつけましょう。北海道にもしっかり真ダニはいますので半そで半ズボンなどで入るのもやめましょう。

たまに北海道の雄大な自然と涼しさで「ほっかいどーでっかいどー」と野生になった気分で草むらにずんずん入っていく方をみかけますのでw

そして北海道で美味しい水として水が汲めるところもたくさんありますが、そこで 生水飲むのは自己責任でお願いします。 そこ以外での水は絶対に生では飲まないで下さい。もしキツネに出会って触ってしまったらしっかり手を洗いましょう。「キタキツネ」可愛いですが 「ルールルル」では来ません。北海道人はエキノコックスを気にするので呼びませんし、そもそも呼べませんww 「エキノコックス」は怖いです。野良猫・野良犬・野良あらいぐまなどにも注意wタヌキもでます。あーあと北海道にもマムシがいます。

以上、楽しい北海道観光のために気をつけようポイントでした。

かなり話がずれましたが今日はこのへんで^^

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

海草わさわさ

DSC_0818

こんばんは、ASINIです。連休中にじぃじばぁばの家に行って、ちびを預けて、いつもどおり賛美歌を歌おうとして人通りの少ない浜辺を訪れました。

人通りが少ないだけで、そこは周辺の漁師さんのお仕事場、早朝は色々な海の幸を収穫したり、育てたりするために賑わいます。

訪れたときには「布海苔(ふのり)」と「耳海苔(みみのり)」という海草の収穫シーズン真っ只中でした。写真よりちょっと先、海側の防波堤に船を着けて収穫するそうです。

人が少ないので海の水もすごくキレイな所なので、そのままここに生えてる海苔をむしってお味噌汁に入れただけで十分ご馳走になりそうですが、密漁になりそうなのでやめておきます。

この辺の漁師さんに、雪解けのワカメが不漁だったというお話を以前聞きましたが、今回の布海苔・耳海苔漁は平年並みだそうです(^^)

耳海苔は銀杏草(ぎんなんそう)ともよばれるそうで、北海道でとれる海草です。干したものをちょっと食べさせてもらったのですが、味と食感はワカメと昆布の中間的な感じでちょっとコリコリしています。私自身北海道に住んで長いですが初めて見て始めて食べました。

地元の漁師さん曰く「意外と高級品なんだよ。」だそうです。

お味噌汁に入れたら最高だろうな~、どこかで食べられないかな?売ってないかな?なんて話してたら・・・・・・

「いいよ、乾燥させてまだ売りに出してないものがあるから、ひとつ持ってけ~」

と、パックになった一つ分どころか袋に一杯詰めていただきました。ヤッター(^^)。

いったん水で戻してから食べると良いそうです。

布海苔の海苔の香りも美味しいけれど、この耳海苔は昆布っぽいダシがでそうだな~と、一人ウキウキ気分で家路にたどり着いたのでしたw

耳海苔くれた漁師さんと主に感謝w

あ、ちなみに写真の画像、赤っぽいところが布海苔、緑っぽいところが青海苔です。耳海苔は海岸では見当たりませんでしたw

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

北海道春の花盛りその2

DSC_0821

本日も連休中に撮影した花の画像をご紹介。

DSC_0820

桜祭り会場の桜、ほぼつぼみです。ですがこの画像、花札の絵みたいじゃないですか?なので思わず掲載。好きなんですよ私、花札の絵wルールは一向に覚えられませんがww

DSC_0833

スイセン。昨日とは別の種類のスイセン。全部黄色のスイセンは実はところどころ野生で自生しているものがあります。暖かい地方になってくると特に多いです。

DSC_0834

廃屋の庭で野生化したヒヤシンス。

ちなみにヒヤシンス、スイセン、ギボウシなどの葉はニラや行者ニンニクと間違えやすいのでご注意wあ、スズランもちょっと似てます。 ギボウシは食べられるものがあるようですが 、スイセン、スズランは毒があります。

北海道人、おおらかなのかなんなのか良くわかりませんが、その辺の草原をちょっとだけ畑にしてネギやニラを植えてたり、庭のすみっこに万能ネギを植えていたりするので、とんでもないところにニラや小ネギが生えていたりしますww

もしみつけて「??」なんてなった時には、少しちぎって香りをかいでみてくださいwネギ臭、ニラ臭があるはずです。

DSC_0816

帰りに白老のたまご屋さん、「マザーズ」でおやつ。
新鮮なたまごをたっぷり使ってある、シュークリームやたまご、ロールケーキ、カステラなどが売ってます。

親子丼やたまごかけごはんも食べられるようです。

ここのおやつは新鮮たまごをたっぷり使って濃厚でおいしい。だけではなく!!

DSC_0817

よけいなものを一切入れていないこと。これはプリンですが、他のスイーツも無添加です。おかしなものは一切入っていません。
うちのちびすけは味にうるさいのかなんなのか不明ですが、市販のプリンやカステラはあまり食べませんが、ここのおやつは喜んでたくさん食べます。小さい子の舌というのは敏感で正直なんでしょうね。

以上、連休中のちょっとした道南付近観光でした。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

キノコ大好きー今日のごはんー

DSC_0740

今日はスーパーで「丹波しめじ」というシメジを手に入れたので

キノコの味を楽しむ為にバター炒めにしました。

冷凍庫に保存していたブナシメジも使ったのですが、今回のシメジはちょっと苦味の強いものに当たったらしく、ちょっと失敗(;;)
たまにありますよね、苦味の強いやつ。どうしてかはわかりませんし、私には見分けつきませんが。

丹波しめじは歯ごたえも風味も良くてとても美味しかったです。

フライパンにバターをひいて炒めてまる生ゆずポン酢(一応化学調味料無添加と書いていたので)をちょっとたらして、仕上げに七味とうがらしと青ネギを。

温かくなってくるとキノコが水っぽくなって美味しくなくなってきますが、まだ寒いうちはキノコも香り高くておいしいですよね。

でもエリンギやしいたけはいつでも美味しいですね。キノコ好きにはありがたいです。

たまに巨大なしいたけをみつけると「しいたけステーキ」にして良く食べます。

エリンギは何でいためても美味しいですよね。細かく刻んでカレーに入れてもよし、オリーブオイルとベーコンで炒めてもよし。醤油バターで和風にするもよし。万能選手です。

まいたけはこのへんでは江別が有名ですね。顔ぐらい大きいわっさりとしたまいたけが秋になると出回ります。香り高くて美味しいですw
蕎麦屋さんには特別メニューでマイタケ天そばとかマイタケ天丼も現れたりします。

スーパーではHOKUTOか雪国まいたけが出回りますが、私は個人的に雪国まいたけのほうが香り高くて好きです。HOKUTOは香りがマイルドでしっとり系です。キノコの香りが苦手な方はHOKUTOのほうが良いかもしれません。

ちなみに大滝町はきのこが名産でいろいろなキノコを栽培しています。

支笏湖まわりにある「きのこ王国」では100円できのこ汁が食べられます。ほかにもきのこの天ぷらや、きのこそば、あげいも、きのこ入りフランクなど色々食べられます。「日本一売れているきのこ汁」という大きな垂れ幕がぶらさがっているのでわかりやすいかと思います。

だだっ広い敷地を歩いて隣には北海道のおみやげ品売り場には、観光土産物だけでなく大滝産のおいしい大きなキノコがお買い得に売っています。その他にもその時期その時期でちかくの仁木町などのくだものや野菜を安く売っています。

秋になると栽培キノコだけでなくの天然の落葉キノコが売っていたりします。私はあまり落葉キノコは食べませんが、うちのじぃじによると甘めのダシで薄味でさらっと煮て冷やして大根おろしをかけて食べると最高だそうです。

秋口になると新そばとキノコを食べに地元民も多く立ち寄ります。

支笏湖周りの紅葉と美味しいきのこ汁とおいしい幌加内そばの新そば機会がありましたらご堪能くださいw

北海道の紅葉は9月末から10月中ごろが見ごろですかね。ただ寒い時期は紅葉する前に枯れちゃうこともあります。

DSC_0490

そんな感じで去年は紅葉が少なかったのですが、きれいなグラデーションのモミジ(たぶん、カエデだったらすみません)があったので写真に収めてありましたのでご紹介。

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

ホッケwホッケw-今日のごはん-

DSC_0739

今日のごはんはホッケであるwホッケはホッケでも「ホッケフライ」。

居酒屋では開きで焼いてあるあのおなじみのホッケである。

北海道ではフライでも良く食べる。こちらではアジフライよりもホッケフライのほうがポピュラーである。開きからでは想像しにくいかもしれないが白身系のコクのある美味しいフライである。しっかり皮つきである。大きさは女性の手のひらくらいかな?

今回の写真ではタルタルソースだけど、醤油でもソースでも美味しいw
私は個人的に魚のフライではこれが一番好きかもしれない。その次はシャケフライかな。

ちなみに椴法華(とどほっけ)という地域の道の駅「なとわ・えさん」では時期によっては刺身も食べられる。これも白身系でなかなか美味しい。北海道でもホッケの刺身を食べられるところは数少ないのでもし近くによることがあって、ホッケがとれる時期なら食べてみてもいいかもしれない。

ただ、そこに行く手前のトンネルがめちゃくちゃやばいので霊感が強く霊的に敏感な方は車を運転して通らないほうが無難。
霊的に敏感でなくても昔の古い小さくて狭いトンネルは迫力満点である。そしてトンネル内に謎の標識も存在する。【!】その他注意という標識。
何年か前に北海道のどこかの古いトンネルを改修工事したら人柱ではないかと思われる白骨死体が何体か出てきたというニュースがあったが、このトンネルもその時代のものである(^^;)帰ってきてから函館出身の知人にこの話をしたらそのトンネルは地元でも有名な【出る】スポットだったらしい。もっとも私がその道の駅に行く為にそのトンネルをしらずに通ったのは10年以上前だったはずなので現在は新しい道なり、きれいな別のトンネルなりがあるかもしれない。道の駅自体もリニューアルとかしてるかもしれないので目標として定めるときはしっかり事前情報確認してくださいね。ちなみに私が通った時はがっつりめまいと寒気とに襲われました。天気が良かったからトンネル出てすぐ離れましたが、霊的に鈍感で小さい頃から自殺の名所の幽霊アパートに住んでいた私がくらうくらいだからここは相当だと思います。気をつけてね。間違っても肝試しとかはしないようにね。

「ホッケ」フライもよし、開きもよし、刺身もよし北海道ではポピュラーでおいしいお魚。というお話でしたw

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

熊も出てくるタイミング難しいやろな(^^;)

いやー、なかなか雪が降り止まない(^^;)

解けては降り解けては降りの繰り返しでなかなか庭をいじるタイミングがありません。

画像は夏だったか秋だったかに遊びに行った熊牧場。

行った時がたまたまだったのかわからないけど、小さな羽虫がびっしりいてちょっと口を開くと口の中に入りそうで話すのがせつなかった。

熊牧場には一応、虫除けスプレーを持って行きましょうw

あと、ロープウェイで山を登っていったりするので高所恐怖症の人はご注意です。

昔観光サービス業の会社で働いていた時、旅行で来たお客様に北海道には「熊保険がある」という話をしてたぶらかしていたことがあります。若かりし時の罪です^^;すみません。

熊保険は実在しませんが、ちょっとした山道を夜から夜明けに車で走るときは要注意です。

鹿にぶちあたって大変な目に会うことがあります。これは本当の話です。

奈良公園の鹿をイメージしてはいけません。エゾシカはめっちゃ大きいです。
奈良の大人の雄鹿の体長が150cm体重80kgだそうですが、エゾシカの成獣はその1.5倍くらいです。大きいもので190cmで150kgですって。
オスの鹿にぶつかったら、乗用車との接触事故と同じくらいの衝撃があります。
車も相当へこむし、精神も大分へこみます。何しろ鹿は任意保険に入っていませんからすべて自分の保険か実費で修理しなければなりません。怪我の治療もしてくれません。さらに罪のない動物(しかもでっかい)をぶち倒した罪悪感・・・・・・。
たまったもんじゃありません。
え?前方不注意?うーん・・・・・・暗い林の中にいる動物を見つけるのは中々困難です。光るビー玉がふよふよ浮いてるのをけっこうなスピードで走りながら見つけられるか、これが見つけられないと厳しいです。そう、夜の山道では彼らはほぼ【光る目】しかわかりません。しかも、かなりの確立で彼らは文字通り【突然飛び出してきます】、ジャンピングで下から突然現れます。これをかわすのは至難の業です。

キツネも普通に出てきます。北海道ではどんなにキレイに見えても山の水とか沢の水とか【生水】は絶対に飲まないで下さい。
昔【北の国から】というドラマがありましたが、北海道に住んでいる人はキツネは呼びません。触りません。【エキノコックス】を持っているからです。
キツネはたぶんどこにでも出ます。私の町では街中の自然の多い公園にキツネ家族が住みついていた時もありました。

『最近キツネだけじゃなくタヌキまででたね(^^;)』

あれは驚いたわ。下校中の小学生が騒いでるからどうしたかと思えば「タヌキ」が一頭もこもこと歩いてきた。とんびに狙われて逃げて行っちゃったけど。あれは写真におさめたかったなあ。

そういえば、小学生か中学生の時に下校中に熊にでくわしたことのある知り合いに聞いた話ですが、熊は近くにいると相当クサいらしいです。
熊牧場の熊はまめにきれいにされていると思うのでさほどにおいはきつくなかったと思いますが、野生の熊は本当にクサいみたいです。
「ケモノ臭いと思ったら熊と思え!」って力説してました。
気付かれる前に熊を見据えたままそーっとバックして熊から見えないところまで下がって、猛ダッシュで逃げて事なきを得たそうです。

私は行きませんが、山菜獲りが趣味の人がけっこういます。
北海道の春の山菜の王様。
なんだと思います?「ふきのとう?」違います。
北海道の人はあまりふきのとうは食べません。ふきのとうみそは美味しいんですけどね(^^;)その辺の道端とか道路ぶちなんかにぞろぞろ生えてるのは食べられない(というか食べたくない。犬の糞尿とか、排気ガスとか)し、山にわざわざ獲りに行くほどでもないし。北海道ではやっかいな雑草に近い分類です。「ふきのとう」残念です。

北海道の春の山菜とは、「ネマガリタケ」の「タケノコ」です。「ササダケ」ともいいます。太さは太いところで1~1.5cmくらい長さは15~20cm前後ですかね。
塩茹でして茹でたてをマヨネーズで食べるもよし。茹でたものを薄めためんつゆにつけてしょうゆ漬けにして食べても良し。てんぷらもとってもおいしいんです。
これを獲りにいくために北海道では毎年遭難者が出ます(^^;)春先に山で行方不明になった人のニュースを聞くと「ああ、タケノコ獲りの時期か」となります。
ちなみに熊もタケノコ食べます(>△<)。でも最近は鹿を追って鹿ばっかり食べてるらしいです。鹿は栄養たっぷりなので、最近の熊はめっちゃ大きいんだと山小屋を管理する人が言ってました。

あと、「タランボ」こと「タラの芽」も好きな人多いですね。これは道路ぶちにあろうが、野原にあろうが山にあろうが人の目につきやすいところにタラの木があれば、好きな人は場所を覚えておいてしっかりきっちりと獲っていきますw
「タラの木」とげとげでわかりやすいんですよね。しかもみんなもいでいく(獲っていく)から木があまり大きくならず獲りやすい樹高になってるんですわw

ああ、書いてるうちに「ネマガリダケのタケノコ」と「タラ芽」と「うどの先っぽ」の天ぷら食べたくなってしまった・・・・・・。ダシのきいたてんつゆで食べたい。しばらく食べて無いなー「ササダケ天ぷら」、水煮だと全く美味しくないからなかなか食べられないんですよね。

もうちょっとしたときに北海道にお越しの際、お店のメニューにタケノコ天ぷらがあったらぜひご賞味ください。(一応確認してくださいね。この辺でとれたやつですかあ?と。)

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ
私はRAPTさんと共に、この世界の支配者層が不都合な真実の情報を広め、【真実の神様】を愛し信仰する「ひつじ生活」をおくる者の一人です。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を