オオバコ科

ホソバウンラン

DSC_1575

道路脇でみつけた黄色い花。毎年この場所でじわじわ増えている。淡い黄色と濃い黄色のグラデーションの花を沢山咲かせている姿が信号の待ち時間を楽しくしてくれる。

こちらもヨーロッパからの帰化種であるらしい。細い葉をたくさんつけてすっくと立つ姿、この花とよく似て紫色の花を持つのが「マツバウンラン」、どちらが黄色の花でどちらが紫色の花だったかよく迷う(^^;)。

実は北海道には「マツバウンラン」はないらしい。なので、この花に良く似た姿の黄色でない花をつけているものはもしかしたら「野生化した園芸種リナリア(ヒメキンギョソウ)」とか「リナリア・グッピー」とかいわれるものかもしれない。

DSC_1574

こちらが「ホソバウンラン」の全体像。スギナと一緒に生えているのでちょっとややこしく見えにくくて申しわけないです。
輪生に見える細い葉は、互生であるらしい。

先ほども言ったとおり、この「ホソバウンラン」と園芸種の「リナリア」は良く似ていて野生化されるとどちらか見分けに困る。

オオバコ科ウンラン属は学名を「リナリア」といい、園芸種名のリナリアはここからきているのだから似ていても当然なのだけれど。なのでこちらが「原種系リナリア」、リナリアグッピーなどの園芸種は「改良型リナリア」とでもいうべきだろうかw

野生化したリナリアはこちら。

DSC_1095

こちらはとある駐車場の一角。毎年ここいらで見かけるコたち。ココの土地の持ち主が育てていたものが、ど根性でコンクリのスキマから生えてきたのか、どこからか鳥などが運んできたのかはナゾ。

黄色ではない花はさきほど描いたような理由で問答無用でリナリア(ヒメキンギョソウ)か矮小化したキンギョソウ。問題はこちらの黄色いほう。色合いがまんま一緒な品種なのでどちらか困るw

でもよーーーく見るとこのリナリアの花とホソバウンランの花の形の違いが見えてきます。

ホソバウンランの花、一番最初の写真の右側の花を見ていただきたい。ちょっとつぶれ気味なのが分かる。

そしてこのリナリアの花をみると真ん中のぷっくりが大きくて全体的にふっくら厚みがあるのがわかるでしょうか?「逆さになったクリオネ」のような形をしています。

厚みの差でいうと「ホソバウンランの花はピタサンド」「リナリアの花はハンバーガー」くらいのふっくら感のちがいがあります。これが違い(^皿^)

さて、北海道で見られる(梅沢 俊 著「北海道の草花」調べ)ウンラン属の花3種+(おまけ)野生化した園芸種を一挙ご紹介しました。が実はもう一種「北海道の草花」では紹介されていまして、「キバナウンラン」という品種があるそうです。こちらも道端などに帰化して増えている種類だそうです。私はまだ見たことないのですが、いつか見てみたいなぁ。

「ホソバウンラン」との違いは葉っぱがホソバウンランと違い、先のとがった卵形であること、花期がホソバの「7月~9月」に対して一ヶ月早く「6月~8月」なんだそう。ホソバウンランのような黄色グラデではなく、全体が黄色一色のようです。またどこかで見つけたらご紹介したいと思います。

ではでは今日はこのへんで。ASINI。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

オオバコ科

ツタバウンラン

DSC_0931

石垣やスキマなどでみかける可愛い紫色の小さな花を咲かせる植物。多肉質な厚めの全体的に丸みを帯びた葉っぱも可愛い。

3裂した下唇と2裂した小さな上唇、黄色?オレンジ色の差し色がよく目立つ。
可愛い昆虫が飛んでいるような姿、もしくはフクロウ?にみえなくもないw

大きなもので3cmくらいの小さな丸っこいカエデのような葉っぱが石垣にみっしりしている姿、そこにぽつぽつと咲く小さい花。ファンが多いのもうなずける。

原産地はヨーロッパの帰化植物。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

オオバコ科

ウンラン

DSC_2289

上唇と下唇があり、真ん中がぷっくり・・・・・・そんな特徴的な形の花。
はてさて、特徴的な花を持つその植物は、マメ科なのか、シソ科なのか・・・はたまたオオバコ科なのかちょっと迷ってしまうかもしれません。

これはオオバコ科ウンラン属、その名も「ウンラン」。属名になっている代表的な花です。主に海岸などで見ることができます。海岸に生える植物は比較的多肉質なコが多い気がしますが、このコの草姿はその中でもちょいと大きくなった「セダム」のような姿をしています。

上の写真だけをみると白っぽい緑色で厚めの葉がマメ科ぽくも見えますね。上野写真は苫小牧サンガーデンの野草園にて植えられていた「ウンラン」。私はここでウンランという品種をはじめて認識しました。

これとよく似た花を持つ植物に「ホソバウンラン」というのがあります。ホソバウンランはよく道端や空き地で見ることができます。本当に花はそっくりです。同じ属の植物ですので似ていて当たり前ではありますがw

以前はゴマノハグサ科に属されていたそうなのですが、近年オオバコ科とされたそう。そのへんのいきさつは詳しくわかりませんww

他にもウンラン属に属する花はありますが、園芸品店でよくみられる品種もあります。それは「リナリア(「姫」キンギョソウ)」です。ちなみに「リナリア」とはウンラン属の学名のようです。なので本来はこのウンランもホソバウンランも「リナリア」なんですね。ややこしいですw

ちなみに「園芸名リナリア(ヒメキンギョソウ)」も実は野生化します。野生化した園芸リナリアと帰化種のホソバウンランたちは名前もややこしければ見分けもややこしいですw

さて少々脱線しました。この「ウンラン」は在来の植物で、海岸で地を這うように伸びる植物です。過酷な環境で育つ丈夫な植物なように見えますが、その環境で生きているだけに急激に成長したり増えたりはできないかもしれません。さらに近年砂浜などの減少により見られるところが少なくなってきているそう。なので見つけてもそうっとして置いてあげてください。

野草園では良い環境を作ってもらっているようでめちゃくちゃ奔放に伸びていました。だから余計に野生で見たときに「ちょっとくらい連れて帰っても・・・・」なんて思ってしまいそうです。

DSC_2296

こちらは「ウンラン」の果実。丸いブイのような形ですね。

さて、ここまでは野草園でのウンランの様子でした。野生でのウンランはこんな感じです。

DSC_1412

これ、こちらが野生のウンランです。あらら?だいぶ野草園のものと姿が違いますね?こちらは初夏くらいの写真。
出会った時はこのコが「ウンラン」だとは夢にも思わなかったですwなんかきれいな多肉系のコだなぁ・・・なんて観察してました。この時、海岸探検で見たのはこの株と隣の小さな株のたった二株のみ。

DSC_2586

8月半ばの画像。花が咲いていました。
これでやっとこのコが「ウンラン」だと判明しました。銅色がかった葉のグラデーションがとてもきれい。野草園で会った個体とだいぶ違いますが、私がいつも使わせていただいている図鑑に紹介されている個体とも葉茎の姿が若干違います。他に種類がないかと調べても見ましたが、いまのところこれは「ウンラン」でよいようです。

本当に美しくて持ち帰りたいところですが、ぐっとこらえて見守ることに。多年草のようなので来年も頑張って生きてくれてたら見ることができるでしょう。
頑張れ。「ウンラン」

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

アヤメ科

ヒトフサニワゼキショウ

DSC_1023

今年の春先、ちびすけと近くを散歩していたら青く小さく美しい花が目に付いた。「珍しい花だな」と思って通るたびに観察していると・・・・・・

きづけばその空き地全体にこの青い花が咲いていた。Σ(@0@)

いつのまにこんなに増えたのか!?
というか、ここまでなるまでなぜ今まで気付かなかったのか!?

いままであった空き地の一部にちょっと手が入ったところ、住宅を建てるために土を掘り起こしたり色々していた場所。どこかから土を持ってきたのかもしれない。

さてこの青い美しい花、色々調べたところ「ニワゼキショウ」ということはすぐに分かったのだけれど、この写真の特徴をぴったり持つ品種が見つからず難儀していました。

ですが、持つべきは地域に根ざした図鑑w

【梅沢俊著 北海道の草花】であっさり解決。ありがたや。

こちらの花「ニワゼキショウ」は「ニワゼキショウ」でも

【ヒトフサニワゼキショウ】という種類だそう。

野の花は野の花なのだけれど、花壇に植えられていてもおかしくないようなその美しい姿は来年も見られるといいなぁ。でもその場所はすでに住宅が建ち、コンクリートの下・・・・・・。隣接している空き地に少しでも種が飛んでいれば良いのだけれど。

ではここで、ヒトフサニワゼキショウの特徴を 【梅沢俊著 北海道の草花】 から引用させていただこうと思います。以下引用

「ヒトフサニワゼキショウ
高さが15~30cmになる多年草。花茎は細く扁平で分枝しない。葉はやや白っぽく、長さ20cm以下で基部は葉を包む。茎頂に花序が苞と共に一個つく。花は1~数個つき、径1cmほどで花被片の基部は黄色く、先は突端状にとがる。一房庭石菖
花期6~7月 道端や空き地 原産地はアメリカ」引用終了

今思えば、ここに住宅が建つことは知らされていたのだから、一株くらい掘って連れて帰ってくれば来年も見られたる確立が高まったかもしれない。なぜ、気付かなかったんだ私、非常に悔やまれる(^^;)

道端の草花、野の花に再び興味を持ち始めた初期の頃だったから、そういう知恵もまわらなかったんだよね。それが秋口にもなると「市の草刈りが入る」とわかった時点でその被害にあうだろう場所に咲いた、ちょっと珍しめの花をささっと持って帰って庭に移植するとか、ドライにするとか出来るように知恵が付いたw
それは、ちょっとした成長と呼べるのか微妙だけれどww

でも、自然公園とか自然保護している場所のものは手を出さないように分別しなくてはね(^^)人間分別も大事。そのへんの分別はしっかりするようにしたい。

以外にいるのだ、自分の欲しいものが目の前に「自然的に」ある場合、それを見境なく手に入れようとしてしまう人が・・・・・・。
ひどい人になると、保護されている山野草を盗んだり、「〇〇ガーデン」などの施設で花を見ているうちに「山菜」を見つけて花壇を踏み荒らして入り山菜を取ったりする人もいるそう。そんな人間にはならないようにしたい。
売り物としてお店に並んでいる「商品」と違って「罪の意識」が低くなってしまうんだろうね。

でも保護区と気づかずに美しい花や山菜に手を伸ばしそうになる自分がいるのも事実(^^;)しっかりと分別をもって花を愛したいものである。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

アブラナ科

オニハマダイコン

DSC_1378

浜辺で見つけたブイがたくさんついたような個性的な植物。

このブイのようなものはどうやら果実らしい。それに気がつけたのはこの植物にやたらモンシロチョウが止まっていたこと。

一見、花も見当たらないのにどうしてチョウがやたらとまるのか?

疑問に思ってよくよく近づいてみてみると・・・・・・

DSC_1357

ありました!!

ものすごく小さな白い4枚花弁の花。
この特徴的な4枚花弁、そしてやたらと集まるモンシロチョウ・・・・・・。
どうやら「アブラナ科」の植物のよう。
なぜならモンシロチョウはアブラナ科の植物が好きだからw飛んでくるチョウの代表的な好物を知っておくと植物の品種を特定するヒントのひとつになるかもしれない。

葉っぱは多肉質で白みがかった緑色。株立ちしている。なにより目立つのがこの小さなブイのような果実が多数ついているところ。花は本当に良く見ないと分からないくらい小さく目立たない。・・・・・・そう思ったのだが梅沢氏の著書によると花径は約8mmはあるそうだ。環境により差があるのか?それとも見た目のこのブイ状のインパクトある果実に目が囚われて気付けないのか、来年見つけたら花を計測してみようと思う。

ちなみに花の色は淡紅色もあるらしい。ピンク色の花があしらわれたブイwぜひどこかでお目にかかりたい(^^)。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ

アブラナ科

ハマハタザオ

DSC_0950

まっすぐにすっくと立った姿とアブラナ科の特徴的な4枚花弁を持つ植物。あまり分岐せず、頭頂部に集まった大きめの白い花たちが清楚で美しい。

「ハマ」ハタザオという名前の通り、海岸付近に分布する植物だと思われるのだが、意外と海岸とは離れた近所の空き地にも群生していたりする。

北海道の春先5~6月、可愛い姿を見られる。

来年はぜひ群生している姿をおさめてご紹介したい。

他にも色々な植物をご紹介しています。
植物検索シート(野草編)

---------------------

私が敬愛する方のホームページです。この世界の支配者層の悪事を暴き(ブログRAPT理論)、「この世の真実の神様」のお話を聞かせてくださいます。
RAPT 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を

最新のRAPT理論がわかりやすくYoutubeで紹介されています。
KAWATAとNANAのRAPT理論

私のひとつめのブログはこちら。この世の本当の神様にまつわるお話を中心に書いてます。
ちいさきもののちいさなブログ